スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

分かってるじゃん


シュクルテル:「ルーニーは欧州最高峰」

リヴァプールに所属するDFマルティン・シュクルテルは、
マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーに
脅威を感じたようだ。
シュクルテルは28日に行われた国際親善試合で、スロバキア代表として
イングランドと対戦した。この一戦は4-0でイングランドが勝利、
ルーニーがシュクルテルを驚かせている。

「僕たちにとってひどい試合だった。
ピッチ上のあらゆる状況で彼らのほうが上だったね。
イングランドはとても強く、結果は妥当なものだったよ」
「全選手がすごく良かった。そのなかでもウェイン・ルーニーはベストだったね。
彼はヨーロッパで最高のFWの1人だよ」:Goal.com


さすがシュクルテル見る目がアル。

ルーニーのすごさに気づき、このようなコメントができる

あなたはすばらしい。

いまのルーニーはヨーロッパといわず世界最高のFWであろう。

スロバキアが弱いのではない、イングランド(ルーニー)が凄すぎるのだ!!


何も間違っていない。すごいのだよ ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


スポンサーサイト
[ 2009/03/31 01:17 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

ジョーク ジョーカー ジョーケスト


カペッロ監督:「ルーニーはジョーカー」

イングランド代表のカペッロ監督が、28日に行われたスロバキア戦後、
FWルーニーのコンディションに喜びを露わにしている。
ルーニーはスロバキア戦で2ゴールをマークし、
マン・オブ・ザ・マッチに輝いている。
カペッロ監督は、先週行われたフラム対マンチェスター・ユナイテッドで
退場処分になったルーニーの行動に、
批判的なコメントを発していたが、スロバキア戦後、
『ニュース・オブ・ザ・ワールド』に、
ルーニーはイングランド代表に不可欠な存在であり、
コンディションを維持してくれることを祈っているとコメントしている。

「ウェイン(・ルーニー)は我々のジョーカー。
もしかしたら、クレイジーなジョーカーかもしれない」

「彼はどんなポジションでもプレーすることが出来る。
我々にとってとても重要な存在だ」

イングランド代表は現在FW陣にケガ人が続出しており、
ルーニーの重要性はさらに高まっている。
そしてカペッロ監督は、FWダレン・ベントを代替招集したが、
水曜日に行われるウクライナ戦では
ルーニーの1トップで臨む可能性があると示唆している。

「どうか神よ、ルーニーの状態を維持して下さい。
彼は特別なプレイヤーだし、もし必要とするならば、
彼の1トップということも考えられるだろう」

「彼は非常に良いプレーを見せた。我々は彼抜きで戦うことが出来ない」
:Goal.com


カペッロにここまで言わせるとは、流石はルーニー。

スロバキア戦での彼のパフォーマンスは、まじですばらしかった。

エースではなく、ジョーカーというところがまたルーニーらしい。

代表戦ももちろん大切だが、怪我だけにはくれぐれも気をつけてほしい。

プレミアリーグもチャンピオンズリーグも、コレからが山なのだから。

頼んだぜルーニー!!そしてかっぺろ


怪我に注意。そして毛我にも注意。 ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/03/30 01:33 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

【イングランド】国際親善試合 別格【代表】

090328国際親善試合_イングランドvsスロバキア

09年3月28日イングランドvsスロバキア

簡単にレビューを。

先発が予想されたリオが首の怪我で出場できず、急遽アップソンがSBに。

まあ、フレンドリーマッチで無理して悪化してもしょうがないので、

懸命な判断です。

試合はというと、出だしからイングランドペースで進み、

終わってみれば4-0の圧勝!!

何よりもルーニーの2得点が印象深い。

1点目はベッカムのクロスに頭であわせ GOOOOL!!


2点目はランパードのパスを受けシュート GOOOOL!!

フルアム戦の退場で、カペッロからもいろいろ言われたっぽいが、

うまくいっている証拠だろう。

この人が入れると試合が締まるし、安心して見ていられる。

4月1日のW杯予選、ウクライナ戦にも期待したい!!

がんばれよルーニー!!


代表でも絶好調だぜ。ウクライナの矢をねじ伏せろ ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


[ 2009/03/29 11:26 ] イングランド代表 | TB(0) | CM(0)

四天王の1人


カンビアッソ:「インテルには大きな目標がある」

クラブとの契約を2014年まで延長し、MFサネッティの後継者として
次期キャプテン候補とされるインテルMFカンビアッソ。25日、
同選手はイタリア『スカイ』のインタビューで、契約延長への喜びを語るとともに、
インテルは大きな目標に向かっているとの意気込みを示している。
~中略~
なお、カンビアッソはスキンヘッドにしていることについても言及しており、
次のように話した。
「アルゼンチンでプロとして最初にリーグ優勝した後で剃ったんだ。
マドリッドでも1年間はスキンヘッドだった。それから、インテルに来る前に伸ばしたんだよ。
待ち受けている挑戦がより重要なものだと思っていたからね。
そして、イタリアでも優勝した後で、また剃ったんだ。
勝ち続ければ、このまんまだね。このままあと5年いられたらいいんだけど」
:Goal.com


何でカンビアッソやねん。しかしそれには訳がある。

カンビアッソは欧州リーグの中で、俺が四天王として尊敬している1人なのだ。

1人目はもちろんマンUのルーニー先輩。

2人目はインテルのカンビアッソ先生。

3人目、4人目は追々書いていきます。

記事にもあるとおり、カンビアッソは優勝というビックイベントごとに

スキンヘッドにしているらしい。

すばらしい!!コレは見習うべきところが大きい。

優勝、移籍、タイトルの獲得、サッカー選手のキャリアには

いろいろな節目が存在する。

そのタイミングを利用し、スキンにする。まさにエクセレント!!

Before
カンビアッソ_髪

After
カンビアッソ_スキン

マンUルーニーも一瞬スキンだった時期があったが、

プレミア、CLと優勝の可能性が高いだけに、

優勝した暁には絶対にスキンにすべきだ。

とにかく、カンビアッソねたは今後もちょいちょい扱っていく。


余談だが、
バーレーン戦、俊介のフリーキックよかったぜ!!(内容はともかく)


いい選手はスキンが多い。多分 ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/03/28 21:28 ] 4スキンズ | TB(0) | CM(0)

だめ だめ まだだめ


あと1年で引退?

来季終了後、サー・アレックス・ファーガソン監督がユナイテッドの
監督を辞める可能性があると、彼の息子であるダレン・ファーガソンが主張している。
ダレン・ファーガソンは、父がユナイテッドにプレミアリーグのタイトルをもたらし、
リヴァプールに並ぶ18度目のリーグ制覇を達成した場合、
監督業に満足感を示すのではないかと考えている。
ピーターバラの監督でもあるダレン・ファーガソンは、次のように語った。
「父の健康状態には何の問題もなく、新しいチームを作り上げている最中だ。
ユナイテッドが今季のプレミアリーグを制した場合、
タイトル数でリヴァプールに並ぶことになる。今年と来年の結果次第では、
監督を辞めるかもしれない」
:ManUtd.jp(公式サイト)


1年後!!そんな直近で引退すんのか!?

今期のプレミア制覇の可能性が高いだけに、この話が本当ならば

ファギーは1年後に辞めることになる。

次の監督候補にはインテルのジョゼの名前などが挙がっているが、

このような報道が出ること自体、ファギー政権の終焉の可能性を物語っている。

しかし、1年後は早いだろう。

現在のチームはベテラン、若手の融合がすばらしく、

ファギーマジックとも言うべき名伯楽ぶりを発揮している。

ファギーでなければまとめきれない部分も多々ありそうなので、

引退と同時に崩壊なんてこともありえるだろう。

C.ロナウドが夏に移籍し(白いところに)、その後ファギーが引退。

“ルーニーよ お前は大丈夫だよな。”

ルーニーが移籍するようなら、このブログの名前も速攻変えるしかない。

『バルサルーニーと愉快な仲間たち』 とか・・

『マンUラファエルと愉快な仲間たち』 とか・・

マンUも好きだし、ルーニーも好きなので2つ作るか

バンディエラが少なくなってきた昨今、チーム名と選手名で

ブログ名をつけること自体リスクなのかな。

ルーニーにはマンUのバンディエラとして、あと15年は活躍してほしいものだ。。


15年といわず20年 ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ



決戦は土曜日

ENGLAND.jpg

国際親善試合 2009/03/28  
イングランド vs スロバキア
スロバキア戦LIVE放送

ワールドカップ予選 2009/04/01
イングランド vs ウクライナ


きたきたきたきた!!

3月28日(土)、4月1日(水)イングランド代表戦が行われる。

ここで今回の召集メンバーのおさらい


GK
フォスター(マンチェスター・ユナイテッド)
グリーン(ウェスト・ハム)
ジェームズ(ポーツマス)

DF
ベインズ(エヴァートン)
アシュリー・コール(チェルシー)
リオ・ファーディナンド(マンチェスター・ユナイテッド)
ジャギエルカ(エヴァートン)
グレン・ジョンソン(ポーツマス)
キング(トッテナム)→代表離脱
レスコット(エヴァートン)
テリー(チェルシー)
アップソン(ウェスト・ハム)

MF
バリー(アストン・ヴィラ)
ベッカム(ミラン[LAギャラクシー])
キャリック(マンチェスター・ユナイテッド)
ダウニング(ミドルスブラ)
ジェラード(リヴァプール)
ランパード(チェルシー)
レノン(トッテナム)
ショーン・ライト=フィリップス(マンチェスター・シティ)

FW
カールトン・コール(ウェスト・ハム)
クラウチ(ポーツマス)
ヘスキー(アストン・ヴィラ)
ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)


我らがマンUからは、

フォスター、リオ、キャリック、ルーニーの4名が選出、

イングランド代表はEURO2008の出場を逃した後、

ファビオ・カペッロを代表監督に迎え、かなり気合の入った体制になっている。

2月22日スペインとの国際試合では2-0と敗戦を喫しているが、

今回は大丈夫だろう。たぶん(スペインはビジャとかよかったもんなぁ)

ウォルコットが負傷で代表に召集されていないため、攻撃陣に若干の不安は

あるものの、ルーニー先生が今回はスタメンで出場するだろう。

後はルーニーと誰を組ませるか・・ それにつきる。


そのルーニーだが、最近の写真ではイングランド代表の調子に比例して

フロントの切れ込みがかなり剃り上がってきている。

大丈夫まだまだやれる。そして最終的にはスキンにすればよい。

とにかくがんばれルーニー、そしてかっぺろ


最終的にはスキンズで ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/03/27 02:00 ] イングランド代表 | TB(0) | CM(0)

LOVE or MONEY?

サッカー批評 issue42―季刊 (42) (双葉社スーパームック)サッカー批評 issue42―季刊 (42) (双葉社スーパームック)
(2009/03)
不明

商品詳細を見る


LOVE or MONEY?

表紙の面子に惹かれて買ってみた。

内容としては各リーグの収支のバランスや世界不況の影響

などが掲載されなかなかおもろかった。

マンUの経営についても分析があり、2006-2007の負債は

6億500万ユーロだとか。

1ユーロ=130円だとして日本円で790億程度。

収入もすごいが、借金の額もハンパじゃないね。

しかも、マンUはロンドン証券取引所に上場してるので、

株式会社マンU?ということになる。

記事にもあったが、上場するということは資金調達を見込める代わりに

第三者にクラブを買収される可能性出てくるらしい。

現在は遠い日本から応援するのが精一杯だが、

株を買占め経営権を獲得するのも夢ではないのだ(できるわけないが)

何はともあれ、スペインのバレンシアのように破綻寸前で

選手の流出なんてことだけは勘弁して欲しい。

マンUを支える意味でも、

今週末はみんなで二子玉川のマンUカフェに行きましょう。

マンチェスター・ユナイテッドCAFE BAR


マンUカフェとは何の関係もありませんけど ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

話が分かるねぇ


ルーニー、3試合出場停止処分を回避

マンチェスター・ユナイテッドFWルーニーは、21日に行われたフラム戦でFKを得た際、
強いボールをレフェリーの近くに投げ返したことで2枚目のイエローカードを提示され
退場処分となっていた。
さらに、ピッチを去る際に不満を隠そうとしなかったために、
3試合の出場停止処分が提示される可能性があると伝えられていた。
しかし、レフェリーはルーニーから罵声を浴びせられてはいないと明らかにし、
通常通りの1試合の出場停止処分がくだされることとなった。

FAのスポークスマンは、『タイムズ』で次のように語っている。
「我々はフィル・ダウド(主審)と退場処分となった後、
選手からあらゆる文句も言われていないと確認した」

「選手がコーナーフラッグを叩いた時、レフェリーはそれを見ていなかった。
だから、我々は選手自身に責任を思い出して欲しいと、手紙を送ったよ」
これにより、ルーニーは4月5日に行われるアストン・ヴィラ戦に欠場するのみで
済むことになった。
:Goal.com


OK!!

この裁定を待ってました。FAさんグダグだ書いてすいません・・

そもそもルーニーの退場に納得はしていないが、まあまあしょうがない。

とにかくいまの台所事情を考えると、ルーニーが1試合のみの出場停止

で済むのは非常にありがたいこと。

マンUに流れはきテル、大事にいこう。

頼んだぜルーニー、そしてファギー。


↓ストレス軽減にほっとした ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/03/25 22:13 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

どれだけ抜ければ気がすむのか


好調リヴァプールがユナイテッドに肉薄

22日にプレミアリーグ第30節の3試合が行われた。
リヴァプール対アストン・ヴィラの強豪対決は、思わぬ大差がついた。
リヴァプールはジェラードのハットトリックなどで5-0と圧勝。
前日の試合で敗れていたチェルシーを抜いて2位に浮上、
同じく勝ち点を得ていない首位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差を
1としている。
一方のヴィラはリーグ戦ここ5試合で1分4敗と低迷。
4位アーセナルと勝ち点3差がついてしまった。

前半8分にジェラードのフリーキックからカイトのゴールが生まれたリヴァプールは、
快適なスタートを切った。同33分にDFのミスからリエラが決めると、
40分にはジェラードが加点。3-0でハーフタイムを迎えている。
後半に入ってもリヴァプールの勢いは衰えず、5分にジェラードが4点目を奪うと、
20分にはエリア内に抜け出したトーレスが倒されてヴィラGKフリーデルが退場。
このPKをジェラードが決めて、試合の行方が確定した。

ホームにサンダーランドを迎えたマンチェスター・シティは、
1-0で辛くも勝利を収めている。前半15分にシティは決定機を迎えると、
マッカートニーがショーン・ライト=フィリップスを倒して一発レッド。
しかし、シティはその後のPKをロビーニョが外してしまいリードを
得ることはできなかった。
それでも数的優位に立っていたシティは、後半11分にリチャーズが先制点を奪い、
1-0で勝ち点3を手にしている。

一方、ウィガン対ハル・シティの一戦は1-0でウィガンが勝利した。
拮抗した展開となったこのゲームは、後半39分にワトソンがネットを揺らし、
ウィガンに白星を呼び込んだ。連勝を飾ったウィガンは7位に順位を上げている。
:Goal.com


あえて書きます。

試合をチラッと見たが、前半で30分ほどで2点差がついていた。

ヴィラが相手ということもあり、もしかしたら負けるんではという

淡い期待もあったが、その希望はことごとく打ち砕かれた。

3月14日のマンU戦での勝利で波に乗っているレッズは、

5-0の大差でヴィラを一蹴した。

先の試合でチェルシーがスパーズに敗れ、マンUとの勝ち点差が

4のままだったが、レッズに関してはそうはいかなかった。

現在レッズとの勝ち点差は1。ぎりぎりまで肉薄してきている。

気を抜けば食われる。隙を見せれば斬られる!!

あまり言いたくはないが、CL、プレミアリーグともにレッズの勢いは

とどまる気配がない。あまり言いたくないが、素晴らしいパフォーマンス。

それに比べ、我等がマンUはレッズ、フルアムと2連敗を喫している。

次回のヴィラ戦も、ヴィダ、ルーニーの出場停止に加え、

ベルバの怪我とスタメンの“抜け”が気になる。

レッズの勢いは十分にわかった、しかしそれを上回るパフォーマンスを

発揮するのが真の王者というものだ。

悪い流れをすべて断ち切って、次回の一戦に集中すべし。

そしてベルバトフの生え際もかなり“キテル”な・・


↓これ以上抜けるのはマジかんべん ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/03/24 00:10 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

FAさん そりゃねーよ。


ルーニー、3試合出場停止の可能性も

21日に行われたフラム戦で、0-2の敗戦を喫したマンチェスター・ユナイテッドだが、
さらに悪いことにこの試合で退場処分となったFWルーニーに、
3試合の出場停止処分がくだされる可能性があるようだ。

ユナイテッドは、この試合の前半にMFスコールズを同じく退場で失っており、
2枚目のイエローカードを提示されたルーニーも退場となったために、
最終的に9人で試合を終えていた。
ルーニーは、退場処分となった後に、判定に納得出来ず、主審に激しく抗議し、
ピッチを去る際にはコーナーフラッグを激しく叩いてしまっていた。
そのため、『ニュース・オブ・ザ・ワールド』は、FAがルーニーに3試合の出場停止処分を課す
可能性があることを示唆している。
現時点では、詳細は発表されていないものの、報道の処分がくだされれば、
ルーニーはアストン・ヴィラ、サンダーランド、エヴァートン戦を欠場することとなる。

4年ぶりのリーグ戦連敗を喫したユナイテッドにとって、
これは今後のタイトルレースに向けて大きな打撃で、
代表戦後に行われるアストン・ヴィラ戦にユナイテッドは、
DFヴィディッチ、MFスコールズ、FWルーニーの3選手を欠いて
臨まなければいけなくなってしまった。
:Goal.com


3試合はきつい。

そもそも2枚目のイエロー自体納得いかないが、

3試合出場停止て・・ あり得ない。

アストン・ヴィラ、サンダーランド、エヴァートンの3試合、

特にヴィラ、エバートン戦の欠場はマンUにとっても大きな痛手だ。

退場の際に“コーナーフラッグ”を叩いたとあるが、あれはしょうがない。

スコールズが退場になって、チームが1点差で負けてる状況を考えたら、

フラッグを折ってもいいぐらいだ。

頼む!!頼むから3試合の出場停止だけは勘弁。

ルーニーにこれ以上ストレスを与えるな。FAさんよ。


↓ストレスはマジ勘弁 ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/03/23 00:05 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

【プレミア】第30節 なにも言えねぇ!【リーグ】

090321プレミアリーグ30節_フルアムvsマンU2

09年3月21日フルアムvsマンチェスター・ユナイテッド


悪夢の敗戦から1週間。

今日のフルアム戦にスカッと勝って、次につなげたいところ。
(敗戦後の試合はかなりの勝率とのことなので、あまり心配してない)

ルーニー、ネヴィルがベンチスタートではあるが、

選手層の厚いところを見せ付けてやれマンU!

でもルーニーは使ってくれよファギー。


前半17分:Noooooooo!!
      ナニやってんだよスコールジー!
      ゴール前、フルアムザモラのヘディングシュートで
      1点かと思われた瞬間、スコールズがハンドでボールを
      たたき落とす。
      コレによりスコールズは1発退場。
      マーフィーにPKを沈められ1-0。

スコールズのハンド


前半24分:またしてもフルアムに攻め込まれ、ザモラのシュート。
      ファンデルサールの好セーブでなんとか防ぐ。  
      なんか知らんが、ガンガン攻められてんですけど大丈夫か?

      何なんだ今日のマンUは・・
      パスは通らねーし、中盤は制されるし、ぜんぜんだめじゃん。
      前半からファンデルサールの見せ場を作らせすぎだ。
      ルーニーもネヴィルもスタメンじゃねーし、これは非常にまずい。
      ザモラにいいようにやられてます。

後半開始:待ってました。ベルバに代えてルーニー投入。  
      ナイス判断ファギー!!

後半62分:右サイドルーニーのクロスにC.ロナウドがヘディングで合わせる。
      惜しい!!
      徐々にマンU本来のパフォーマンスに戻りつつある。

後半65分:左サイドをドリブルで駆け上がったロナウドが、中央へセンタリング
      ルーニがコレに合わせるがゴールならず。
      その後、マンUが怒涛の攻撃を見せる。
      ルーニーが入ってからのチームパフォーマンスは、
      マジであがってます。この核弾頭は敵にとったら脅威以外の何者でもない。
      フルアムGKシュオーツァーの集中が切れていれば、
      2、3点入ってたな。

後半70分:オシェイに代えて野獣テベスを投入。
      超攻撃的布陣へ。ファギー采配は吉と出るか、凶とでるか。

後半87分:ゾルタン・ゲラのバイシクルシュート炸裂!!
      エクセレントゴール!!これで2-0。
      敵ながら天晴!!これほどのゴールはなかなかお目にかかれない。

後半88分:ルーニーに2枚目のイエローカード。
      ・・・退場。本日2人目の退場。
      これじゃあこの前のリバプール戦と変わんねーじゃん。
      後半荒れすぎ!!落ち着けはここまで悪化しなかったのにな。


前半のスコールジーの退場。

今日の敗因はコレに尽きる。

スコールジーほどのベテランでもあんなミスを犯してしまうのか。

これでマンUはリバプール戦に続く2連敗。

まさかフルアムに負けるとは・・ 予想もしてなかった。

リバ、フルアム戦とも共通して言えるのは、後半の乱れ。

シュートを打てども打てども決まらず、苛立ってきたタイミングで退場。

後半から入ったルーニのパフォーマンスがよかっただけに、

2枚カードは本当に残念だった。

厳しい、厳しすぎる。一度冷静になって、次回に臨むべし!!

優勝してほしいのはもちろんだが、この流れをなんとかしてくれファギー。

ネヴィルも出してくれファギー。


↓これもフットボール。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/03/22 02:11 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

ご無沙汰しとります


フラム戦でG・ネビルが復帰へ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するDFギャリー・ネビルが、
21日に行われるフラムとの一戦でピッチに戻ってくるようだ。

試合前日記者会見に臨んだファーガソン監督が、以下のようにコメントしている。
「ギャリーはハムストリングに問題を抱えていた。
フラム戦に向けたチームには入ることができるだろう。
10日間のリハビリプログラムをこなした彼は、
今週の練習で通常メニューをこなしている」
「彼はとてもよくやっているね。うまくいけば復帰できるだろう」
また、その他の負傷者についても説明した。
「ファラエウは現在、ギャリーがやっていた10日のコースをしている。
来週の終わりころには練習をフルメニューこなせると考えているよ。
ウェズ(・ブラウン)については、残念ながら段階まで達していない」
:Goal.com


ついに奴が帰ってくる。

今度は完全復活であってほしい・・

1月から戦列を離れていたギャリー・ネビルの復帰が決まった。

それも21日のフルアム線でのカムバックになる。

3月14日リヴァプール戦での敗戦を引きずるかどうかは

次のフルアム戦にかかっている。

前回の悪いイメージを払拭し、再び連勝街道を進むことを切に願う。

ギャリーよ、勝利のメンタリティーでチームを勝利に導いてくれ!頼む!!

ベテランの経験はこういうときこそ生きてくる。


↓ベテランの玉際、そして生え際の粘りを見せてくれ ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【チャンピオンズ】準々決勝対決カード速報【リーグ】

チャンピオンズリーグ準々決勝準決勝

☆準々決勝【第1戦:4月7・8日 第2戦:4月14・15日】
ビジャレアルCF(スペイン )vsアーセナルFC(イングランド )
マンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)vsFCポルト(ポルトガル)
リバプールFC(イングランド)vs チェルシーFC(イングランド )
FCバルセロナ(スペイン )vsFCバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

☆準決勝【第1戦:4月28・29日 第2戦:5月5・6日】
マンU・ポルトの勝者vsヴィジャレアル・アーセナルの勝者
バルサ・バイエルンの勝者vsリバプール・チェルシーの勝者 


ついに決まった準々決勝の対決カード!!

我らがマンUの相手は“FCポルト”

よしっ よしっ!!

油断さえしなければマンUの勝利は堅いだろう。

因みに準決勝はヴィジャレアルとアーセナルの勝者。

うまくやれば決勝進出はまちがいない。

油断するなよ ルーニー、そしてファギー!


↓バルサとは決勝で! ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ




[ 2009/03/20 20:31 ] チャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

【チャンピオンズ】かかってこいや!【リーグ】

uefaチャンピオンズリーグ

チャンピオンズリーグ準々決勝・準決勝の

運命の抽選が3月20日(日本時間20時)より、スイスのUEFA本部にて行われる。

ますは準々決勝進出チームのおさらい。

  【チーム】                   【国】 
アーセナルFC                イングランド
チェルシーFC                イングランド
FCバルセロナ                スペイン
FCバイエルン・ミュンヘン          ドイツ
FCポルト                    ポルトガル
リバプールFC                イングランド
マンチェスター・ユナイテッドFC     イングランド
ビジャレアルCF                スペイン

抽選の様子はuefa.comで生中継されるらしい!!


そうそうたる顔ぶれ。

どことどこが当たってもビックゲームになることは間違いない。

しかし、マンUvsバルサの準々決勝だけは勘弁して。

このカードはスタジオ・オリンピコでお願いします。

準々決勝以降のスケジュールは下記のとおり。

☆準々決勝
第1戦:4月7・8日
第2戦:4月14・15日

☆準決勝
第1戦:4月28・29日
第2戦:5月5・6日

☆決勝
5月27日20時45分(日本時間28日3時45分)
ローマ スタディオ・オリンピコ

こりゃ、5月末まで寝不足が続きそーだ。

どのタイミングであたるかは分からないが、リヴァプールだけには

絶対に負けるなよ! 頼むぜルーニー。 そしてファギー。


↓バルサ以外はどこでもこいや! ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ





[ 2009/03/20 11:24 ] チャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

個人タイトルがほしいところ

プレミアリーグ得点ランキング 2009年3月11日現在
順位    選手名         所属チーム名   得点数
1     ニコラ・アネルカ      チェルシー         15
2     C.ロナウド        マンチェスター・U     12
3     ロビーニョ         マンチェスター・C     11
4     アグボンラー       アストン・ビラ       10
4     フランク・ランパード    チェルシー        10
4     アムル・ザキ       ウィガン          10
7     ファン・ペルシー     アーセナル         9
7     デイヴィーズ        リバプール        9
7     ウェイン・ルーニー    マンチェスター・U     9
7     デフォー          トッテナム         9
7     ダレン・ベント       トッテナム         9
7     カールトン・コール    ウェストハム        9
7     ジブリル・シッセ     サンダーランド       9
15    アデバヨル        アーセナル          8
15    フェルナンド・トレス    リバプール         8
15    ベルバトフ         マンチェスター・U     8 
15    マイケル・オーウェン   ニューカッスル       8
15    ピーター・クラウチ    ポーツマス         8


今回は得点ランキングを1つ。

リーグも終盤だが、トップはアネルカの15ゴール。

我らのルーニーは9ゴールで7位につけている。

ここから首位になるのは、並大抵のことではない。

残り試合での大爆発に期待!!


↓ここから上りつめたらマジやばい・・ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ



4回目は本当に死ぬときだ


元イングランド代表ガスコイン「わたしの心臓は、かつて3度停止した」

イングランド代表のかつての花形選手ポール・ガスコインは、
アルコールと薬物依存症という問題が引き金となり
自殺未遂を起こしたこともあるが、そのリハビリ治療期間の間にも
生死をさまよう経験をしていたことを明らかにした。

 ガスコインはスカイ・ニュースとのインタビューで、次のように述べた。
「わたしの心臓は、かつて3度停止した。医師団はそのたびに
必死に再生を試みた。
そうなってしまった原因は至って単純だ。自殺という安直な道を、
わたしが選んでしまったということだ。睡眠薬を服用して、温かい湯につかり、
酒を飲む。溺死(できし)に向かうのは当然のことだった」

ガスコインは、当時の状況を次のように説明し、
自分の異変に直感で気が付いた妹リンジーさんが
警察へ通報したことで、命を救われたことを明らかにした。
「あらゆるものを十分に服用した後、妹に『今から風呂にゆっくりつかる』
と電話したんだ。彼女はわたしのメッセージに何か“ピン”と来たんだろう。
その通り、自分でも気が付かなかったが、
あれは救いを求める電話だったんだ。
なぜなら、わたしは彼女に『愛している』とまで言っていたらしいからね。
風呂につかって横になり、意識が無くなっていくのを感じた。
その後は、警察が家にやって来て、6人がかりで私をジャグジー
(ジェット噴流を備えた浴そう)から運び出した時に、
初めて夢からさめたということしか覚えていない」
~以下略~
:sports navi


かつての名プレイヤーのこんな話は聞きたくないものだ。

しかし、ルーニーはガスコイン=『ガッサ』のファンだと、

以前インタビューで答えている。

ルーニー自身のニックネームも『ワッザ』というぐらいなので、よほどのファンであろう。

ガスコインがアル中であることは以前から知っていたが、

過去に3度も心臓が止まっていたとは聞いたことがなかった。

偉大な選手だっただけに現在の状況は非常に残念だし、

ルーニーには同じ轍をふむようなまねだけはしてほしくない。(大丈夫だろうけど)

薬を服用して、お湯に入り酒を飲めばそりゃ心臓も止まるわ。

なにごともほどほどが肝心だな。

まねすんなよルーニ。つらいことがあっても酒に逃げちゃいけない。


↓まねるのはプレーだけで十分・・ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


[ 2009/03/18 01:13 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

THIS IS ENGLAND

THIS IS ENGLAND
映画『This is England』公式サイトはこちら


イギリス=スキンズ=フーリガン=フットボール

ということで、フットボールに近からずとも遠からずのイギリス映画を紹介。

その名も“THIS IS ENGLAND”

日本語訳すると “ここはイングランドだぜ” というところか。

内容は1983年のイギリスを舞台に、不況と戦争のなか、鬱屈した若者の生き様を

描いた話なのだが、それは映画を見てのお楽しみ。

ここでは、“THIS IS ENGLAND”とマンUの接点を、

無理やりにでも探してみようと思う。

(因みに公式HPにはENGの西岡さんのコメントも)

①まずはコレ

ショーン

主人公ショーン役のトーマス・ダークーンが着てるシャツ。

コレはまさしくマンUのものではないか。

パンフレッドを見てもマンUファンとは全く書いていないが、

間違いなくマンUファンだろこれは。

②そしてコレ

ルーニー似

ルーニーだ!ルーニーがパンフに!

生え際の感じもマジでそっくり。

多分製作スタッフと思われるが、こんなところにも接点が。

そして劇中にも登場するスキンヘッズファッションだが、

ルーニーがこの格好をしたら、間違いなく似合う。

ルーニーよ、今後はスキンでいこうぜ!!

そんなこんなで、次回からはまたマンUフットボールネタをお届けします。


↓ルーニーよスキンであれ。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ



[ 2009/03/17 01:11 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

まあ 今回はしょうがない。。


ジェラード「マンUサポーターに散々たたかれた後のゴールは最高」

リバプールの主将スティーブン・ジェラードは、イングランド・プレミアリーグ第29節の
マンチェスター・ユナイテッド(マンU)戦での勝利の後、自身の心境をこう語った。

「僕は運良く過去にもオールド・トラフォードで勝ったことがあるが、
その時もやはり最高の気分を味わった。今回は、マンUサポーターに
散々たたかれた後で得点し、チームメートとゴールを祝福できたのは実に気持ち良かった。
 一番重要なのは、首位との差を縮めたことだ
(※リバプールは1試合未消化のマンUと現在4ポイント差)。
マンUは素晴らしいチームだから、僕たちはこれからも努力を重ねていかなければならない。
リバプールには“ひと握りの運”も必要だ。これからマンUと対戦するチームにも、
勝利の可能性を信じてほしい。今のチームには、『この調子で残りの試合にも勝つ』
という自信がみなぎっている」

ジェラードはまた、チームの精神力を高く評価した。
「チームはよく機能した。先制点を奪われた後、僕たちはとにかく頑張って底力を見せた。
最高の勝利だった」

一方、同選手へのファウルによりマンUのDFビディッチが退場処分を受けたことについては、
こうコメントしている。
「数的有利を得てかなり戦いやすくなったが、11人対11人の時点でリバプールは試合の
主導権を握っていた。マンUがホームで1-4で負けるなんてめったにないことだ」
:sports navi


スコア1-4。何を言われてもしょうがないな。

最近のジェラード、トーレスは特に調子がいいからなおさらだ。

しかしなぁ 思い出すと泣きたくなります。

特に3点目。そして集中力の大事さを再確認した4点目。

あんな点の取られ方をしたら、負けるしかない。


↓この借りは必ず・・ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


【プレミア】第29節 情熱の赤対決【リーグ】

マンUvsリヴァプール
09年3月14日マンチェスター・ユナイテッドvsリヴァプール


プレミアで独走態勢に入れるかどうかの重要な一戦。

ミッドウィークのCLでは両チームとも勝利を収めているため、

モチベーションは高い。

オールドトラフォードの地の利を生かすことができるかマンU。

先発2トップは、我らがルーニーと野獣テベス。

今日はタフな試合になりそうだ。

頼んだぜルーニー! そしてファギー!


前半23分:PA内でボールを受けようとしたパク・チソンをレイナが倒し、
      判定はPK!!
      C.ロナウドがしっかりとPKを沈め、ユナイテッド先制点。
      最近のパク・チソンはマジでいいね。
      献身的な動きがチャンス生んだ。

前半27分:ナニやってんだよヴィディッチ!!
      最終ラインでフェルナンド・トーレスとの1対1にせり負け、
      抜け出したトーレスのシュートが決まる。これで1-1。
      ガッデム!!今日のトーレスは危険な雰囲気があったんだよな   

前半34分:C.ロナウドのフリーキック。レイナがボールを弾いたところに
      テベスがつめる。しかし点にはならず。惜しー!

前半42分:なーにやってんだよエブラ!!
      PA内でエブラがジェラードを倒し、なんとPKに。
      そのPKをジェラードが決め、1-2。頼むぜDF陣よ。
   
後半62分:C.ロナウド→ルーニー→テベスへの繋ぎで1点かと思われたが、
      ボールはピッチの外へ。
      この崩しは凄かった!スペクタクルにもほどがある。

後半73分:ファギーがついに動いた。ギグシー、スコールジー、ベルバ
      をまとめて投入!!何この采配。ウィイレじゃん。

後半75分:ヴィディッチ・・・   レッドだ
      ジェラードをPA直前で倒したヴィディッチにレッドカード。
ヴィディッチレッドカード

後半77分:レッド直後のF.アウレリオのフリーキック。
      ファンデルサールがボールを見送る。決まった。また決まってしまった。
      ジェラードが蹴ると思いきやアウレリオ。流れは完全にレッズだった。
      これで1-3。絶望的な失点。

後半90分:GKレイナからのキックをドスセイナがハーフ付近で受けそのままシュート。
      えっ!入ったの!?
      コレで1-4。。ありえない


前半はボールを支配されていたものの、後半の65分ぐらいまでは、

流れがユナイテッドにきていた。

DF陣のミス、そして決め切れなかったFW陣にも問題はあった。

後半開始にでも同点に追いつければ、結果は変わっていたかも・・

ヴィディッチのレッドからの1点で完全に決着はついてしまった。

最後の1点などは、思い出すのも嫌だわ。

ただ、ルーニーだけは最後の最後まで気を吐いていた。すばらしいな。

今日は、レアルを大量得点で破ったリヴァプールに分があった。

こんな試合もあるさ。しゃーねー>>


↓これもフットボール。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/03/15 00:08 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

阪神ファンの巨人嫌いと一緒か!?


ルーニーの発言を擁護するファギー

14日にリヴァプールとの一戦を控えたマンチェスター・ユナイテッド
FWウェイン・ルーニーが発したコメントが話題になっている。
自分が育ったエヴァートンの“天敵”リヴァプールをタイトル争いから
脱落させるために勝利を収めたいといった趣旨のコメントが12日に
報じられている。
これについて問われたファーガソン監督は、ルーニーにとって当然の感情が、
言葉の受け取り方の問題によって大きくなっていると答えた。

「言葉というのは正しい方法で使われないものだと思う。
誰もが汚い言葉を使うものだ。『私はそれが嫌いだ』なんて、
自然に出てくる言葉だろう。ただ、憎悪を込めて使う場合なんてないだろうね。
メディアでは使われない言葉だ」

「ウェインは長年にわたってリヴァプールと戦ってきた。
エヴァートンの人間として育ったから理解できることだろう。
(エヴァートン監督)モイーズが言ったように、両者の対立は強烈だからね」
:Goal.com


まあまあファギーの言うように、これはあるでしょ。

勝負の世界においての“嫌い”という言葉は、実力のある相手へのリスペクトの意味

も含んでいるので、相手を意識していなかったらそんな言葉すら出てこないと思う。

しかし、当たり障りのないインタビューが多い中で、ここまで言い切ったルーニー!
(さすがだな)

そして、それをフォローするファギー!
(親父だな)

イタリアのマスコミが、ジョゼの発言に群がるように、

過激な発言がマスコミの餌食になるのはしょうがない。

試合前の過激コメントよりも、試合が終わった後の相手に対する発言に注目したい。

試合後の発言で、ルーニーの真価が問われる!!


↓リヴァとの一戦にかける悪童に注目。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

一足お先にリヴァプール戦

プレミアリーグ第29節 シュミレーション
(マンチェスター・ユナイテッドvsリヴァプール)


オールドトラフォードでの重要な一戦。選手たちにも緊張の色が?
090314premiere1.jpg



スタメンはインテル戦に続き、ベストメンバーで
090314premiere2.jpg



なかなか点が入らない。
090314premiere3.jpg



そうしているうちに、ルーニーにイエローカードが!
090314premiere4.jpg



結果はスコアレスドロー。なんか点が入らなそうな予感。

しかし実際は勝つんだろうなー、なんせ“波”に乗ってますから


今回も使用したソフトはコレ



↓いやーフットボールって本当に素晴らしいですね。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


[ 2009/03/13 06:00 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

【チャンピオンズ】決勝T1回戦2ndレグ ジンクス粉砕【リーグ】

090311_cl_intel.jpg
09年3月11日 マンチェスターユナイテッドvsインテル


スタメンにルーニーの名前が・・

やったぜルーニー。

1stレグは途中出場だっただけに、涙がでるほどうれしい。


ユナイテッドホーム、オールドトラフォードで向かえる2度目の対決。

現在プレミア首位のマンチェスター・ユナイテッドと、

セリエA首位インテルの決勝T1回戦2ndレグ。

ルーニーの復活、リオの先発出場、磐石な体制でインテルを

迎えうつ王者マンチェスター・ユナイテッド。

試合の立ち上がりからスピード感のある流れで、素晴らしい出だしとなった。


前半4分:ギグシーのコーナーキックからヴィディッチのヘディング。
       GOOOOOOOOOAL!!試合開始わずか4分で先制点。
      よしっ、今日はいける。

前半29分:マイコンのFKから、ズラタンのヘディング。
      ボールはバーに当たり枠の外へ。
      こいつの動きには要注意。

後半4分:ゴール右側でボールをキープしたルーニーが落ち着いて
      センタリングし、そのボールをC・ロナウドが中央でヘディング
      ゴォオオオオル!!2点目。
      さすが、流石だよルーニー。あんたは役者が違う。

後半59分:カンビアッソ、ドリアーノが2人で攻めあがり、
      カンビアッソのラストパスをアドリアーノがジャンピング
      ボレー。1点かと思われたが、ボールはポストにあたりDFがクリア。
      あぶねー!しかし、ジャンピングボレーとは・・  

後半60分:ギグスのパスをベルバトフがゴール前で受け、そのままシュート。
      またしてもジュリオセーザルの好セーブ。
      最後の壁が、なかなか崩せねーんだな。

後半85分:またかジュリオセーザル。。C・ロナウドのフリーキックはゴールならず
      こいつがいなかったらあと2点は入ってたな


そして90分を戦え終え、試合終了のホイッスル。

イエスッ!! イエスッ!!!

CL王者はベスト16で敗退するというジンクスを覆し、ベスト8へ進むことになった

マンチェスター・ユナイテッド。

ルーニーの活躍、ベテランの活躍、DFの活躍、そしてファギーの采配。

すべてが素晴らしかった。

なによりも、プライドをかけて戦う両チームの緊張感が素晴らしかった。

いい試合だったな。このクォリティの試合はそうそう見れるものじゃない。

チャンピオンズリーグに乾杯。


↓いやーフットボールって本当に素晴らしいですね。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


[ 2009/03/12 06:56 ] チャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

ロナウドか?ホナウドか?!part2

前回の話題の続き

やっと見つけた“フェノメノ”のオンリーワンT-sh。

まさに期待通りの出来!!

fenomeno.jpg
       shoptimao.com.br

ながっ! 文字が長ーよ。

英字のプリントらしいが、柄にしか見えねー。

まさにブラジリアンスタイル

でもホナウドファンの俺としてはぜひ手に入れたい


↓コリンチャンスロナウドのT-sh が欲しい方は。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ



ロナウドか?ホナウドか?!


マンUとコリンチャンスの“ロナウド”戦争勃発

サッカー界の歴史の中では、もはや“固有名詞化”している選手名
がいくつか存在するが、“ロナウド”もその一つだろう。
マンチェスター・ユナイテッド(マンU)がどう反論しようと、
“ロナウド”の名が刻まれたユニホームは2種類存在する。
しかし、先週“レッド・デビルズ”(マンUの愛称)が
「“ロナウド”は世界で1人だけ」
というフレーズがプリントされた公式Tシャツを発売。
伝説のブラジル人FWロナウド・ルイス・ナザリオ・ジ・リマを事実上“埋葬”する
メッセージを世界のサッカーファンに送った。

現時点では、マンUのクリスティアーノ・ロナウドが、
絶頂期を過ぎたロナウドのレベルを上回っているのは明らかだ。
前者が、若さ、無傷の足、有望な将来性を味方に付けているのに対し、
32歳の後者は、ボロボロのひざと過去の名声に生きている。
 その後者のロナウドは今、コリンチャンスで熱烈的な歓迎を受け
カムバックを目指しているが、“自分たちのロナウド”のプライドを傷つけられた
コリンチャンスサイドは、早速マンUのTシャツと同じデザインに
異なるメッセージをプリントした“コピー商品”を発表した。
「オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッド相手に3得点し、
FIFA(国際サッカー連盟)最優秀選手賞を3回、
ワールドカップ(W杯)MVPを2回受賞し、
W杯史上最多得点を挙げた“ロナウド”は世界で1人だけ。そ
のロナウドが、3度目の挑戦で頂点にカムバックした」

このメッセージが効いたのか、ロナウドは8日、サンパウロ州選手権、
対パルメイラス戦のロスタイムに復帰後初ゴールとなる同点弾を決め、
完全復活をアピールした。
:MARCA.COM


何この記事、気になるわ。

挑発的なこのT-shを早速探してみた。



onlyone_ronaldo.jpg
manutd.com

スゲー!!やるなユナイテッド!

これほど直球なデザインとは、恐れ入ります。

ぶっちゃケC・ロナウドも好きだが、“フェノメノ”も相当好きだ。

今度は

「オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッド相手に3得点し、
FIFA(国際サッカー連盟)最優秀選手賞を3回、
ワールドカップ(W杯)MVPを2回受賞し、
W杯史上最多得点を挙げた“ロナウド”は世界で1人だけ。
そのロナウドが、 3度目の挑戦で頂点にカムバックした」

T-shも探しときます。

それにしてもメッセージ長くね・・・

↓コリンチャンスロナウドのT-sh が見たい方は。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

次回CL2ndレグは瀬戸際のせめぎ合い


「急造CB」カンビアッソ、CLマンU戦でも奮闘期待

現地時間7日(以下現地時間)に行なわれたイタリア・セリエA第27節の
ジェノア戦で、DFマルコ・マテラッツィとニコラス・ブルディッソが負傷し、
守備陣がさらに手薄となってしまったインテル。
翌週にチャンピオンズリーグ(以下CL)のマンチェスターU(イングランド)
戦を控えるが、ジョゼ・モウリーニョ監督は心配ないと語った。
ロイター通信が報じている。
インテルではDFクリスティアン・チヴ、ワルテル・サムエルがマンUとの
CL決勝トーナメント1回戦・セカンドレグ(11日)に間に合うかどうか微妙なところ。
ケガにより本職の守備陣が不在のインテルは、
MFエステバン・カンビアッソを最終ライン中央で使うという一時しのぎの策を
用いているがそんななかマテラッツィとブルディッソが故障と、
ますます厳しい状況になっている。
~中略~
 こうしたなかモウリーニョ監督に自信を与えているのは、
急ごしらえのCB・カンビアッソの存在のようだ。同監督は
「カンビアッソはCBとして実に立派なプレーを見せているし、
ピッチ上でもリーダーとして活躍している」と、同選手を高評価。
昨季王者マンU戦を前に、“ディフェンダー”としてのカンビアッソの戦いぶりに
信頼を寄せていた。 :ISM


7日のFAカップでリオが負傷したが、インテルのDF陣も大変なことになっている。

次回の戦いは、カンビアッソがCBで出場しそうなのだ。

ルーニー、カンビアッソの本当のマッチアップが見られるのは3月11日。

今から考えただけでも鳥肌が立つ。

まあ、ルーニーの圧勝だろうが・・ 頼むぜルーニー。

完全勝利で、モウリーニョを黙らせてくれ!!


↓夢のマッチアップ ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ



[ 2009/03/09 02:23 ] チャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

【FA】6回戦 野獣爆発【カップ】

フルアムvsマンチェスターユナイテッド
2009年3月7日 フルアムvsマンチェスター・ユナイテッド


予想に反し、ほぼベストメンバーのマンチェスター・ユナイテッド。

ファギーはマジでタイトルを狙いにきてますね。

前半14分:前線でアンディー・ジョンソンのつま先にあたったボールが、
      ファンデルサールの横を抜けそのままゴールへ
      1点かと思われた場面だったが、ヴィディッチがぎりぎりでクリア。
      あぶねー! 
      最近のファンデルサールは安定感がないよ。胃が痛い

前半20分:GOOOAAALLL!!!
      コーナーキックからルーニーの頭、そしてテベスへ。
      そのままテベスが頭で押し込みまず1点。
      ゴールにつめていたテベスも凄いが、ルーニーの
      ヘディングパスが素晴らしかった。
      (頭はあまり使ってほしくないのだが。。)

前半30分:おぉい!!ルーニー
      右サイドパクからのグラウンダーのパスをルーニが
      ゴール前でシュート。惜しくも左ポストに当たり枠の外へ
      これば決めてほしかった

前半35分:野獣テベスがドリブルで中に切り込みシュート。
      ボールはゴール右上段突き刺さった。ゴォォォル!!
      エクセッレント! 
      ユナイテッドはこの男を手放してはいけない。
     
後半50分:きたぁぁぁ!3点目
      PA内でのボールキープから、ルーニーのシュート。
      ボールはキーパーの横を抜け、ゴール左隅へ。
      やっぱりもってるな。役者が違う。

後半81分:そして4点目
      左サイドのパクがボールを持ってそのままシュート。
      ゴールの左隅にサクッと決まる。
      献身的なパク・チソン、遂に得点ゲット。


マンチェスター・ユナイテッド完勝。野獣テベス大爆発。。

そして、この試合でのルーニーの飛び出しは絶妙だった。

一気にDFを置き去りにするスピードは1級品です。(うまくいけばあと2点入ってた)

しかしルーニーの前頭部での飛び出しは、すぐにでも止めないと大変なことになる。

090307.jpg

このままでは、レフリーのマイク・ディーンレベルに達するのも時間の問題だろう。

俺の使っているシャンプーを紹介したい。


↓このままでは!ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ





死の10日間


勝利に安堵するルーニー

ウェイン・ルーニーはニューカッスル戦で貴重な同点ゴールを決められたことを
喜びつつ、敵地セント・ジェイムズ・パークで勝ち点3を得られたことに安堵している。
開始9分、ユナイテッドは敵地で先手を奪われ、苦しい戦いを強いられていた。
しかし、劣勢の状況でユナイテッドはウェイン・ルーニーとディミタール・ベルバトフの
ゴールで重要な勝利を手にした。
~中略~
「今後、10日間はタイトルを獲得する上で重要となる。7日にFAカップ、
11日にチャンピオンズリーグ、そして、10日後にはリヴァプール戦が控えている。
万全の準備をして試合に臨まないとね。そして、最高の結果を得られれば良いね」
manutd.jp(公式ホームページ)


このルーニーのコメントにある、今後の10日間をおさらいしよう。

2009年3月7日:FAカップ準々決勝 vsフルアム
ルーニーが事故にでもあい、出場ができないことがない限り準決勝進出は堅い。

2009年3月11日:チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦 vsインテル
ジョゼッペ・メアッツァでの1stレグは、0-0のスコアレスドロー。
しかし、試合内容ではユナイテッドが圧倒的にインテルを上回っていた。
次回はホームということもあり、ユナイテッド有利か・・
アウェーゴールだけが怖い。(インテルのバロテッリあたりが調子いいし)

2009年3月14日:プレミアリーグ第29節 vsリヴァプール
2位リヴァプールとの直接対決。これで勝ったらリーグ優勝でしょ。(現在勝ち点差7)
リヴァプールは今、ベニテス問題でそわそわしてるし。
ただ、トーレスが爆発したら厄介かも。

以上が、5冠を目指す上で超重要な3試合となる。

コレをすべて☆で乗り切れば・・  考えただけで震えがくる。

ルーニーが怪我や事故にあわない限り、全勝利も夢じゃないだろう。

頼んだぜルーニー、そしてファギー!!

↓ニットキャプの危険性を再認識。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミア】第28節 エクセッレント!!【リーグ】

ニューカッスルvsマンチェスターユナイテッド
09年3月4日 ニューカッスル・ユナイテッドvsマンチェスターユナイテッド


何だあのシュート。

もってるなー、ルーニーは。

前半20分、ゴール前で反転しての豪快弾。

感動した、待った甲斐があった。兄貴一生ついていきます


★前半9分:ファン・デル・サールがハンブルしたボールを
      詰めていたレーヴェンクランズが押し込み1点。
→まだ大丈夫、始まったばかりでしょ。

★前半20分:右サイドを抜けだしたオシェイのクロスを
        ルーニーが超絶ショット!!
        相手DFにあたりそのままゴールへ。(これで同点)
→ルーニーの決定力はハンパ無し。
 そしてパクもよかった。

★後半9分:献身的な動きでチャンスの起点となった、
      パクのパスを受けベルバトフがシュート。
      GOAL!! (ユナイテッド逆転)
→パク・・やっぱりよかった。


とにかくルーニーもパクも良かったこの試合。

2位のチェルー、リバプールと差が開くかどうかの大事な一戦、

ここを落さなかったのはでかい。

勝ち点差7で首位を独走し、栄光をつかめ。

そういえば、ファン・デル・サールの無失点記録が途切れたようだが、

全然余裕でしょう。むしろ途切れてよかった。

来週からのファン・デル・サールの活躍に期待したい。来週が山田


↓久々のルーニー。よかった変わってないポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/03/06 00:14 ] チャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

うずうずしている その男の名は


ルーニーが帰ってくる

病気により1日のカーリングカップ決勝、トッテナム戦を欠場したウェイン・ルーニーが、
4日に行われるプレミアリーグのニューカッスル戦で復帰するだろう。

23歳のルーニーは最近、5週間の欠場の後に復帰したばかりだったが、
2月24日のチャンピオンズリーグ、インテル戦で素晴らしいプレーを披露。
しかし、トッテナム戦は欠場したため、2日と3日のトレーニングにフルで参加した今は、
試合に出場したくてうずうずしている。

セント・ジェイムズ・パークでの試合で負傷欠場が懸念される唯一の選手は、
ジョン・オシェイだ。オシェイはかかとの負傷の影響に未だ苦しんでいる。
サー・アレックス・ファーガソン監督は、オシェイ以外、
自由に選手を選択することができる。

トッテナム戦でベン・フォスターが素晴らしいプレーをし、
英雄的な活躍を見せたにも関わらず、監督はニューカッスル戦で
ファン・デル・サールをスタメンに戻すだろう。
manutd.jp(公式ホームページ)


カーリングカップは病欠だったのね。

てっきり温存かと思ってた。

それより何より、次節ニューカッスル戦、再びカムバック宣言のウェイン・ルーニー!

やっぱりこの男がいないと試合がしまらんよ。

テベス、ロナウドなど最近のスタメンで目立ってはいるが、

何かが足りないんですよ。こう、爆発力。そう爆発力。

前線でのエクスプロージョンが今のユナイテッドには不足しているのだ。

テベスの力強いドリブル、ロナウドのスピード、

しかし、最後の決定打に欠けるんだよルーニーの不在時は。

3月4日ニューカッスル戦、3月11日インテル戦、

ルーニーのたまりに溜まった欲求を全てぶつけてほしい。


ただ1つ気になるのは、最近の練習写真でかぶっているニットキャップ。

rooney_knit

激しい練習でも頭皮の熱を逃がさないニットキャップ。

危険すぎる!!


↓ニットキャプの危険性を再認識。ポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ







[ 2009/03/04 00:15 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(2)

人間ができております


5冠の可能性

レドナップ監督:ファーガソン監督は多くを手に入れる
ハリー・レドナップ監督は、今シーズンのユナイテッドが
5つのトロフィーを勝ち取るという偉業を達成することを確信している。
~中略~
トッテナムのレドナップ監督は「ユナイテッドには
全てのタイトルを獲得できるチャンスがある。彼は勝負にこだわる
チームで素晴らしい選手もたくさんいる。プレミアリーグでは
好調をキープしているし、チャンピオンズリーグでもユナイテッドの
優勝に賭けない人がいるとは思えないね。それに加えてFAカップでも
準決勝に進むのはほぼ確実なんじゃないかな」。
サー・アレックス・ファーガソン監督は5冠に関する質問にも
落ち着いて対処している。「私たちの最大の利点は、
決して調子に乗らないことなんだ。
どんな結果にも決して浮かれることはないんだよ」
:manutd.jp(公式ホームページ)


あと3つ

正当な評価ができる人間はすばらしい。

モウリーニョのように試合前のマスコミや心理戦を巧みに

操る監督もスゲーが、相手を客観的に分析できるレドナップは尊敬に値する。

カーリングカップはユナイテッド、トッテナム共にナイスなパフォーマンスだった。

ただ、今のユナイテッドが凄すぎるのだ。

いろんな意味でまとまってるんだな。

いやー、ニューカッスル戦でのルーニーが早く見てー!!


↓カーリングカップ優勝だポチッと
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ




[ 2009/03/03 00:30 ] カーリングカップ | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。