スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【FA】決勝エバートンvsチェルシー パレード無し【カップ】

FACUP_logo_決勝

2009年5月30日 エヴァートンvsチェルシー

今期のイングランドサッカー最後のカップ戦、FAカップ決勝。

順当にここまで勝ち上がってきたチェルシーと、マンUを破り決勝に勝ち上がった

エバートンとの一戦。

舞台は芝の張替えを行った、ウェンブリー・スタジアム。

結果は1-2でチェルシーの勝利だったが、エバートンのパフォーマンスも見事な

モノだった。

開始1分で得点を決めた“ルイ・サア”、ゴール前で攻撃の起点となった

リアルボンバーヘッド“フェライニ”。

“ケーヒル”の動きもなかなかよかった。

CL準決勝で暴言を吐きまくったドログバもヘディングシュートを決め、

FAカップ制覇という結果を残せたので満足していることだろう。

決勝の舞台にマンUの姿がなかったのは残念だったが、

“フェライニ”の毛量が拝めたので、まあよしとしよう。


090530FAカップ決勝


パレードのキャンセル料が高いからって・・ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーサイト
[ 2009/05/31 10:49 ] FAカップ | TB(0) | CM(0)

怒りのマンUファンがバスで突っ込む


CLで敗れ怒りのマンUファン、車で人込みに突っ込み4人死亡

アフリカ中部ナイジェリアの町で、サッカーの欧州チャンピオンズ・リーグ
(CL)決勝で敗れたマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のファンが、
負けたことに腹を立て、運転していたミニバスで人込みに突っ込み、4人が死亡した。
ミニバスを運転していた男はその場で逮捕された。
ナイジェリアの警察によるとこの男は、優勝を祝って集まっている
バルセロナのファンに向かってミニバスで突っ込み、
さらにUターンして再度、突っ込んでいったという。
4人が死亡したほか、10人が負傷した。

アフリカでもバルセロナとマンUは人気が高く、ともに多くのファンがいる。
27日のCL決勝ではバルセロナがマンUを2─0で破り、3季ぶりに優勝した。
バルセロナは今季、リーグ優勝とスペイン国王杯を手にしており、
スペイン初の三冠を果たしていた。

スペインではバルセロナ市内で、多くの人々が優勝を祝って街へ繰り出し、
夜通し騒いだ。繁華街では暴力沙汰になり、238人が負傷、
若者119人が逮捕されている。
:CNN


悲惨なニュースだな。

悔しい気持ちは分かるが、これはありえんだろ。

本とありえんな。人に迷惑をかけんなよ!!


バスで突っ込むとは・・ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【チャンピオンズ】決勝バルサvsマンU するりとこぼれ落ちた夢【リーグ】

チャンピオンズリーグ決勝2

09年日5月27日 バルセロナvsマンチェスターユナイテッド
            ローマ スタディオ・オリンピコ

なにから書けばいいものか・・

決勝に進出し、あと1勝でCL連覇が現実のものとなるはずだった。

“これもフットボール”

準決勝でチェルシーに完全に押さえ込まれたバルサだったが、

決勝の動きは違った。

チームの相性なのか?個人マッチアップの相性なのか?

まあどっちもあったのかもしれないが、エトーに先取点を決められた後のマンUは

バルサにポゼッションで圧倒された。

特にバルサの中盤チャビイニエスタのボール回しは秀逸だった。

とにかくバルサもパスが通った試合だった。

そして、大舞台での先制点の大きさを、あらためて痛感した試合だった。

中盤を支配されたときのマンUのもろさ、ボール奪取からのカウンターが

発動しないときの攻め手のなさが際立ったなあ。

よく守ったというよりも、守るしかなかった・・そんな印象だ。

華麗なる攻撃サッカーの勝利

悔しい、悔しすぎる、ルーニーの存在感がかんじられなかったよ。

【前半レビュー】
前半3分:PA前でアンデルソンがファールをもらいFKのチャンス。
      キッカーはロナウド。低い弾道のボールはゴールへ一直線、
      ビクトルバルデスが、ボールを弾きそのボールへパクが詰める。
      惜しい!! ボールはバーの上を越えていった。

前半8分:ロナウドがミドルシュートを放つ。ボールはポストの右へ。
      マンUがいい感じで押してる。

前半9分:PA前ボールを持ったイニエスタが、右サイドのエトーに絶妙なパス。
      エトーがそのまま中に切切り込み、ヴィディッチ、
      キャリックをかわしてシュート!!
      まさに神速!!止めらんねーよあれは

後半45分:メッシが超速ドリブルで右サイドを駆け上がる。
       そのままグラウンダーのクロスをあげるが、ファンデルサールが抑える。
       この人なんで止められないのでしょうか。

【後半レビュー】
後半開始:アンデルソンに替えテベスを投入
       “点を取る”ファギーの気持ちが伝わってくる

後半49分:チャビのスルーパスに左サイドを抜け出したアンリ。
      アンリはボールをキープしてゴール前まで攻めあがる。
      ああ また1点かと思われたがファンデルサールがナイスセーブ。

後半53分:イニエスタがPA直前でファールを受け、FKゲット。  
       FKキッカーチャビの蹴ったボールは、右ゴールポストを直撃。
       あと数センチ左だったら1点だった。
       後半もバルサにガンガン攻められてます。

後半56分:右サイドルーニーのクロスに、センターのロナウドが合わせる損ねる
       惜しい。後半に入りはじめていい形がみられた。

後半70分:チャビのやわらかいクロスが前線のメッシへ。  
       一瞬スローモーションかと思うような、滞空時間の長いヘディングから
       繰り出されたシュートはゴール右隅に、
       これで2-0。すばらしいとしかいいようがない。

チャンピオンズリーグ決勝敗退

FAカップ敗退のマンUはコレにてシーズンが終了。

CL連覇で、4冠で、なんてうまい話はなかなか実現しないものだ。

今年のバルサはマジで最強のチームだった。

しかし、マンUはまだまだコレからが楽しみなチーム。

ファギーもここで負けたことで、引退なんてことは考えずまだまだ続けてほしい。

ルーニーよ来年こそはCL制覇でバロンドールだ。

今後のルーニーの成長にも期待。そして生え際は心配。

リオの髪型はパンチ!?


おめでとうバルセロナ!そしてペップは神になった ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

CL決勝速報

スコア2-0
バルセロナ勝利。
前半のエトーの1点。
あれで力がぬけた・・
チャビのクロスに合わせたメッシのヘディングシュート。
あの瞬間にすべてが終わった・・
バロンドールがメッシに決まった瞬間だった。

詳細は後ほど

CL決勝キックオフまであと5時間

uefaチャンピオンズリーグ

チャーンピョーン~~

今さら書くこともないので、得点予想してみた。

ずばり2-0でマンチェスターユナイテッドの勝利。

得点はクリスチアーノ・ロナウドのFKで1点。

カウンターからルーニーが左サイドを駆け上がり、センターのキャリックにパス。

キャリックからインに切り込んできたルーニーに再度ボールを渡し

そのままシュート。

コレで2点目。

チェルシーのように守り一辺倒にはならないといっているが、

守備の意識を高めてくるのは間違いない。

メッシを完封し、シャビのパスコースを完全に塞ぎ、0完封で勝利!!

アタッカー陣は、バルサファンを黙らせる2得点で完全勝利!!

そしてその暁には、マンUの史上初CL2連覇が実現し、

マンU史上最強のチームとして孫の代まで語り継がれるであろう。

すッげー楽しみだ たまんねー


ルーニーよ全てなぎ倒せ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

バルサは分かっている


ルーニーを警戒するピケとイニエスタ

27日に行われるCL決勝を前に、バルセロナはマンチェスター・ユナイテッドの
分析を進めているはずだ。
DFジェラール・ピケやMFアンドレス・イニエスタは、
最も警戒すべき選手としてFWウェイン・ルーニーの名前を挙げている。

昨季までユナイテッドの一員だったピケは、
『デイリー・メール』のなかで次のように語った。
「ルーニーほどパワフルな選手は見たことがないよ。
彼の突破力、プレーの力強さ、トップスピードまでの速さ、
そしてシュート…ワールドクラスだよ。たぶん、
彼はもっとゴールを決めなければいけないから、
本来得るべき評価を得ていないんだ。それでも、彼は大きな力を与えているよ」

一方で、イニエスタは次のように述べている。
「僕がユナイテッドで最も高く評価しているのは、
ルーニーのプレーだね。彼らの前線にはそれだけの破壊力がある、
僕たちはどんなミスもできないだろう」
:Goal.com


いよいよ明日、泣いても笑ってもCLを制覇する1チームが決定する。

先日のハル戦では主力を200%温存したファギー。

フレッチャーの出場停止、リオの怪我と不安要素をかかえているものの、

マンUの選手層を甘く見てはいけない。

ファギーも「誰を削るかが問題」というように、27日時点でのベストメンバーで

最終戦に臨むだろう。

なかでもウェイン・ルーニー、この人の注目度はきわめて高い。

バルサからマークされるのはもちろんのこと、この人の出来如何で

マンUのパフォーマンスも大きく変わってくる。

シーズン最後の大勝負は“悪童の一撃”で片が付くだろう。

頼んだぜルーニー、そしてファギー!!


優勝したら毛根は必ず生き返る。間違いない ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミア】第38節 若手の台頭!!【リーグ】

5月24日に行われたハルシティとの一戦。
若手主体のチーム編成にも関わらず、0ー1でマンUが勝利を手にする。

待ってました!ブラウンとリオが復帰へ


ブラウンとリオが復帰へ

プレミアリーグ最終戦と27日のチャンピオンズリーグ決勝で
勝利を目指すユナイテッドに朗報が届いた。
2人のイングランド代表DFがチームに復帰したのだ。
24日のハル戦でウェズ・ブラウンが出場が可能となり、
リオ・ファーディナンドも22日の全体練習に参加。
両選手ともチャンピオンズリーグ決勝に出場できる可能性が高くなった。

試合前会見でアレックス・ファーガソン監督は「ファーディナンドが今日、
全体練習に参加できたことは嬉しいニュースだね。
彼は非常に良くやっていた。
明日、改めて彼の様子を見てみようと思っている」とコメントした。
:manutd.jp


CL決勝に向けて、この2人の復帰はでかい。

5月24日のハル戦で本当に復帰するか確認しなければ・・

あと1時間後にキックオフ!!


選択肢が多すぎでうれしい悲鳴 ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

なぜマンUはテベスの完全買取をしないのか?

なぜマンUはテベスの完全買取をしないのか

厳密に言うと完全買取をしないという噂が流れているのか。

俺の考察としては下記の4点。

①買取金額が高い

②若手の育成・起用

③ベルバがいるじゃん

④かけ引き

①:完全移籍には2500万ポンド~3000万ポンド(約37億~45億)かかると
いわれており、クラブ側にこの資金を出す意思がない。
プレミアリーグでは5得点、その他カップ戦で9得点と毎回先発でないに
かかわらず点を取っているが、去年の成績に比べると物足りなさがあるのか・・
40億の価値はないとクラブは考えているのかも。
また7億ポンド(約1100億)ともいわれる負債もネックになっているのか。
攻守に貢献するプレースタイル=プライスレス

②:現在25歳のテベスは決して若いとはいえない。
最近のマンUを見ていると、マケダやウェルベック、ダ・シルバ兄弟など
積極的に若手の育成・起用に努めている感が否めない。
先日もブラジル人DF“ドド”の獲得を発表したように、テベスに40億
をだすなら、若手の戦力強化に投資するのか?
テベスの完全移籍金=“ドド”5人分

③:2008年9月に3075万ポンド(約60億)でマンUはFWのベルバを
獲得している。今期は大活躍とはいかないまでも、来期につながる
パフォーマンスを見せている。
先発回数もテベスを上回っている。
「高い金払ったベルバがいるし、テベスいらなくね」
フロントはそう考えているのかも。
テベスをバックアップ要員として考えるなら、もっと安くていい選手を取る?

④:マンU側の姿勢はブラフ。
金を払う気がないという態度はブラフであり、テベスの保有権を持つMS社
を牽制するためのもの。
移籍金額が少しでも下がったところで買取に走る。
この可能性に期待したいが、可能性は薄そう。
インテル、リヴァプール、トッテナム、レアルなど怱々たるビッククラブが
獲得の意思を匂わせている。
マンUに対する完全移籍金を引き下げなくても、金には困らない。
どんでん返しで5月31日にテベス残留を表明なんてことに
なんねーかな。


とまあ、勝手に妄想してみた。

金の話ばっかりかいてしまったが、

サッカーは人に感動を与えることができるすばらしいスポーツ。

見るものを感動させるテベスのプレースタイルは、

本当にプライスレスだと思う。

サッカーは金でするものではなく、人があってからこそのスポーツなのだ。

『LOVE or MONEY』 難しい問題だな。

しかし、リヴァプールのユニをきたテベスが、マンU相手にハットトリック・・

考えただけでも頭が痛い。

頼むぜマルコム・グレイザー さんよ。


“マンUテベスと愉快な仲間たち”になってきた ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

いよいよカウントダウン


テベス:「CL決勝がラストゲームになるだろう」

マンチェスター・ユナイテッドFWテベスが、
27日に行われるバルセロナとのCL決勝戦が、
自身にとってのマンチェスター・ユナイテッドでのラストゲームとなる
可能性が高いとコメントしている。

今シーズン終了後にレンタル期間が満了となるテベスの去就に関しては、
約1年間に渡って交渉が行われてきたが、現時点でも不透明なままとなっており、
テベス自身も今シーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドを
離れる可能性が高いことを認めていた。

そして、ローマで行われる決勝戦に、
テベスが出場するかどうかは定かではないものの、
テベスは記者に対し、この試合を最後に、
ユナイテッドを離れることになるだろうと語ったようだ。

「おそらく、その試合がオレのラストゲームになるだろうね。
合意は起こらないだろう。わからないけどね」
「ファイナルにスタメンで出られるかどうかはわからない。
それは監督が決めることだ」
「ただ、十分に準備はするよ。それがオレに出来ることだからな。
もちろん、出場したい。しかし、ここには良い選手がたくさんいるんだ。
だから、どうなるか待つことにするよ」
:Goal.com


何回みてもテベス関連の記事は悲しくなる。

ロナウドのマドリー移籍はなさそうな感じだが、テベスは日に日に

移籍の可能性が濃くなってくる。

あー 何とかなんねーかな。


CLでの先発に期待 ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


きた、来た、北、キター

チャンピオンズリーグ決勝

放送スケジュール詳しくはこちら

いよいよ来週に迫ってきたチャンピオンズリーグ決勝!

開催の地はローマ・スタジオオリンピコ

前回王者マンチェスター・ユナイテッドvs05王者バルセロナ

何この組み合わせ、奇跡。

イニエスタ、アンリ=青信号

リオ・ファーディナンド=黄信号

といわれておりますが、リオ先輩は必ず間に合うと信じている。

この先100年語り継がれるような名勝負を期待したい。

コレを見ずに死ねるか!


ところで28日は休日でしたよね皆さん!?
uefaチャンピオンズリーグ


“ロナウドvsメッシ”いやいや“ルーニーvsチャビ”でしょ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


ベスト・オブ・マンチェスターユナイテッド


ギグスが歴代ベストイレブンをチョイス

マンチェスター・ユナイテッドで長年プレーを続けているMFライアン・ギグスが、
『デイリー・メール』のなかで、自身がともにプレーした
ユナイテッドのベストイレブンを挙げている。
大きなサプライズとしては、MFクリスティアーノ・ロナウドが含まれなかったことだろう。
ベストイレブン選出について、ギグスは次のように語っている。

「ピーター(・シュマイケル)は僕が一緒にやった中でベストプレイヤーの1人だ。
彼は素晴らしいGKで、ユナイテッドのために勝者だった。
いまはエドウィン(・ファン・デル・サール)と一緒だね。
どちらも偉大なGKだよ。どっちがゴールにいるかは大事じゃない」

「スコールズは僕にできないことをする。ボールを持つ時間やパスの範囲、
そしてゴールメイクの能力だ。それらは僕が見た中で最高級のものだね」

「カントナはシステムを超越した選手だ。異なる国からきた、
異なる背景を持った選手だよ」

GK:シュマイケルorファン・デル・サール
DF:G・ネビル、スタム、ファーディナンド、アーウィン
MF:ベッカム、スコールズ、ロイ・キーン、ギグス
FW:カントナ、ルーニー
:Goal.com


besteleven.jpg

ギグシー渋びーよ。

キングとルーニーの2トップはシビれるねー。

ロナウドは入っていないが、、この顔ぶれではしょうがない。

なんというか“芯”がある選手がそろっている。

繊細な感じではなく太く逞しいイメージ。

最近のロナウドはFKこそ炸裂しているものの、ドリブルに関しては

相手選手との多少の接触で倒れるというお粗末さ。

まだ若いのに“ダイブ”を覚えてはいけない。(トッティぐらいのベテランにならないとね)

話を戻すが、この面子が同じピッチに立つのを想像しただけで震えるわ。

GKを2人選ぶあたりもギグスらしい。

リオとキーンとカントナ・・・怖え


この面子と同じピッチに立ってきたギグシーが一番すごい ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

キングの御帰還


カントナがマン・Uに復帰?

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、エリック・カントナが、
いつか機会が訪れれば、マンチェスター・ユナイテッドの監督として
イングランドへ戻りたいと考えていることを明らかにした。
さらにカントナは、カペッロ監督の後任として
イングランド代表監督を率いることにも興味を抱いていることを明かしている。
~以下略~
:Goal.com


キングがイングランド復帰をほのめかしている。

ファギーの引退もささやかれる中、次のマンU監督候補に名前を

連ねることになるのか?

気性の荒さは折り紙付きのので、ファギーの後釜にはもってこいだな。

とにかく3連覇、リヴァプールに並ぶ18回のリーグ制覇を果たした

ファギーの今後の動向も含め、目が離せない。

キングが監督に  たまらんな


キングor闘将 ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

歓喜のあとにまっているもの


テベス、ユナイテッドでの不満を語る

マンチェスター・ユナイテッドに所属するFWカルロス・テベスが、
改めて退団に迫っていることを明言した。
16日のアーセナル戦でプレミアリーグ優勝を決めたユナイテッドだが、
同選手の将来については変わらなかったようだ。
アルゼンチンのテレビ『TYC』に対し、テベスが次のようにコメントしている。

「マンチェスター・ユナイテッドには残らないとわかっているよ。
僕に対するリスペクトが欠如していたように感じるね。
500万ポンド多く払うとか、500万ポンド少なくなるとか、
そういった話じゃないんだよ。ただ、扱いはよくなかったと思う」

「ここのクラブ・マネジメントは理解できない。
監督のやり方に同意できないとき、
ここでのことに全幅の信頼を置くことはできないんだ」

「僕はここで2年過ごしているけど、ディレクターは僕と話しにきたことがない。
一度として僕らのミーティングはなかったよ。
だから、移籍が最善策なんだ。
アレックス・ファーガソンとディレクターに衝突はないのだからね。
僕はなぜチームでプレーできないのかわからないよ」
:Goal.com


3連覇を決め、もしかしたらとの淡い期待があったが、

テベスの残留は絶望的なのか。

何とかなんねーもんかな。


リヴァプールだったら、トッテナムに ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミア】第37節 3連覇達成!!【リーグ】

090516プレミアリーグ37節_マンUvsアーセナル


09年日5月16日マンチェスターユナイテッドvsアーセナル

ホームオールドトラッフォードでの一戦。

引き分け以上でマンUのプレミア3連覇が決まる!!

マンUはリオが出られないものの、ベストメンバーで今日の試合を獲りにきた。

前線のルーニー、テベス、ロナウドのコンビネーションは見ものだな。

なんとしてでもホームで決めてくれ!ホームで

頼むぜルーニー!!そしてファギー。

【前半】0-0

立ち上がりは五分五分(若干マンUか)と言うところか。
マンUは中盤からのパスが良くつながり、テベス、ロナウド、ルーニーボールタッチが
多く見られた。
一方アーセナルはナスリ、アルシャビンのボールキープが見られるものの、
決定機は作れず、ファンペルシーに入るボールも少なかった。
マンUのDF陣は今日も堅ーな。
両チームとも何度かチャンスはあったが、得点にはつながらず。

前半12分:右サイドを突破したロナウドが、グラウンダーのボールをセンターへ。
       走りこんだルーニーがシュートするが、
       相手DFにあたりゴールラインを割る。
       いいぜ!マンUペースだな。

前半24分:右サイドからのロナウドの突破をソングがファールで抑える。FK獲得。
       キッカーはギグシー。力みすぎたせいかボールは枠内に決まらず。
       惜しい・・

後半45分:マンUゴール前でアーセナルの波状攻撃。
       鬼のDFで攻撃を凌ぎきり、得点を許さず。


【後半】0-0
後半開始から雨が降り出し、ピッチがスリッピーな状態に。
両DFの集中力が半端ない為、ゴール前まで攻めあがっても点にはつながらない。
しかし、ルーニーの運動量はどうなってるんでしょうか。

後半58分:右を駆け上がったフレッチャーからセンターのテベスにグラウンダーパス。
       テベスがボールを受け1点かと思われたが、前を向けずシュートならず。
       今日の試合がテベスのゴールで決まったら、マジで泣ける。

後半66分:テベスに替わってパク・チソンがIN。
       テベスは盛大な拍手の中ピッチを後にした・・
       テベスのゴールが見たかった。
       ここで替える決断が、ファギーがファギーたる所以か。

後半78分:ロナウドがPA手前で倒されFK獲得。
      そのままロナウドがキッカーになり、蹴ったボールは惜しくも枠の外。
      決まってたら伝説になったろうに。

後半83分:PA内でセスクのシュートが炸裂。
       ファンデルサールがボールにさわり何とか防ぎきる。
       あぶねー。寿命が縮むわ

後半89分:ギグス→ルーニーと繋ぎ、決定的と思われたがゴールならず。
       DFの集中力が落ちない。

後半91分:マンUのPA前でファールを取られFK。
       キャリックがまたしても頭でクリア。死ぬぞキャリック。

後半92分:ルーニーOUT アンデルソンIN
       そしてそのまま終了のホイッスル。勝った

3連覇達成!!!!!!!!!!!!!

引き分けながらも、ホームオールドトラッフォードで優勝をきめたマンU。

シーズン序盤は大丈夫?と思うような立ち上がりだったが、しり上がりに調子を上げ、

連勝街道を爆進した時期もあった。(ファンデルサールの無失点記録もすごかった)

その後、リヴァプールにダブルをくらい調子を落とした期間もあった。

そしてルーニーの生え際もシーズンの経過とともに・・ まあそれはよい

そんな不調から抜け出るきっかけとなったのが、シンデレラボーイ“マケダ”の活躍。

そして、スコールズ、ギグスのベテランの活躍。

強えーチームだよマンUは。あなたたちこそ優勝に値するチームです。

次はチャンピオンズリーグで奇跡をみせてくれ

ひとまずありがとうルーニー、そしてファギー。

祝マンU3連覇


ルーニーとテベスの右腕の内側に黒いタトゥーのようなものが・・あれは何だ ポチッと
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/05/16 21:50 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

あと1つ


ルーニー「アーセナル戦で優勝決めたい」

プレミアリーグ3連覇まであと勝ち点1と迫った
マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが、
16日のアーセナル戦で必ず優勝を決めてみせると決意を語った。
優勝トロフィーをホームで掲げることは至上の喜びだが、
ユナイテッドの選手たちは強敵アーセナル相手に偉業を達成することにも熱心だ。
アーセナルが、2002年にオールド・トラフォードで優勝を決めたことを
ユナイテッドのファンも選手も忘れてはいない。

英イブニング・スタンダード紙の中で、ルーニーは「僕らのファンの目の前で、
しかも偉大なフットボールチームであるアーセナル相手に
リーグ制覇を成し遂げたら素晴らしいだろうね」と話した。
「アーセナルがオールド・トラフォードに来ると、いつもアウェイのファンが
オールド・トラフォードで優勝したことを歌っているのを耳にする。
だからアーセナル戦で優勝できたらと思う。きっと特別な出来事になるだろう。
それに、監督によると、ここで優勝を決めたのはこの17年間で一度しかないらしいんだ。
だから僕らのファンの前で3連覇を決めたいよ」と付け加え、週末の試合へ意欲を示した。
:FOOTBALL WEEKLY


俺も決めたい!!

レッドデビル vs ガナーズ

ファギー vs ヴェンゲル

ルーニー vs ウォルコット ??

今日のゲームは見所の多い、プレミア制覇のかかった大事な一戦。

マンチェスターユナイテッドは今日のアーセナル戦で、引き分け以上の成績を残せば

ホームオールドトラフォードで優勝が確定する。

リオは欠場するという話がちらほら出ているが、

それ以外はベストメンバーで臨むことになるだろう。

先日のCLでは2-0でアーセナルを破り、決勝進出を決めたマンUだが、

アーセナルが簡単に勝たせてくれるとはおもわない。

しかし、先日のウィガン戦の後半のパフォーマンスをみる限り、

マンUに分が分があるのは間違いない。(アーセナルはチェルシーに大敗)

ルーニーの記事にもあるように、選手のモチベーションもかなり高そうなので、

マンU(勢い+モチベーション+ホーム+テベス) > アーセナル(チェルシー戦の苦い思い出)

で2-0マンUで間違いなし。

夜の祝勝会のためにこれから買出しにいってきます。


今日勝って、CL決勝までみんな温存 ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/05/16 08:42 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

壮絶な情報戦


テベス代理人:「完全移籍のオファーはなかった」

マンチェスター・ユナイテッドFWテベスの代理人が、
ユナイテッドと完全移籍に向けた交渉をしていたことは事実だと認めているものの、
完全移籍のオファーは届かなかったと明らかにしている。
ユナイテッドは2年間のレンタルでテベスを獲得しており、
シーズン後のレンタル期間満了を前に、ユナイテッドにはテベスの保有権を持つ
MSI社から完全移籍で獲得する権利があった。
しかし、ユナイテッドは2500万から3200万ポンドと言われる資金を投じることを嫌い、
このオプションを行使しないことに決めたようだ。

ウィガン戦後、ファーガソン監督はテベスを獲得したかったと話し、
交渉が進んでいたとコメントしていたが、MSI社の代表キア・ジョオラビシアン氏の
スポークスマンは、『デイリー・メール』で次のように語った。
「デイビット・ギル氏がジョオラビシアンに会いに来たということは事実です。
そして、彼らは和やかな会談を行いました」

「マンチェスター・ユナイテッドがテベスをクラブに残留するために、
出来る限りのことをしようとしたと言ったことは、偽りです」

「2007年に、彼らはカルロスの2年間のレンタル移籍で合意し、
買い取り条項にも合意していました。彼らは、
その条項を行使することが出来たんです」
:Goal.com


ファギー 嘘はだめだぜ!!


最近テベスの話題ばっかだが ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミア】第33節 チェックメイト【リーグ】

090513プレミアリーグ33節_ウィガンvsマンU

09年日5月13日ウィガンアスレチックvsマンチェスターユナイテッド

神様・イエス様・テベスさま!

この男がいなければプレミア制覇の王手はなかっただろう。

ホンとに惜しい。ここまで活躍しているのに・・

奇跡がおきて残留ってなことになりませんかね?サー・ファーガソン様

ということで、今回はうだうだ言わずコレを見よ!!

テベスのスーパーゴール動画



ルーニーは来期以降も活躍するからね ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


[ 2009/05/14 08:42 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

その名は“ドド”


ドドがユナイテッド加入で合意か

以前からマンチェスター・ユナイテッド移籍が濃厚と伝えられていた
コリンチャンスDFドドは、ついに取引の合意を迎えたようだ。
イギリス各メディアが報じている。
ユナイテッドは540万ポンドの移籍金で17歳のドドを獲得。
チームに合流するのは2010年2月になると言われている。
同選手はポルトガルのパスポートも有しているためEU圏内扱いとなり、
イングランド移籍について大きな問題は起きないものと考えられそうだ。
~以下省略~
:Goal.com


有力選手の移籍がささやかれる中、

ブラジルからのニューカマーがマンUに加わる予感。

ドドの写真はこちら

ダシルバ兄弟やアンデルソンもそうだが、

ブラジル人がいい予感。

みんな生え際がしっかりしてるしな!!


サンバのリズム ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

2対1でマンU


フレッチャーらの異議申し立て却下=UEFA

欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝に進出した
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のMFフレッチャーと
バルセロナ(スペイン)のDFアビダルの出場停止に対する両クラブからの
異議申し立てを却下した。
 両選手がCL準決勝第2戦で受けた退場処分の取り消しを求めた主張に対し、
申し立てが規定時間内に行われなかったことに加え、
審判の判定に抗議する根拠もないと判断した。
同様にバルセロナのDFダニエウアウベスが受けた警告への異議も認められず、
3選手は27日にローマで行われる決勝は出場停止となった。 
:sports navi


当然といえば当然。

決勝はベストメンバー同士の対決を見たかったが、しょうがない。

しかし、マンUファンとしてはダニエウアウベスがいないのは正直ラッキー。

あの選手はいい!

守備もさることながら、右サイドからメッシとともに攻めあがる姿はまさに神。

あの攻撃がないだけで、マンUはかなり有利だな。

フレッチャーがいないのはでかいが、マンUの控えは熱いので問題なし。


しかしアウベスの毛量ときたら・・ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミア】第36節 FK炸裂!?【リーグ】

090510プレミアリーグ36節_マンUvsマンC


09年日5月10日マンチェスターユナイテッドvsマンチェスターシティ

マンチェスターダービーで見事勝利のマンU。

ルーニーはベンチスタートだったが、2-0のスコアで完勝だった。

ロナウドが途中交代でかなり不機嫌そうだったが、

最近の移籍報道の影響もあるのか。

ファギーとの関係は大丈夫か?

チーム内に不協和音が流れてなければいいが。


【前半】

前半18分:ロナウドのFKが炸裂。低い弾道のボールは壁をすり抜け、ゴール右隅へ。
       流石のギブンも止めることはできなかった。
 
前半45分:PA手前でボールを受けたベルバから、
      ゴール中央を駆け上がってテベスへの絶妙パス!! 
      そのパスを受けたテベスがそのままシュート。
      エクセッレント!!
      右のゴールポストに当たったボールはそのままゴールへ。
      なんとも力強いシュート。テベスらしいシュートだった。
      その前にパスを出したベルバトフのプレーも秀逸。

【後半】

前半の2点で勝負は決まってしまった。
マンCの攻撃は精彩を欠き、チャンスというチャンスは1~2回しかなかった。
後半から入ったルーニー、スコールズのプレーも正直微妙なもの。
それよりも、スコールズと交代したロナウドの表情が非常に気になった。
前半の2点のせいもあり、相手にチャンスを作らせない守りの後半だった。


勝ち点3を獲得し、再び首位へ。

CLもあり、日程的には厳しいが、このまま突っ走ってもらいたい。

それよりも移籍の噂が流れている選手と、ファギーの関係が気になるわ。

特にロナウドはFKこそ良かったものの、プレーに切れがない。

パフォーマンスにも影響ありか?


テベス・テベス・テベス ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

こっちは赤いところか・・


テベス:「ユナイテッドを去るだろう…」

今シーズン終了後にレンタル期間が満了となるマンチェスター・ユナイテッドFWテベスが、
今年の夏にユナイテッドを離れることになると、明らかにしている。
クラブ、そしてテベス本人もチームに残留する希望をこれまで述べていたが、
新たに『ニュース・オブ・ザ・ワールド』に、テベスは次のように語った。
「求められていると感じない。状況は良くないと感じているさ。だが、
もう残ることの方が難しくなっている。サヨナラと言う時を想像できる」
~中文省略~

テベスはまた、クラブがテベスにオファーを提示しないことは、
敬意を欠いた行動であるとコメントしている。
「現実的に、ここでの時間は終わったんだ。来シーズンは違うクラブにいると思う。
もはや残留することは、非常に、非常に困難だ。だから今シーズンを最高の形で終え、
行かなければいけない」
~中文省略~

また、気になる新天地に関しては、レアル・マドリーがテベスに強い興味を示していると
伝えられているが、テベス本人はプレミアリーグに残りたいと語っている。
「オレの家族がイングランドに不満を抱いているというのは正しくない。
そしてオレがスペイン行きを望んでいるというのも真実ではない。
オレの4歳の娘は英語を学んでいるし、妻もイングランドの生活に満足しているんだ」
~中文省略~

「オレは、アーセナルでも、シティ、チェルシー、リヴァプール、
エヴァートンでもオレは移籍する。ユナイテッドのファンには彼らのサポートに感謝したい。
彼らはオレにとって特別な存在だよ」
:Goal.com


まことに残念。

本人の残留発言や、チームメートの残留を望む発言が多かっただけに

このまま残留かと思われたが、もう無理か。

テベスの献身的なプレースタイルは見ているだけでテンションがあがるのだが、

来期からそれが見られないのは非常に悲しい。

どちらかというとベルバよりも好きな選手だっただけにマジで残念。

ルーニーとのコンビプレーも今期で見納めか

頼むよファギー! 

そして頼みはお前だけだ ルーニーよ!!


“ニステルローイ”でも狙うか ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

やっぱり白いところか!?


R・マドリー、C・ロナウドの背番号を認定?!

夏マンチェスター・UからR・マドリーへ移籍が噂されるC・ロナウド。
R・マドリー側はC・ロナウドへの背番号を決定しているようだ。
すでにC・ロナウドは独自のブランド、
“CR9”をポルトガル政府に商標登録しているとされている。

R・マドリーの背番号7はラウルが背負っているため、
C・ロナウドに譲るとかは考えにくい。
背番号9はサビオラが付けているが、今季限りで退団が確実だ。
AS紙によると、すでにR・マドリーマーケティング部が、
背番号9のユニフォームの販売戦略をプランニングしているとしている。

歴史的にもR・マドリーの背番号9は、ディ・ステファノ、ウーゴ・サンチェス、
サンティジャーナそして近年ではロナウドが付けるなど伝説の背番号となっている。
2006年12月にロナウドが退団して以降は、
ソルダード、サビオラが9番を背負ったが期待に応えることができていない。
C・ロナウドが付けることで失った価値を取り戻したいところだ。

背番号は9で確実となりそうだが、まだ未確定なのが選手登録名。
“C・Ronaldo”か“Ronaldo”の決定が残っている。
C・ロナウド獲得を見込み、
すでにクラブ内部では来季に向けての準備が着々と進んでいることは確実のようだ。
:欧州通信


今回ばかりは確実っぽいな。

マンUがバイエルンのリベリーに6300万ユーロの

オファーを出したという話もあるし・・

少し前に、ファギーがロナウドのことを非難した経緯もある。

CLやプレミアでの得点は貴重だが、“気持ちここにあらず”ならば、

チームのためにも移籍したほうがいいのかも。

テベスが抜け、ロナウドも抜けることになると、マンUにとってはかなりきつい。

しかし、今までもチームは破壊と再生を繰り返してきた。

ファギーならばこの局面を必ずや乗り切ってくれるだろう。

来年ファギーが引退なんて事態になれば、それこそ大ピンチだが。

やっぱり頼みはお前だけだ ルーニーよ!!


“カカ”でも狙うか ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【チャンピオンズ】準決勝2ndレグ バルサvsチェルシー【リーグ】

チャンピオンズリーグ準決勝2ndチェルシーvsバルサ

2ndレグのスコアは1-1。

イニエスタ劇的同点弾で、バルサのアウェーゴール勝利。

試合はチェルシーペースだっただけに、

バルサは微妙な判定に助けられた試合だった。

とはいえ勝ったのはバルセロナ。敗者の弁は誰も聞かないのだ。

決勝は期待していた好カード “マンUvsバルサ”

あがるっ!!これ以上のカードはこの先10年は見れないだろう。

頼むぜルーニー、そしてファギー。


ドログバもランパードも怒ってたな。しかしコレもフットボール ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/05/08 01:12 ] チャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

ひとまずHAPPY


ルーニー、決勝進出を喜ぶ

マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーが、
5日に行われたCL準決勝でアーセナルに勝利し(3-1)
決勝進出を決めたことを喜ぶと共に、チェルシー、
バルセロナのどちらが決勝に進出しようと気にしていないとコメントしている。

試合後、ルーニーは『スカイ・スポーツ』で次のように語っている。
「全員が喜んでいる。今夜の我々は偉大なパフォーマンスをした。
完全に決勝進出に値すると思う」
「我々は良い時間にゴールを奪うことを望んでいた。
そして、ありがたいことにゴールを奪うことが出来たね」
「1ゴール決めることが出来れば、
さらにもう1、2ゴール決めるチャンスがあると理解していた。
アーセナルはゴールを奪うために前に出なければいけなくなるからね」
「我々が2点目を決めたとき、試合は本当に決したと思ったよ」

また、チェルシー対バルセロナの試合については、次のように述べている。
「どちらが勝ち上がってきても、倒すことが出来ると思っている。
決勝の相手がどちらでも、難しい試合になると理解しているよ」
:Goal.com


ルーニーも喜んでるね。退場にもならなかったし・・

2年連続決勝進出、そしてチャンピオンズリーグ連覇も見えはじめ

あと1歩のところまできたマンU。

決勝の相手は今日のバルサvsチェルシー戦で決まるが、

なんとしてでも勝利でシメテ戴きたい

マジで頼む! ルーニー、そしてファギー!!


来いッ“マンUvsバルサ” ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/05/07 01:07 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

【チャンピオンズ】準決勝2ndレグ 客帰る【リーグ】

090505チャンピオンズリーグ準決勝2ndアーセナルVSマンU


09年日5月5日アーセナルvsマンチェスターユナイテッド

ついにCL2ndレグが始まる。

先日のプレミアでは両チームとも勝利を挙げているだけに、

今日の戦いにはいいモチベーションで入ってきている。

途中交代で肋骨怪我が心配されていたリオも、スターティングメンバーに

名前があり何とか一安心。

アーセナルもファン・ペルシーが間に合い、嫌な存在になりそうな予感。

泣いても笑ってもファイナリストはコレで決まる。

頼んだぜルーニー、そしてファギー。


【前半】
前半の序盤に連続して得点が決まり、気持的にも楽な展開に。
我等がルーニーは右のウォルコットを完全に押さえ込み、格の違いを見せ付けた。
CBのヴィディッチ、リオのコンビも抜群の安定感をみせ、
相手に得点を許す気配は全くなかった。
アウェーでの2点先制は相手の気持ちを折ったに違いない。

前半8分:ロナウドからマイナスのボールをパクが拾い、スリップしながらのシュート。
      ゴオオオオオオオオオオオオオル!!
      序盤でのこの1点はかなりでかい。
      しかもアウェーゴール。これでアーセナルは3点以上取らないと勝利はない。
      ヨシッ!ナイスだぜパク。これで0-1

前半11分:ロナウドのFK。 
      得意のブレ球で放たれたシュートは、アルムニアの手をすり抜けそのままゴールへ。
      エクセレント!!
      しかしロナウド、大舞台に強くなったな。0-2

前半32分:またもやロナウドのFK。
      距離はあったが、凄まじい変化でゴールへ。
      これはアルムニアにセーブされたものの、今日のロナウドはノッてる。うん

【後半】
ベッカムも試合観戦。
そして観客席でも何かあった感じで始まった後半戦。

後半52分:パクのスルーパスにロナウドが反応し、そのままシュート。
      アルムニアに阻止されるものの、後半もマンUペース。

後半61分:パクのドリブルからカウンタースタート。
       パク→ルーニーへ流れるようなパス。ルーニーがそのままゴール前まで持ち込み
       シュートかと思われたが、走りこんできたセンターのロナウドに絶妙パス。
       そのボールをロナウドがきっちり決めて0-3。
       ルーニーは周りが見えてるな。パク、ロナウドが点を取っている中、“俺も俺ものエゴ”
       ではなく“チームのためにの献身”
       熱いプレーの中にある冷静な判断。すぱらしい

後半72分:右サイドからベントナーがオシェイをかわして、そのままシュート。
       ゴールにはならなかったが、気持ちは入っていた。
       しかし、マンUの勝ちは揺るがない。

後半74分:フレッチャーがペナルティエリアでセスクを倒し1発レッド。
       マジで!そこまで悪質か
       PKはファン・ペルシーが決めて1-3

YES、イエス、イェス!!

勝ったぜ。ついに決勝進出が確定。

明日の試合結果で相手が決まるが、相手はバルセロナがいいな。

目の覚めるような打ち合いを期待したい。

そして最後に笑うのはマンUってことで。


ルーニーの存在感が増す一方、毛量感が・・ ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/05/06 05:38 ] チャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

今日のCLの前に ブレイク


マンUがクラブ世界ランキングで1位 2位にバルサ

マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、
国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が選ぶ最新の世界クラブランキングで
1位に輝いた。また、2位にはバルセロナが選出され、
以下3位チェルシー、4位ボカ・ジュニアーズ、5位アーセナルと続く結果となった。
:sports navi


今日のCL準決勝2ndレグの前に、景気のいい記事があったのでそれを。

ランキング1位対5位。

ランキング2位対3位。

チャンピオンズリーグは本当に見ごたえのある祭りだね。

10位内は以下のとおり。

1位:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)  302.0
2位:バルセロナ(スペイン)             282.0
3位:チェルシー(イングランド)           254.0
4位:ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)       253.0
5位:アーセナル(イングランド)           245.0
6位:リバプール(イングランド)           240.0
7位:ディナモ・キエフ(ウクライナ)         227.0
8位:ハンブルガーSV(ドイツ)           226.0
9位:サンパウロ(ブラジル)             223.0
10位:シャフタル・ドネツク(ウクライナ)      218.5

イングランドはスゲーな。

それに比べてイタリアは10位以内に1チームも入っていない。

大丈夫か!?


あのころの強いイタリアはどこへ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

800試合といわず1000試合を目指せ


ルーニー:「ここでキャリアを終えたい」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するFWウェイン・ルーニーが、
クラブに対する愛情をアピールしている。
同選手は自身のキャリアをユナイテッドで終えるつもりでいるようだ。
ルーニーが『サンデー・テレグラフ』のなかで、以下のように語っている。

「僕はここで幸せを感じている。いつでも新しい契約にサインするつもりだ。
残りのキャリアをここで過ごしたいね。
クラブが望むときにいつだってサインするよ」
すでにユナイテッドで200試合以上に出場しているルーニーは、
ライアン・ギグスの出場試合数を目標としているようで、
「少しでもそれに近づきたいね。そうなれば本当にハッピーだよ」と話した。
また、去就が注目されているFWテベスの残留を願っていると述べている。
「僕は彼とのプレーが好きだよ。彼に残ってもらいたいね。
僕の考えだと、チームには4人のストライカーが必要なんだ」
:Goal.com


最近ルーニーからこういった発言が出ているが、

何回聞いてもうれしい限り。

テベスの残留発言もさすがルーニーの一言。

ルーニー、テベスが来シーズンもそろってプレイすることを熱く希望する。

頼んだぜファギー!!


テベスの毛量たるや・・ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/05/04 10:42 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

クラシコ

レアルマドリードvsFCバルセロナ

伝統の一戦。クラシコの様子がハンパなかったので、

マンUねたとは全然関係ないが書きます。

結果は2-6でバルサの圧勝。

先制点をイグアインのヘッドで奪われどうなることかと思われたが、

アンリのシュートで1点を返し、その後のFKからカタルーニャの魂・プジョルが

ヘッドであわせ1-2と逆転。

さらにガゴに得点を許すものの、アンリ1点、メッシ2点、ピケ1点と

トータル2-6でバルサが快勝。

クラシコでここまで得点差が付くこと自体珍しいが、

バルサの攻撃力はマジでやばかった。

今期のリーガはバルサの優勝で間違いないだろう。

そしてCLでバルサが勝ち上がってきた場合、マンUにとって脅威になることも

間違いない。

マンUのDF陣をもってすれば大量点を取られることはないが、

無失点で抑えることは難しいだろう。

今日見た限りでは美しく勝つサッカーをチームで体現し、

結果も残すという恐ろしい状況になっていた。

この勢いが続けば、チェルシーを粉砕しマンUの前に立ちはだかるのは

FCバルセロナに決まりだな。


イニエスタ動きやばい ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2009/05/03 05:26 ] 4スキンズ | TB(0) | CM(0)

【プレミア】第35節 まったり勝ち【リーグ】

090502プレミアリーグ35節_ミドルズブラvsマンU


09年日5月2日ミドルズブラvsマンチェスターユナイテッド

過密スケジュールの中行われたミドルズブラ戦。

CL2ndレグが控えているため戦力を落としてくると思いきや、

ファンデルサール、ロナウドを休ませたぐらいで、ほぼベストメンバー。

この試合の目玉はトップに入った“マケダ”と

“スコールジー”、“ギグシー”が横に並んだ中盤。こりゃたまらん

ルーニーももちろん先発だし、とにかく怪我しないように勝ってくれ!!


【前半】

マンUペースで進み、今日の試合の結果を早くも予感させる立ち上がり。

ミドルズブラも降格がかかっているだけにもっとガツガツくると思ったが、

気迫が感じられない。今日は余裕か!

前半25分:ゴール前でパスをまわしたマンU。そのボールがギグシーの
       足元に収まりそのままシュート。
       一瞬時が止まったかのような美しいシュートが、ゴールに吸い込まれる。
       ゴール!! 0-1

【後半】

後半10分、マケダに代えてテベス。

マケダはまだまだ若い。流れの中でコンスタントに活躍するには

まだ時間がかかるな。

試合にでて他のメンバーと連携が取れてくれば、これから面白いことになりそう。

後半48分のルーニーとの絡みはなかなか良かった。

逆に後半から入ったテベスは相も変わらず縦横無尽に走りまくる。

“静のベルバ”、“動のテベス”この競演がマンUのおもろいところ。

テベスは放出すんなよファギー。

後半51分:ルーニーの絶妙スルーパスにパクがあわせる。
       これまたナイスシュート。
       ゴール右隅に突き刺さった。0-2

その後、ミドルズブラにも何度かチャンスがあったものの、恐れるに足りず。

勝利への執念が感じられない攻めなど怖くない。

90分のホイッスルで試合終了。

ルーニーのゴールはなかったものの0-2で危なげなく勝利。

いよいよプレミア連覇が見えてきた。


CLとプレミア両方いただき ポチっと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。