ルーニーが全ての穴を埋めるだろう


FWでのプレーを望むルーニー

クリスチアーノ・ロナウドとカルロス・テベスがユナイテッドを去ることが決定した。
しかし、ウェイン・ルーニーはFWでプレーできるチャンスが増えると喜び、
ユナイテッドの得点源としてさらなる活躍を誓っている。
:manutd.jp


バレンシアの移籍が間近に迫っているが、

われらのルーニーはテベス、ロナウドの抜けた穴を1人で埋めようとしている。


「ロナウドは本当に凄い選手だ。彼はどんな形からでもゴールを決めるから、
チームは彼にボールを集めた。
ロナウドをフォローすることがユナイテッドの勝利につながることを誰もが理解していたからね。
しかし、そのロナウドはいなくなってしまった。
これからはチームに残っている選手たちがもっとたくさんゴールを決めなきゃいけないんだ。
でも、僕はこれから多くのゴールを決める自信がある。
もしファーガソン監督が僕をFWで起用してくれれば、きっちりと結果を残せると思うよ」
:manutd.jp


なんとも頼もしい。

左サイドを起用にこなしていたルーニーだが、

自分の居場所はCF以外にないと思っているようだ。

アトレティコのアグエロ、リヨンのベンゼマ、バレンシアのビジャ等の

名だたるFWを獲得しようとも、

最善の補強はルーニーのモチベーションアップかもしれない。

このオトコ、ファギーの起用しだいでは40点取るんじゃねーのか!!


髪より髭の方が濃いとか、濃くないとか ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


ついに出た 2009-10シーズンのホーム用新ユニホーム

楽しみにしていたのだが

こうきたか・・

新ユニフォームはこちら


ヤフオクにでてたユニフォーム だいぶ前からコレを知ってたのか!? 
ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

初ユナイテッドカフェ!!

manu_cafe1.jpg

manu_cafe2.jpg

manu_cafe3.jpg

manu_cafe4.jpg

manu_cafe5.jpg

地下の店だけど意外とすんなり見つかった。

店の雰囲気もいい感じだし、店員さんもものすごく感じが良かった。

そしてCarlsbergがうまかった(笑

マンU関連のアイテムは一見の価値あり。


Shop Info:
Manchester United Cafe Bar 二子玉川
東京都世田谷区玉川3-9-10 マノア玉川第2 B1
Tel: 03-5797-5607
東急田園都市線・大井町線「二子玉川」駅下車、徒歩2分


女性店員さんの感じがよかった ほめすぎか ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

違約金史上最高1360億円


C・ロナウド、違約金史上最高1360億円

スペインリーグ・Rマドリードへの移籍が内定したポルトガル代表FWの
C・ロナウドについて、6年間の契約期間中に移籍する場合、
レアルが違約金(移籍金)として史上最高額の10億ユーロ(約1360億円)を
設定したと、24日付スペイン紙マルカが報じた。
ペレス会長は「中東の富豪がバックについたクラブに引き抜かれるのを防ぐため」
と説明しているという。
:サンケイスポーツ


ギャグかよ!!

1360億円って、コリャ誰も手出せねーな。

しかし、こんな設定の仕方ってありなんだ。


ルーニーも2000億ぐらいに設定すればいい ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ク--------------ン


ユナイテッド、アグエロに6000万ユーロ?

アトレティコ・マドリーはビッグクラブからの関心が絶えないFW
セルヒオ・アグエロとFWディエゴ・フォルランについて、
あらゆるオファーを受け入れることはないとの意向を明らかにしている。
だが、スペイン『マルカ』が報じたところによると、
レアル・マドリーにFWクリスティアーノ・ロナウドを放出することが決まっている
マンチェスター・ユナイテッドが、アグエロ獲得に6000万ユーロを用意しているようだ。

ユナイテッドにとって大きいのは、アグエロのマネージメントを務める
IMG社との関係が良好な点。C・ロナウドだけでなく、
マンチェスター・シティへの移籍が濃厚なFWカルロス・テベスの代役としても、
アグエロは理想的な人材だろう。報道によると、
アグエロ本人はユナイテッド移籍に反対していないと言われる。

そこで、ユナイテッドがアグエロ獲得に向けて動くかもしれないという。
アグエロの契約解除金は6000万ユーロに設定されており、
アトレティコ側が移籍交渉に応じなければ、それだけの
金額を支払うというのだが・・・
:Goal.com


獲れたらやばい

今後の動きに注目!!


ルーニー、アグエロのツートップ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

09-10シーズンのホーム用ユニホーム全貌


ホームユニホームの予約開始

09-10シーズンのホーム用ユニホームの一般予約が来週から始まる。
ただ、ネットではすでに予約可能だ。
オールド・トラッフォードは来シーズン築100年を迎えるが、
新シーズンのユニホームはそれを称えるように、
建築当時に着用していたユニホームの一部デザインを反映している。

選手がこのユニホームをまとうのは、来月に行われるアジアツアーとなる。
7月16日の試合から着用予定だが、
その頃にはユニホームがファンのもとへ配達されるだろう。
~以下省略~
:manutd.jp


09-10シーズンのユニフォームデザインが変わるのは知っていたが、

やはりお披露目はアジアツアーになりそう。

予約のページを見たがこんな感じ。

予約したいのはやまやまだが、この情報量ではまだなんとも・・・

ヤフオクに出ているパチもののデザインと同様ならいらね。


新ユニにリオは“刺激を感じる”らしい ほんとかよ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

よくぞ決断した俊輔!!

俊輔のエスパニョール移籍がほぼ決定した。

セルティックとの契約が今夏で切れ、

横浜マリノス復帰が確実とされていたが、

この漢はあえて試練の道を選んだ。

天晴れ!!

カターニアの森本もそうだが、

厳しい環境に身をおく、日本の未来たちに乾杯。


俊輔の決断に感動した ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

2009コンフェデレーションズカップ開催中

現在行われているコンフェデレーションズカップ。

昨日の南アフリカvsスペインもおもろい試合だった。

今日行われるイタリアvsブラジルも見てー!!

しかし、放送開始は3:20・・

放送スケジュールはこちら


民放でやってくれるフジに感謝 ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

2009-CLファイナル-オフィシャルプログラム

2009_cl_prpgram2.jpg

2009_cl_prpgram1.jpg

やっと届いた。

Jスポーツオンラインショップで買った、オフィシャルプラグラム。

歴史に残る対戦だっただけに、どうしても手に入れたかった。

しかし、送料込みで5250円とは・・

現地でからの取り寄せは高ーな。

歴史を買ったと思えば、やすいもんか


来年優勝希望 ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

GOOD BYE “テベス”  マンU残留が消滅


ユナイテッド、テベス退団を発表

マンチェスター・ユナイテッドが、FWカルロス・テベスの退団を正式に発表した。
2年間のレンタル契約が満了となった同選手は、これから新天地に向かうことになる。

同クラブの公式HPには、以下のように記載された。

「昨晩(19日)、カルロス・テベスのアドバイザーとコンタクトを取り、
最終的な交渉が行われました。マンチェスター・ユナイテッドは、
カルロスと新しい契約を結ばなかったことを発表します」
「クラブは2550万ポンドのオプション価格と、
選手本人に5年契約を提示しました。
しかし、最も成功したシーズンのひとつを楽しんだにもかかわらず、
彼はマンチェスター・ユナイテッドに留まりたくないことを伝えています」
「クラブは2年に渡って貢献してくれたカルロスに感謝を示します。
そして、彼の将来の幸運を祈っております」

これで残留の可能性が消滅した。
加えて、前日の報道でリヴァプール移籍の可能性もないと伝えられているため、
マンチェスター・シティかチェルシーへの移籍が濃厚になったと考えられる。
:Goal.com


ついに正式発表がでた。

これでテベスのマンU残留がなくなった。

残念。ほんとうに残念。

ありがとうテベス。

そして、リヴァプールにはいかないでくれよ。

チェルシー、シティも微妙だが・・


エトーかベンゼマか ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ



マンUのGK獲得物語 -カシージャス編-


マンU、C・ロナウドの移籍金でGKカシージャス獲得か

英紙『デイリー・メール』によると、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、
今年の10月で39歳になるGKエドウィン・ファン・デル・サールの後継者として、
レアル・マドリーのGKイケル・カシージャスに注目しているという。

 マンUは引退間近とささやかれているファン・デル・サールの代役を探していた。
そこで“レッド・デビルズ”(マンUの愛称)が目をつけたのが、
世界最高レベルのGKの1人と称されるイケル・カシージャスであったようだ。
とはいえ、マンUはカシージャスのレアル・マドリーに対する特別な思い入れ
についても十分認識しており、移籍は困難であることも承知の上で、
「レアル・マドリーが拒否し難いほどの破格のオファー」を検討しているという。

 同紙によると、マンUはクリスティアーノ・ロナウドの移籍金である
8000万ポンド(約127億円)の大部分をカシージャスのオファーに
投じる意向であるという。マンUのアレックス・ファーガソン監督も、
「カカとクリスティアーノが加入した新生レアル・マドリーは
どんな選手にとっても素晴らしいチームだろうが、カシージャスにとっては、
“欧州のもう1つの強豪”でプレーすることも魅力的であるに違いない」と
獲得に自信を見せているという。
~以下省略~
:sports navi


今日はGKの移籍の話題。

ファンデルサールの代役探しは急務だが、“カシージャス”とはこれまたびっくり。

正式発表があるまではどんな情報も推測の域を出ない。

しかし、カシージャスのマンU加入は、考えただけでもぞくぞくする。

記事にもあるとおり、カシージャスがレアルを離れるとは到底考えにくいが、

カカの移籍、C.ロナウドの移籍で金を相当使っているだけに

金額しだいでは本当に何とかなるのかも。

レアルから9~10人が放出され、その金で莫大な移籍金をまかなう

つもりらしいが、レアルから選手が移籍する話はまだ出ていない。

計画通り移籍金が回収できなければ・・・ あり得る

あり得るぞこりゃ。

117億でカシージャスを獲得し、10億でファンニステルローイを獲得。

これでチャラってことで。

いずれにせよ、GKは獲らないとまずいな。


最近ルーニーの話題を全然扱ってない。現在の生え際も不明 ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

テベス移籍問題 あとは選手本人との合意か


ユナイテッド、テベス完全獲得で合意?

イギリス『サン』が報じたところによると、マンチェスター・ユナイテッドが
FWカルロス・テベスの完全獲得に向け、同選手の保有権を持つMSI社と
2600万ポンドの移籍金で合意に至ったという。報道が事実なら、
テベスが完全にユナイテッドの選手になるために残されるのは、
選手本人との年俸面での合意だけとなる。

テベスはこれまでの2シーズンで週給9万5000ポンドを手にしてきたとみられるが、
FWディミタール・ベルバトフやDFリオ・ファーディナンドといった選手たちのように、
11万ポンドを要求していると言われる。

ユナイテッドがサラリーに関してテベスと合意できなかった場合、
同選手にはマンチェスター・シティやチェルシーといったクラブが関心を示している。
だが、リヴァプールに移籍する可能性はないようだ。
イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、テベス本人がユナイテッドのライバルである
リヴァプールへ移籍する可能性を排除しているという。
:Goal.com


コレが最終!?

本当だったらマジでうれしい。

残留を切に願う。


移籍のニュースは疲れるわ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

日本代表のワールドカップベスト4って


日本のプレーについて、何か変わったところは感じられたか?(日本人記者)

日本は中村俊、中澤らキーになるプレーヤーを3人も欠いていたということもあったが、
それにしてもいいチームだし、ここまで岡田さんはよくやっていたと思う。
(オーストラリア ピム監督)
:sports navi


今日のオーストラリアvs日本、試合後の会見でのコメント。

戦前の会見から強気な姿勢だったが、試合後も言われるがままである。

あまり日本代表の話題を取り上げようとは思わないが、

岡田監督の掲げるW杯4位以内がどうしても引っかかるんで書いてみようかなと。

そもそも4位に入ることは、どれだけ困難なことなのだろうか。

2006年のドイツワールドカップだと、

出場チームは1グループ(4チーム)×8、トータル32チーム。

そして、4チーム総当りで上位2チームが決勝トーナメントへ。(32チーム→16チーム)

その後、1回戦(16チーム→8チーム)、準々決勝(8チーム→4チーム)、

準決勝(4チーム→2チーム)、最後に決勝を戦い優勝チームが決まる。


ベスト4に入るということは、準決勝まで進むということ。

すなわち4チーム総当りのグループリーグを2位以内で突破し、

1回戦、そして準々決勝突破が絶対条件。

今まで日本は1998年(フランス)、2002年(日韓)、2006(ドイツ)と

3大会に出場し、2002年の1回戦進出(ベスト16)が最高の成績となっている。

しかし、それ以外の大会では2回ともグループリーグ敗退。

やはりベスト4の壁は高い。

現在のFIFAランキングの上位を見ても

2009年6月3日付
1 スペイン
2 オランダ
3 ドイツ
4 イタリア
5 ブラジル
6 イングランド
7 アルゼンチン
8 クロアチア
9 ロシア
10 フランス
11 ポルトガル
12 トルコ
13 パラグアイ
14 アメリカ
15 チェコ
16 スイス

29 オーストラリア

31 日本

上位はすごい。特に10位までは強豪ぞろい。

今日の試合で29位のオーストラリアに負けてるのにもかかわらず、

10位以内のチームに勝てるとは到底思えない。

ということは、運良くベスト16に入ることが出来ても、

ベスト8は相当難しいということになる。

運だけではベスト8は無理だろ。

ベスト4になるには世界に通用する実力が必要だろ。

今後10年の話しならいざ知らず、次のワールドカップではな・・・


本トの意味で強い日本になってほしい ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ファギーの希望はエトー


マンUのファーガソン監督、C・ロナウドの代役にエトー獲得を希望か

英紙『ザ・タイムズ』が13日に報じたところによると、
マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアレックス・ファーガソン監督は、
レアル・マドリーへの移籍がほぼ確実となった
クリスティアーノ・ロナウドの代役として、
バルセロナのサミュエル・エトー獲得に動くことを決めたようだ。
これまでC・ロナウドの代役には、オリンピック・リヨンの
カリム・ベンゼマ、ウィガンのルイス・アントニオ・バレンシア、
バイエルン・ミュンヘンのフランク・リベリーらの名前が挙がっているが、
指揮官自らはエトーを指名したようだ。

エトーについては、インテルのズラタン・イブラヒモビッチとの
交換トレードがうわさされていたが、バルセロナとインテルのトップ会談の結果、
この話は流れたと報じられている。
とはいえ、エトーを狙っているのはマンUだけではない。
マンUの地元のライバル、マンチェスター・シティ(マンC)も
エトーの獲得を狙っており、同紙はマンCがすでにバルセロナに対して
2500万ポンド(約40億5000万円)のオファーを提示したのではないかと
推測している。
いずれにしても、C・ロナウド、カルロス・テベスという
2人のFWを失う可能性が高いマンUにとっては、
一刻も早く彼らの穴を埋められる選手の補強が必要となっている。
:sports navi


次から次へと移籍話が持ち上がってくるな。

ビジャ獲得の噂の次は、エトーの獲得。そしてベンゼマも忘れてはいけない。

いやはや豪華な顔ぶれ。

最終的な移籍が決まるまで、まだまだ楽しめそうだ。

オレ的にはレアルのロッベン、そしてビジャでお願いします。

あっ エトーもください。


めんどうだから全部どりで ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

えっ マンUがビジャ獲り!? マンU移籍報道


ユナイテッド、ビジャ獲得に英国史上最高額を提示か

レアル・マドリー、バルセロナが獲得に関心を示していると
伝えられるバレンシアFWビジャ。
しかし、イングランド『The Daily Mirror』によると、
マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグ史上最高額となる
5280万ユーロのオファーを用意し、ビジャ獲得を争う準備を進めているという。

一度はレアル・マドリー移籍間近と報じられたビジャだが、
バレンシアが要求額をアルメリアFWネグレド+3000万ユーロにつり上げたことで、
一転交渉は暗礁に乗り上げたとみられている。
それ以降、バレンシアはバルセロナとの交渉を重ねていると伝えられている。

なお、これまでのプレミアリーグ史上最高額は、
昨年夏にマンチェスター・シティへ移籍した
ブラジル代表FWロビーニョの3820万ユーロとなっている。
:Goal.com


この話が本当なら喜ばしいかぎり。

しかし、移籍市場には情報戦がつきもの。

どこまでが本当なのだろうか。

もし、ビジャの加入が実現すれば、ベルバの居場所が微妙になる。

それでもルーニーとの共存は是非見てみたいものだ。

ファギーの構想やいかに


いいぞマンU!横やり大歓迎 ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

えっ ビジャも決まり!? レアル・マドリード移籍報道


ビジャ、R・マドリーと契約とスペイン紙報じる

バレンシアのスペイン代表FWダビド・ビジャ(27歳)が4000万ユーロ(約55億1700万円)で
レアル・マドリーと契約した、とスペインのマルカ紙が13日に報じた。

同紙はレアル・マドリーとバレンシアの関係筋の話として、
両クラブは条件の詳細を詰めており、まもなく公式発表されることになると報じた。

マドリーのフローレンティノ・ペレス会長は、第二期「銀河系」チームのために補強資金として
2億ユーロ(約275億円)を用意していると言われ、
ビジャの移籍が実現すれば、
カカ、クリスティアーノ・ロナウドに次ぐワールドクラスの補強となる。
:FOOTBALL WEEKLY


マジで!?

本とに移籍すんの。

白いところはどうなってんだ。


カカロナビージャ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ロナウドよ そういうことか

ヤフーニュースにも載っていたが、

レアル移籍が決まった男の注目度はやはり高かった。

おい!パリス!!いろいろ見えてんぞ

そしてこの動画も

真意はどうであれ、フットボールの光と影と・・


カカはこんなことしねーだろな ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ロナウドがついに白いチームへ まじかよ


C・ロナウドの後釜にロッベン?

マンチェスター・ユナイテッドMFクリスティアーノ・ロナウドの
レアル・マドリー行きが濃厚になった(関連ニュース参照)ことを受けて、
ユナイテッドが同選手の代役探しに動くことも確実になった。

そこでユナイテッドは、レアル・マドリーから
MFアリエン・ロッベンを獲得できないかと考えているようだ。
先日、ロッベンの父親であるハンス氏は、
レアル・マドリーのホルヘ・バルダーノGM(ゼネラル・マネージャー)と
会談を行った。そして、何も決まっていないことを明かしている。

レアル・マドリーのC・ロナウド獲得が実現すれば、
ロッベンのポジションが危うくなるのは確か。
同選手の移籍の可能性が急激に高くなったのは間違いないだろう。
:Goal.com


ついにC.ロナウドの移籍が確定したようだ。

レアルに行くだ、行かないだとうだうだやっていたが、

今回で決着がついた。

確かに、バロンドール受賞者でもあるC.ロナウドの移籍の影響はでかい。

しかし、去年はともかく今期のロナウドはFKでの得点力は高いものの、

ドリブル突破からチャンスを作ることが少なかった気がする。

というよりも、相手との接触ですぐに倒れ、ファールをもらいにいく場面が

非常に多かった。

これでは相手DFに脅威を与えることはできない。

触れて倒れる相手など、怖くはないだろう。

さらには守備。ロナウドはマンUにおいて守備を免除された存在。

ルーニー、テベスをはじめ、前線からのプレスが信条のマンUで

守備を免除されたのは、それを補って余りある攻撃力があったからこそ。

今期の得点力で守備の免除はチームにとってきついだけ。

とはいえ、大舞台に弱いといわれ続けてきたロナウドが、、

CLのポルト戦やアーセナル戦で決めたシュートは本当にすばらしかった。

そして、魅せるプレーで観客を魅了したのもこれまた事実。

まあ、変化の周期が来たということで・・ 

来期のマンUには、ロナウド抜きでの高いパフォーマンスを期待したい。

あっ、あと大事な話題が1つ。

そのロナウドの後釜候補に名前が挙がっているのが、

オランダのスピードスター“アリエン・ロッベン”

彼こそ俺のなかの4スキンズの1人。

是非、マンUに来て頂きたいものだ。

待ってるぜロッベン。

そして、代表戦でも絶好調のルーニーもがんばれ。


若いのに苦労人“ロッベン” ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ベルバは大丈夫だろう


代理人:「ベルバトフは残留する」

昨夏にマンチェスター・ユナイテッドに加入したFWベルバトフは、
期待に応える活躍を披露することができないままシーズンを終えた。
そのため、ユナイテッドでの将来は不透明だと伝えられていた。
しかし、同選手の代理人は移籍の報道を否定し、
来シーズンも同クラブでプレーするとコメントしている。

英国の通信社『Teletext』に代理人は、
「多くの憶測があるが、私はディミタール(・ベルバトフ)が来シーズンも
マンチェスター・ユナイテッドでのプレーを望んでいることを明らかにしたい。経営陣からもチームを離れるように伝えられていない」と、明かしている。
:Goal.com


こっちは大丈夫だろう。

あんまり心配かけんなよ。


男前薄毛 ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ





Cに行ってしまうのかテベス・・


テベスのシティ移籍が合意か

マンチェスター・ユナイテッドへのレンタル期間が終わったFWカルロス・テベスは、
マンチェスター・シティに移籍することになりそうだ。
イギリス・ラジオ番組は、テベスがシティに加わることで合意したと報じている。
ユナイテッドで印象的なプレーを披露したテベスだが、
より多くの出場機会を求めて不満を持っていた。
そこで、移籍が濃厚となっていた同選手に多くのクラブが関心を示していたところだ。

しかし、リヴァプールは財政的な問題で断念。
一方でシティはテベスの権利を持つMSI社を納得させることに成功したという。
まもなくと思われる正式発表が待たれるところだ。
:Goal.com


さらばテベス。これで決まりなのか!!

なにしとんねんファギー。


一方、白いところはカカビージャ。ゲームかっつって ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ウェストハムが売却・ニューカッスルにも売却話・リバプールも借金が・・

最近暗い話題が多い。

まずは、ウェストハムが資産管理会社CBホールディングに売却されたとのニュース!!

そして先日2部降格が決まったニューカッスルだが、今度は身売り話が出ている。

しかも値段は1億ポンド(約156億円)。

(金があったら俺も欲しい。)

ポーツマスの売却も決まったばかりだが、

ニューカッスルも同じ道をたどるのか・・

アラブの石油王あたりが買うのかな。

リバプールの借金もすごそうだし、プレミアの再編がはじまるのか。

マンUも人ごとじゃねーぞ こりゃ。


最近毛の話題がないな。ニューカッスルシアラーでも ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【イングランド】結局GKには・・【代表】


イングランド、2位クロアチアとの差を広げる

2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会の欧州予選、
イングランドはアウエーでカザフスタンに4-0で快勝した。
同予選での成績を6戦全勝としたイングランドは、
ホームでウクライナと引き分けた2位クロアチアとの勝ち点差を7ポイントとし、
グループ6の首位をしっかりとキープした。
~以下省略~
:MARCA.COM


カザフスタンとの一戦。

気になるGKは、ウェストハムのロバート・グリーンが先発。

そして試合はというと0-4でイングランドの圧勝。

ルーニーも点を決め、テンション上昇。

W杯出場は無問題。

“カザフスタンvsイングランド動画”
ルーニーのシュートマジでハンパねー

Group 6順位表

          勝点
イングランド   18
クロアチア    11
ベラルーシ    9
ウクライナ     8
カザフスタン   3
アンドラ       0
  

日本は4位にはいれんのか?世界の壁は厚いぜ ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【イングランド】かぺっろに間違いは無い【代表】


イングランド代表カペッロ監督、先発GKは試合当日決定

イングランド代表は6日にアウェイでカザフスタンとW杯予選を戦うが、
ファビオ・カペッロ監督は負傷で今回招集されていない
GKデイヴィッド・ジェームズの代わりに起用する選手については
当日午前に決定するようだ。

候補にはウェストハムのロバート・グリーン、
元正GKでブラックバーンのポール・ロビンソン、
ウェストブロムのスコット・カーソンの3人がいる。
「おおよそのところは決めたが、最終決定は明日の朝にする。
ここに来ているゴールキーパーは全員がコンディションはいい」と、
5日の記者会見で話した。

イングランドは予選5試合を全勝しており、アルマティでの試合と、
10日のウェンブリーのアンドラ戦に勝てば、突破はほぼ確定的だ。
カペッロ監督は、「私にとってこの2試合は非常に重要だ。
南アフリカへ行くまでの最も重大な道のりとなる」と話し、
格下と言われる相手との対戦を前に気を引き締めた。
:FOOTBALL WEEKLY


かぺっろが言うんだから間違いないだろう。

(正直3人のキーパーがどの程度かを語れるほど知らない・・)

ユーロ2008に出場できなかったイングランド代表だが、

2010ワールドカップ出場はほぼ確実だろう。

Group 6では負け無し、ブッチギリだもんな。

ルーニーも代表戦での復活を誓ってるし、いい結果を残して

来シーズンに備えてほしい。

Group 6順位表

          勝点
イングランド   15
クロアチア    10
ウクライナ     7
ベラルーシ     6
カザフスタン   3
アンドラ       0
  

ジェラードとルーニーの共存 意外と仲いいな ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

今夏の移籍市場に望むこと

シーズンが終了し、移籍の話題が紙面を賑わせている。

超一流選手の流出から、若手の移籍まで、実現したら

マジでビビるような内容も多い。

そこで、マンUに獲得をぜひともお願いしたい選手を挙げてみたい。

NO.3:ユベントス “ジャンルイジ・ブッフォン”
   
   ファンデルサールも今年で39歳。そろそろ限界も近い。
   ブッフォンも32歳と決して若くはないが、あと5年はいける。
   ユーべの姿勢も今までよりゆるくなっているので、ブッフォン出さねーかな。
   マンUにはフォスターもいるが、まだまだこれからだな。


NO.2:バイエルン・ミュンヘン “フランク・リベリー”

   この男は多数のビッククラブから引く手数多だが、マンUにぜひとも欲しい。
   ロナウドがCL決勝後、移籍をにおわせる発言をしているだけに、
   放出なんてことになれば確実にゲットだろ。
   “フランスの新たなる将軍”をマンUに!

NO.1:マンチェスター・ユナイテッド “カルロス・テベス”
   
   そして1位はやっぱりテベス。
   テベス自身が移籍を希望している記事も出ているが、
   残ってくんねーかな。(マンUは金をガンガン払うべき。出場試合も保障しろ)
   来シーズンは、ルーニー&テベスの2トップで戦うマンUが見たい。

番外編 :インテル “イブラヒモ・ビッチ”  バルセロナ “サミュエル・エトー”

   バルサとインテルが交渉を続けているところにマンUが割っ入り、
   奪ってくみたいな
   

しかし、マンUは今のところ移籍に積極的な態度を示していないので、

若手育成路線でいくのかな。

いろんな意味でのサプライズに期待したい。


跳ね馬の復帰は・・・ ないな ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

マンUがニュースポンサーと契約


ユニホームのスポンサーが決定

ユナイテッドはエーオン・コーポレーションとのグローバル・パートナーシップ
及び基本的なスポンサー契約が合意に達したことを正式に発表した。
世界有数の保険アドバイザーであり、人材管理コンサルタントでもある
エーオン・コーポレーションとの契約は、2010-11シーズンから
スタート予定となっており、契約期間についてはまだ明らかになっていない。

スポンサー契約の一部には、エーオンがマンチェスター・ユナイテッドの
ユニホームに4年間、社名を入れる権利が含まれている。
今回の契約を公表するにあたり、ユナイテッドのCEOを務めるデイヴィッド・ギルは
次のようにコメントした。「我々はエーオンと素晴らしい関係を築くことができ、
また、そのロゴを2010-11シーズンからはユニホームに取り入れられることになって
非常にうれしく思っている」
:manutd.jp


こんな感じなのか!? ※あくまで想像で

新ロゴのっけただけ、荒くてすいません・・ でも2010-11シーズンからだもんな


マンU_ニューロゴユニフォーム


7月アジアツアーで新ユニお披露目? ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ナニもいた


残留を強調するナニ

今夏の市場でマンチェスター・ユナイテッドから移籍するのではないかと
噂されていたMFナニが、残留を強調している。
同選手は2007年に2000万ユーロの移籍金でスポルティング・リスボンから
ユナイテッドに加入した。しかし、レギュラーに定着することはできていない。
それでもナニは移籍を考えていないようで、
ポルトガル・メディアに対して次のように語った。

「僕の将来はもちろんマンチェスター・ユナイテッドだ。
連覇も果したし、また新しいタイトルも獲れた。
それはこういったクラブにいる特権だね」

「僕はサッカーをするために生まれてきた。
あまりプレー機会はなかったけど、十分いい感じだよ」

「マンチェスター・ユナイテッドから移籍することはないし、
レンタルもない。僕は契約満了を見届けるよ」
:Goal,com


ロナウドだ、テベスだ、ベルバトフだと騒いでいるが、

ナニもいますよナニも!!

がんばれナニ。

いい選手なんだから来期こそは存在感を示せ。ナニよ。


ナニが何でも ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

公式発表:アンチェロッティがチェルシーの新監督に


公式発表:アンチェロッティがチェルシーの新監督に

ミランを退団したカルロ・アンチェロッティが、チェルシーの新監督に就任した。
チェルシーは公式ホームページ上で、カルロ・アンチェロッティと
3年契約を結んだと発表した。
チェルシーと正式契約を結んだアンチェロッティは、
チェルシーTVで抱負を語っている。

「ミランでの経験は素晴らしいものだった。
ミランを率いた8シーズンで多くの成功を収めることができたからね。
しかしこれらはすべて過去のものだ。チェルシーでの挑戦は、
わたしにとって大きなチャンスになるだろう」

アンチェロッティは2009年7月1日から、ロンドンでの新たなチャレンジに挑戦する。
:Gazzetta.it


レオナルドのミラン監督就任の正式発表に続き、アンチェロッティの

チェルシー監督就任が正式に発表された。

カカやセードルフ、ピルロまでもがチェルシーに移籍するのでは

という話も出ているが、いいとこセードルフぐらいのような気がする。

それよりも、ベルルスコーニ、ガッリアーニの2トップの元を離れたアンチェロッティが

イングランドの地でどんな采配を見せてくれるかが楽しみだ。

ベニテスあたりと喧嘩しだすと、なお面白い。

レアル、ミラン、チェルシー、ユベントス・・ビッククラブの監督が

立て続けに変わる中、アーセナル、マンUなどは長期政権が続行している。

ゲームじゃないんだから、そんなに監督替えてもしょーがないと思うが、

長くても3年から5年が限界なんだろうな。

ファギーの23年、あらためて考えるとすげーよ。やっぱり

次の監督は大変だな。


森光子ばりにこのままずっと ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

今度はベルバトフか・・


ベルバトフに移籍の可能性

昨年夏にトッテナムからマンチェスター・ユナイテッドに加入した
FWディミタール・ベルバトフは、わずか1シーズンで移籍を検討しているようだ。
イギリス紙『デイリー・ミラー』によると、同選手はCL決勝でベンチに座っていたことに
大きく失望しているという。
特に放出が濃厚となっているFWカルロス・テベスよりも
出場機会が少なかったことで、チームからの信頼を得られていないと
感じているのかもしれない。
ベルバトフはテベスよりも先発した回数は2回多いが、
出場試合数ではテベスより8回少なくなっている。
ベルバトフは、昨年ユナイテッドが支払った3200万ポンドの移籍金に
見合った活躍を披露したいと願っているが、現状では難しいと考えているようだ。
:Goal.com


テベス、ロナウドに続き、今度はこのオトコが移籍を匂わせている。

3人が同時に移籍などしようものなら、FW3人分どうやって補填すんの。

しかし、ベルバの移籍はないだろうな。多分

何はともあれ夏の移籍市場に大注目!!


ぶっちゃけ、ベルバよりもテベス ポチッと
↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ