スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黄金の球を獲得するのは


バロンドールの最終候補者が発表

フランス『フランス・フットボール』は29日、
今シーズンのバロンドールの最終候補者10名を発表した。
昨シーズンのチャンピオンズリーグを制したバルセロナからは、
FWリオネル・メッシやMFシャビら4名が選出されている。
12月1日に栄えある賞を受け取るのは誰になるだろうか?

今回発表された10選手は以下のとおり。

ディディエ・ドログバ(コートジボワール/チェルシー)
サミュエル・エトー(カメルーン/バルセロナ→インテル)
スティーヴン・ジェラード(イングランド/リヴァプール)
ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/インテル→バルセロナ)
アンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
カカー(ブラジル/ミラン→レアル・マドリー)
リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンU→レアル・マドリー)
ウェイン・ルーニー(イングランド/マンU)
シャビ(スペイン/バルセロナ)
:goal.com 2009/11/29 22:51:32


メッシが有力と言われているが、

ルーニーがバロンドール獲得しねーかな。

押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーサイト

【プレミア】第14節 ポーツマスvsマンU なんか起きそう【リーグ】

091128プレミアリーグ14節_ポーツマスvsマンU

09年日11月28日ポーツマスvsマンチェスター・ユナイテッド
@Fratton Park

ファギーは例の審判問題でベンチ入りせず。

GK先発はクシュチャク。

FW陣はルーニーとスコールズ?になるのかな

最下位とはいえ、油断したらやられる。

しっかりと勝ち点3をとっていこう。

【前半ハイライト】
前半25分:PA内でルーニーが倒されPKを獲得。
      コレをルーニー自身がしっかり決めて0-1。
      今期8点目。今日はもっといける。

前半27分:今度はポーツマスのFKから一気にピンチ。
       ゴール前にボールを上げられるも、ポーツマスに得点は許さず。
       試合開始からポーツマスのチャンスが多いな。
       今日のマンUDFラインとGKが心配。

前半32分:マンU側PA内セットプレーで、クシュチャクがファールをとられる。
       どう見ても普通に競っているように見えたが、判定は覆らず。
       このPKをボアテンクが決めて、1-1。
       何だこれ。納得いかねー。

前半は試合の主導権を握れていないマンU。
これはハーフタイムで立て直さないと負けるぞ。

【後半ハイライト】   
後半48分:ゴール前ギグシーの絶妙パスを、
        ルーニーがラインギリギリで受けてそのままシュート。
        OK!! ルーニー本日2点目。
        後半開始3分での得点。リズムが良くなってきた。

後半54分:ギグスがPA内で倒され、またしてもマンUにPKのチャンス。
       蹴るのはもちろんウェイン・ルーニー。
       強烈なシュートはゴール右隅へ。
       コレで1-2 そしてルーニーはハットトリック!!

後半58分:バレンシアが中に切れ込みながらゴールに突進。
      シュートは外れるも、スピードのある素晴らしい攻めが見れた。
      最近のバレンシアは徐々に良くなっている。
      CR9とはタイプが違うが、チームにフィットしつつある。

後半87分:PA直前の場所で、マンUにまたしてもFKのチャンス。
      キッカーはルーニーかと思いきやライアン・ギグス。
      左足から繰り出されたシュートは、美しい弧を描きゴールへ。
      コレで1-4。
      
後半90分:ポーツマス・ウタカのボレーシュートをクシュチャクがナイスセーブ。
       コレが決まっていたら、今日一のビューティフルゴールになっていた。
       あぶねー。しかし、後半のクシュチャクいいね。

結果は1-4でマンUの勝利。
PKとFKの多い試合だった。しかし、勝ちは勝ち。
ルーニーはハットトリックだし、きっちり勝ち点3も戴きました。 あざーす。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

グラントという男


監督はグラント監督を警戒

フラットン・パークはユナイテッドにとって、常にやっかいな場所となる。
それはポーツマスが最下位に甘んじていても、変わらない。
さらに彼らは監督を交代させており、ユナイテッドにとって厳しい状況になるかもしれない。
ポーツマスはポール・ハート監督を解任し、元チェルシーの監督である
アヴラム・グラント氏を招へいした。
アレックス・ファーガソン監督は、指揮官が代わったことによる選手たちの
モチベーション向上に注意している。

ポーツマスはグラント監督の就任によって、心機一転の機会を得られたわけだが、
ホームでの対ユナイテッド戦の成績も彼らを後押しする。
2003-04シーズンにプレミアリーグに昇格してきたポーツマスは、
ホームでユナイテッドと6戦し、合計で勝ち点10を獲得しているのだ。
:manutd.jp Friday, November 27, 2009


賃金未払いやクラブの売却で何かと騒がしかったポーツマスだが、

アヴラム・グラントが監督に就任した。

グラントといえば、06-07のCL決勝を思い出す。

モウリーニョ退団後からチェルシーの指揮を獲り、

なんだかんだで、その年のCL決勝までチームを導いている。

もちろん決勝はPKでマンUが勝利したわけだが、

ゴールをはずしたチェルシーのテリーを、グラントが慰めていた姿を

覚えている。

会ったことがないので、人となりは分からないが、

“いいひと”というのがグラントの印象だ。

まあ、何が言いたいかというと記事にもあるように、

グラントがチームの雰囲気を変えて、マンU戦に望んでくるのが一番怖い。

窮鼠猫を噛むとはよく言ったもので、最下位のチームであっても

選手の闘志に火がつけば足元を掬われかねない。

就任してまもないため、どこまで調子を上げるかは不明だが、

このポーツマスをファギーがどうかわすかが見ものだ。

ここで負ければ4連覇は確実に遠のく。

頼むぜファギー、そしてブラウン。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

若手は褒めて伸ばす!?


ファギー、フォスターに不満なし

マンチェスター・ユナイテッドは25日、チャンピオンズリーグ・
グループリーグ第5節ベジクタシュ戦に臨み、0-1で敗れてしまった。

ロングシュートを決められて序盤に先制されたユナイテッドは、
最後まで同点に追いつくことができず敗戦。
グループ首位通過を決めることはできなかった。

この日はエドウィン・ファン・デル・サールの代わりに
ベン・フォスターがGKを務めたが、アレックス・ファーガソン監督は
守護神に責任はないと語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が、
指揮官のコメントを伝えている。

「試験的なメンバーで試合に臨んだ。こういった試合で
選手をフェアに評価していかなければならない。
このように若手を起用できることに私たちの価値がある。
トッププレーヤーの潜在能力を持っているね。
とにかく大事なことは、彼らが良いレベルのプレーを見せたことだ」
:goal.com 2009/11/26 19:32:00


ファギー言い切ったね。

ファンデルサールの後釜はフォスターで決まりなのか。

なんていいながらも、なにが起きるか分からんな。

1月の移籍市場で放出とか。

さあ、どうするファギー!!


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【チャンピオンズ】グループB_ベシクタシュ(h) ホームで敗れる【リーグ】

結果は0ー1の★。
詳細は後ほど。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

CR9の穴は埋まるのか?いや埋めてください


ユナイテッド、セリエAの若手2人に興味か

マンチェスター・ユナイテッドが、セリエAで活躍する若手2人に興味を持っているようだ。
イギリス『デイリー・テレグラフ』が報じている。

これによると、アレックス・ファーガソン監督は、ナポリMFマレク・ハムシクと
パレルモDFシモン・シェアーに注目しているようだ。

ビッグクラブからの関心がたびたび噂に挙がる両選手。
ハムシクは何度も残留を明言しているが、
ユナイテッドはMFポール・スコールズの引退に備えて、獲得を狙っているという。
一方のシェアーは、今シーズン終了後の移籍が噂されているところ。
国内ではユヴェントスなどが興味を示している模様だ。

両選手とも周囲の関心は高いだけに、
ユナイテッドも簡単に引き抜くことはできないだろう。
:goal.com 2009/11/25 20:36:17


最近いろいろ移籍市場の話題がでているが、

ナポリのハムシク 良いんじゃない。

スコールジー、ギグシー、サールの後釜はそろそ探し始めねば。

スコールズ→ハムシク(ナポリ)

ギグシー→ディマリア(ベンフィカ)

サール→アキンフェホフ(CSKAモスクワ)

もちろん、ビジャ、シルバ(バレンシア)やラーム(バイエルン)などの

名も挙がっているが、上記3選手獲得のほうが金額的に折り合いがつきそう。

既存戦力でオベルタン、フォスターなんかもいるし、

あとはファギーがどう考えるかだな。

とにかく、CR9の穴が埋まらない的な話はもううんざり。期待してます。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

レジェンドの怒り


カントナ:「私ならアンリを殴っていた」

アイルランドとのワールドカップ欧州予選プレーオフで、
ハンドから決勝点をアシストしたFWティエリ・アンリに、
一人のフランス人が激怒している。そのフラン人とは、
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、エリック・カントナ氏だ。
ただし、カントナ氏を怒らせたのは、アンリのハンドではなかったようだ。
英紙『サン』に対し、カントナ氏は次のように話している。

「私がもっともショックだったのは、アンリが試合後にテレビカメラの前で
相手選手(リチャード・ダン)を慰めていたことだ。
彼をだましたところだったというのに! 私がアイルランドの選手だったら、
3秒も待たずにアンリを殴っていただろう」
~以下略~
:Gazzetta 2009年11月24日18時45分


確かに。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

大丈夫。まだ29歳だし、これからだし


オーウェンの野望

ここまで、非常に高い得点力を発揮してきたマイケル・オーウェンは、
世界最大級のクラブで活躍し、あの名高いバロンドール賞を獲得したいと語った。

しかし、29歳のオーウェンはこれまでのキャリアで掴めなかったあるものを
獲得したいとも語っている。
それは、プレミアリーグの優勝メダルだ。

「僕は本当にこれが欲しいんだ」と、彼はManUtd.comでコメントしている。

オーウェンは、未だプレミアリーグ優勝を経験していない。
彼がプレミアリーグ優勝に最も近づいたのは、
リヴァプールがアーセナルと勝ち点7差で2位につけた2001-02シーズンだった。
~以下略~
:manutd.jp Monday, November 23, 2009


オーウェンがプレミアの優勝を経験していないことに驚き。

2001年のバロンドール受賞は知っていたが、リーグ優勝は未獲得とは。

そうであればなおさら、今期のプレミア優勝は達成してもらいたいものだ。

初の4連覇で&リーグタイトル獲得だったら、これ以上の喜びはないだろう。

最近点とってないが、まだまだこれからだぜ。

“ワンダーボーイ”時代の切れを思い出せ!!


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミア】第13節 マンUvsエバートン フレッチ神ボレー【リーグ】

091121プレミアリーグ13節_マンUvsエバートン

09年日11月21日マンチェスター・ユナイテッドvsエバートン
@Old Trafford

勝った。スコア3-0。

チェルシーとの勝ち点差は変わらず5だが、アーセナルを抜いて2位に浮上。

しかし、

このエバートン戦があまり面白いと思わなかった。

なんでだろ。

エバートンのモチベーションか?

試合開始時から、マンUに勝つという気迫が感じられなかった。

なんだか、先輩と後輩の気を使った試合というか。

勝ち点差だけ見れば“3”を獲得しOKなのだが、

勝ち負けスレスレの薄皮一枚の攻防の方があがるわ。

まあ、勝ったからこんなこと言えるんだけどね。

モイーズ、もっと気合入れろ!!

【今日のハイライト フレッチの神ボレー】



押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

で、結局どうなるのでしょうか


ファギー:「アイルランドの痛みを感じる」

マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督が、
不運な形でワールドカップ出場権を得られなかったアイルランドに対する
支持を表明した。
そして自身の選手たちも不当に扱われたと述べている。

「私の考えはトラパットーニとともにある。彼は十分に準備をして、
チームから素晴らしいパフォーマンスを引き出した」と、
彼はイギリス『ミラー』で語った。

「2週間前、ドログバは間違いなくブラウンを押し倒した。
そしてそのときには今回のような騒動はなかった」

ファーガソン監督はまた、ユナイテッドであればそのような結果になろうと、
取り返すチャンスがあるが、アイルランドにはその機会がないと付け加えている。

「我々はそれを取り戻すことができる。しかし、
アイルランドにそれを取り戻すことはできない」
:goal.com 2009/11/21 16:10:04


ファギーからコメントが出た。

こりゃ、再戦しかねーな。やっぱり。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

100%ハンドってか

henry_hand

18日に行われたワールドカップ欧州予選プレーオフで

接戦の末にアイルランドを下したフランス。

しか~し、問題が。

100%というよりも1000%ハンドだろ。

まあアンリもハンドだと認めているし、それはそれでよし。

むしろアンリの潔さには脱帽です。

ただ、アイルランド代表は悔しいだろうな。

マラドーナの“神の手”がかわいく見える。

だって“アンリの手”だもんな。どうみても


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

子供のころからの夢だったそうな

di maria


ディ・マリアの希望はユナイテッド

ベンフィカに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアには、
多くのビッグクラブが関心を示している。クラブは放出の意思を否定しているものの
、トップリーグ行きは時間の問題かもしれない。

チェルシーやリヴァプールも関心を示している同選手だが、
マンチェスターの2クラブが興味を持っているという噂も
これまでに何度も報じられた。

ディ・マリア本人はユナイテッドに加入することを希望しているようで、
イギリス『ニュース・オブ・ザ・ワールド』の中で、次のように語っている。

「13歳か14歳のときだったけど、
僕はいつかマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたいって両親に話していたんだ。
そこに到達するまで、立ち止まるつもりはないよ」
~以下略~
:goal.com 2009/11/18 6:00:49


ナショナルマッチウィークなので、リーグのネタがねー!

しかし、またしても興味深い移籍の記事が。

その人物とは、アルゼンチン代表MFのアンヘル・ディ・マリア。

ポルトガル・リーグのベンフィカに所属する彼が、

マンUに対する思いを語っている。

ポジションは左SHで、ずばりマンUが今一番欲しているポジションではないか。

ベンフィカでのプレーは見たことがないが、アルゼンチン代表での

ディ・マリアはかなり良い動きをしていた。

左サイドを突破してのセンタリングはもちろん、中への切り込みもある。

ディ・マリアが獲得できるのであれば、マジでナニはOUTでお願いします。

いやー、冬の移籍市場が本当にたのしみですね。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

得点王は誰のもの(序盤)


プレミアリーグ 得点ランキング

2009年11月9日現在

順位 選手名           チーム名      得点数
1 フェルナンド・ト‐レス      リバプール      10
2 ディディエ・ドログバ      チェルシー      9
3 ダレン・ベント         サンダーランド     8
4 ロビン・ファン・ペルシー   アーセナル       7 
4 ルイ・サハ           エバートン       7
4 ウェイン・ルーニー      マンU           7
7 セスク・ファブレガス     アーセナル       6
7 ガブリエル・アグボンラー  アストン・ビラ      6
7 ジャーメイン・デフォー    トッテナム      6
7 ロビー・キーン        トッテナム        6
7 カールトン・コール      ウェストハム     6


今のところトーレスがトップだが、まだまだ分からない。

ルーニーも7点で追いかけてるし、

次回エバートン戦では1点とは言わず、3点でも。

遠慮はいらねぇ、やっちまいな!!


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

激しく動くであろう1月の移籍市場


1月のラーム獲得を目指すマンU

イングランドのタブロイド紙が報じたところによると、
マンチェスター・ユナイテッドが1月の移籍市場で激しく動くようだ。
名前が挙がっているのは、バイエルン・ミュンヘンに所属する
ドイツ代表DFフィリップ・ラーム(25)だ。
評価額は1500万ポンド(約22億5000万円)と見られている。

そのほか、アーセナルやリヴァプール、チェルシーと争っている
イプスウィッチのコナー・ウィッカム(16)や、
チェルシーも獲得を狙うエヴァートンMFジャック・ロドウェル(18)が
ターゲットのようだ。ロドウェルについては、エヴァートンが
2000万ポンド(約30億円)を求めており、チェルシーはすでに
1400万ポンド(約21億円)を提示したという。
一方、マンUは1600万ポンド(約24億円)と評価しているようで、
さらに若手のマシュー・ジョーンズも差し出す用意があると見られる。
:Gazzetta.it. 2009年11月16日18時30分


コレは気になる。

ラーム獲得の件もそうだが、“1月の移籍市場で激しく動くようだ。”の件。

夏に獲得した、オーウェン、バレンシア、オベルタン等は活躍してるが、

どうも物足りなさがある。

強いて言えば、前線の破壊力と守備の安定感。

ルーニーは別として、

ベルバトフは徐々に調子を上げているものの、破壊力という意味では今ひとつ。

オーウェンはまだまだ交代要員の域をでない。

若手をみても、ルーニー、ベルバを脅かす存在はいない。

バレンシアあたりも攻撃のリズムを作ることには貢献しているが、

決定力はまだまだな感がある。

やっぱ、ビジャ・シルバの2枚獲りか。

守備は左SBのエブラ、左CBのヴィデッチは定位置として、

右側に不安が残る。

リオが復調してくれば状況も変わるのだが、時間はかかりそう。
(エヴァンスには期待が持てるが・・)

右SBはオシェイ、ネビル、ラファと揃っているようでも不安は否めない。

そういう意味だと、ラームの右SBなんていいんじゃない。

中盤は、ハーグリーブスが復帰すれば守備力にも安定感が増すだろう。

フレッチャー、キャリックもがんばってくれるだろうし。

そしてナニはもういいんじゃない。

とにかく、冬の動きがいまから楽しみだ。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【イングランド】キャプテンルーニー!! 主力の離脱【代表】

091114国際親善試合_ブラジルvsイングランド

09年日11月14日ブラジルvsイングランド
@Khalifa International Stadium

祝!!キャプテンルーニー

キャプテンマーク、似合ってたぜ。

試合はというと、まあ負けはしたが、主力を欠いてますから。

リオ、ジェラード、ランパード、A.コール等々がいないながらも

よくやったんではないか。

マンUからは、ルーニー、ブラウン、フォスターと3人が出場し手いる。
(フォスターのイエローは残念だったが・・)

W杯まで時間はあるし、名将カペッロならこの敗戦も明日の糧にしてくれるはず。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

天才は天才を知る


マンUのルーニー「このクラブでキャリアを終えたい」

2日に男児をもうけ父親となったばかりのマンチェスター・ユナイテッドの
ウェイン・ルーニーが地元メディアとのインタビューに応じ、
他クラブから寄せられる関心について「光栄に思うが、
今はマンUでとても満足している」とコメント、
現チームに対する思い入れの深さを強調した。
「何か別のことを言われないかぎり、自分がこのクラブを去ることなど想像できない。
マンUとの契約はまだ2年残っているし、もうじき更改交渉も行われるはずだ。
僕はここがとても気に入っている。
家族と暮らす自宅から練習場までは30分足らずだし、
ここではビッグタイトルを獲得するチャンスにも恵まれている」
~中略~
 ルーニーは一方で、世界最高の選手として現在コリンチャンスでプレーする
ブラジル人FWロナウドの名を挙げた。
「ロナウドは世界最高の選手の1人だ。おそらく史上最高のFWだろう。
バルセロナでの彼の活躍は想像を絶するものだった。
その次がロナウジーニョとカカだろう」
:スポーツナビ 2009年11月14日 14:06


以前も生涯マンU発言があったが、何度聞いても良いものだ。

これからも、コレ関連の記事があれば取り上げます。

そして、世界最高の選手としてブラジルの“ロナウド”を挙げている点も

素晴らしい。

クルゼイロ→PSV→バルセロナ→インテル→レアル→ミラン→コリンチャンス

とロナウドのキャリアは変遷していったが、

どこのチームでも素晴らしいプレーを披露している。

ひざを怪我する前のロビーはまさに神!!

ロナウドといったら、“ロナウド・ルイス・ナザリオ・ジ・リマ”の方だな。

しかし、ルーニーも神の域まで達する可能性は十分にある。

ルーニー 期待してます。






押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

キャプテンと引き換えに・・


ブラジル戦の主将はルーニー

14日に行われる国際親善試合で、イングランド代表はブラジル代表と対戦する。
この一戦で、イングランドはキャプテンを務めるDFジョン・テリーを欠き、
副キャプテンのDFリオ・ファーディナンドも不在という状況だ。

そのため、このゲームで誰がキャプテンマークを巻くのかというところに
注目が集まっていたが、前日記者会見に登場したファビオ・カペッロ監督が、
その答えを明かしている。
マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーが、チームを引っ張ることになるようだ。

「ルーニーがキャプテンだ。彼はそれをこなす準備ができていると思う」

ルーニーは先日、チェルシーとの一戦に敗れた後の行為をFAから警告されたばかり。
審判のジャッジに不満があった同選手はカメラに向かって、「12番目の選手」と言っていた。

それでもカペッロ監督は、ルーニーにキャプテンとしての資質があると考えているようである。
: Goal.com 2009年11月14日08時44分


今日はコレで決まり。

ルーニーがキャプテンだという件も驚きだが、

テリーとファーディナンドが不在なのにもビックリだ。

まあブラジル戦を中東でやるのが一番の衝撃だけどね。

どうやらWOWWOWで放映するようだ

ドーハは遠いし、怪我なんかしたら目も当てられねー。

気をつけろよ ルーニー!!


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

何言っちゃってんのナニ


マンUのナニ、ファーガソン監督の”湯沸かし器”ぶりを暴露

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表ウィンガー、ナニが、
アレックス・ファーガソン監督を批判したことで話題になっている。

ポルトガルの新聞とのインタビューで、
ナニはユナイテッドでレギュラーの座をつかめない不満を口にした。
代表チームメートでポジションの重なるクリスティアーノ・ロナウドが
レアル・マドリーへ移籍したにもかかわらず、
ナニは今季のリーグ戦12試合のうち半数しか先発出場していないのだ。

「みんなは僕に多くを期待しているみたいだけど、
そんな簡単にはいかないんだ。ゴールをもっと決めればいいんだろうけどね。
僕だってすごいプレーができると思うけど、
誰も次の試合に先発できると保証してはくれない。
それで自信を失うんだ。リヴァプール戦とか
マンチェスター・シティ、トッテナム戦とかの大事な試合で
プレーできなかった。こうした試合に出られないのは悲しいよ。
だけど、今はまだ移籍は考えていないけどね」
~以下省略~
: FOOTBALL WEEKLY 2009年11月12日21時13分


いやいや

何言ってんだよナニ!!

あなた、ファギーの文句言ってる場合じゃないよ。

今のパフォーマンスを見れば、ファギーが起用しないのも納得。

大事なところで決めきれない。

途中出場でも流れを変えられない。

最近のナニはそんなとこだろ。

第7節のストークシティ戦、途中出場のリバプール戦でも

コレといっていいところはなかったな。

ナニがサイドに入ることによって、攻撃につながりがなくなるんだよ。

最近ではギグスがサイドに入ることが多く、

新戦力のオベルタンにさえポジションを奪われかねない。

12節のチェルシー戦で、のこり5分の出場だったが、

左サイドに入ったオベルタンの動きはよかった。

左サイドを果敢に攻め、CKのチャンスも得ていた。

はっきり言って“ナニよりもいい

ナニよ母国で文句言ってる時間があるなら、練習しなさい。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

中盤って大事だな


マン・U&アーセナルがトゥーレ・ヤヤを狙う?

バルセロナに所属するMFトゥーレ・ヤヤは、兄がプレーしている
マンチェスター・シティへの移籍が頻繁に取りざたされた。
しかし、同選手の代理人であるドミトリ・セルク氏は、シティ移籍の
可能性を否定していた。

それでも、イングランドからの関心は続いているそうだ。
イギリス『デイリー・メール』は、マンチェスター・ユナイテッドと
アーセナルが獲得に興味を持っていると報じた。

セルク代理人は先日、トゥーレ・ヤヤがバルセロナでの出場機会に
不満を持っていると語り、8つのビッグクラブから関心を持たれていると話していた。

ユナイテッドはMFオーウェン・ハーグリーブスの復帰が近づいているものの、
かつてと同じレベルでプレーできるかはまだ不明。復帰後に
それが難しいと判断されれば、トゥーレ・ヤヤ獲得に動くと言われている。

一方のアーセナルは、バルセロナでプレーした同選手の経験に
期待しているようで、若手主体のチームに加えたいと考えているかもしれない。
: goal.com 2009/11/11 20:41:50


トゥーレ・ヤヤ いいねー。

でも、ハーグリーブスの復帰への期待のほうがはるかにでかい。

ハーグリーブスがいる堅い中盤を早く見たい。

先日のチェルシー戦も、中盤を5枚にすることで、

ボールポゼッションがグッと高まった。

実力が拮抗する試合は、とにかく中盤がものを言う。

プリーズカムバック!!


押して頂けると、モチベーションが急上昇です。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

父親になったルーニー 怒られる?


イングランドサッカー協会、審判批判疑惑のルーニーに厳重注意

イングランドサッカー協会(FA)は、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)の
ウェイン・ルーニーに対し、今後グラウンド上での振舞いに気をつけるよう
厳重注意を与えた。

 ルーニーは、8日にアウエーで0-1と敗れたチェルシー戦後、
グラウンド内のテレビカメラに向かって何かを話したが、その言葉は、
口の動きから「12人目の男」だった可能性が高く、
「チェルシーに有利な判定をした」との審判批判を行った可能性が
あると見られている。
 これに対しFAのスポークスマンは9日、
「ウェイン・ルーニーに対し、昨日行われたチェルシー戦後の態度により、
今後の言動に配慮するよう警告を行った」との声明を発表した。
: スポーツナビ 2009年11月10日 13:18


ルーニー怒られたな。

まあ、少し前のルーニーに比べればかわいいもんだ。

(たしかに言ってる)

ルーニー発言を記念して、“12人目の男”T-shでも作ろうかな。

審判のことを言っても始まらないし(しつこいな)、気を取り直して行こう!!


押して頂けると、モチベーションが急上昇です。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

行ってみたいな夢の劇場

昨日の敗戦でテンションが上がらん。

審判の微妙なジャッジがな?? なんていっても始まらないので、

この記事を。



マンU、1試合平均観客動員数で欧州ナンバーワンに

マンチェスター・ユナイテッド(マンU)の本拠地オールド・トラフォードは、
欧州で最も多くのファンが足を運ぶスタジアムのようだ。
マンUはポルトガルのサッカー経済サイト『FutebolFinance』が発表した、
2008-09シーズンの欧州クラブの1試合平均観客動員数ランキングで
トップに輝いた。

1試合平均観客動員数の欧州クラブ上位10傑は以下の通り。
1位:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 75,304人
2位:ボルシア・ドルトムント(ドイツ) 74,748人
3位:バルセロナ(スペイン) 71,045人
4位:レアル・マドリー(スペイン) 70,816人
5位:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ) 69,000人
6位:シャルケ04(ドイツ) 61,442人
7位:アーセナル(イングランド) 60,040人
8位:ミラン(イタリア) 59,757人
9位:セルティック(スコットランド) 57,366人
10位:ハンブルガーSV(ドイツ) 54,811人
:スポーツナビ 2009年11月8日 12:44


イングランド:2チーム

スペイン:2チーム

ドイツ:4チーム

イタリア:1チーム

スコットランド:1チーム

ドイツが4チームも入っており、健全経営をもの語っている。

それに比べてイタリアが1チーム・・

テレビ放映権で食ってるという結果がこれか。

サンシーロ、カンプノウ、サンティアゴベルナベウ・・

名だたるスタジアムばかりだが、やっぱオールドトラッフォードだな。

知ったかぶって書いてるが、一回行ってみてー!!

オールドトラフォード


押して頂けると、モチベーションが急上昇です。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミア】第12節 チェルシーvsマンU 頂上決戦【リーグ】

chelssea_vs_manu

09年日11月8日チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド
@Stamford Bridge

いやー 始まる前から緊張するわ。

10節のリバプール戦もそうだったが、

BIG4直接対決はただならぬ雰囲気がある。

ましてや首位を争うゲームとなれば、ファンとしてもいても立ってもいられない。

先発メンバーに復帰が噂されていた、ベルバ、ヴィディッチの名は無く

FWはルーニーがワントップ気味に入り、DFラインにはブラウンが入っている。

マンUは中盤を厚くし、チェルシーのダイヤモンドに対抗。

中盤をチェルシーに支配されると勝機がなくなるため、

キャリック、アンデルソン、フレッチャーに期待したい。

しかし、今日のチェルシーのユニはウルトラマンか!


【前半戦レビュー】

前半11分:エブラが左サイドを駆け上がり、ルーニーへ。
       PA左でボールをキープしたルーニーがそのままシュート。
       惜しくも相手DFにあたりゴールならず。

前半29分:ギグスが絶妙の抜け出しを見せ、ループシュート。
       ボールはバーを越えてしまったが、ギグスの動きには期待が持てる。

前半32分:アブねー!!
       アネルカが右サイドから切り込み、強烈なシュート。
       ここはファンデルサールがミラクルセーブを見せる。
       フォスターだったら入ってたな。

前半35分:ゴール前でルーニー→ギグスとつなぎ、そのままアンデルソンへ。
       しかし、タイミングが合わずアンデルソンは
ボールをキープすることが出来ず。
       今日のルーニー、ギグスは何かやってくれるそう。

前半42分;アネルカのドリブルから、右サイドのデコへ流れるようなパス。
       デコがそのままクロスを上げるが、中央のドログバにはうまく合わず。
       アネルカにボールを持たせるのは危険。

【後半戦レビュー】

後半61分:ゴール前混戦からランパードのシュート。
       ここもファンデルサールのナイスセーブ。

後半63分:デコに代わってジョーコール登場。
       嫌な感じ。

後半66分:右サイド、バレンシアとのパス交換から最後はルーニーのシュート。
       ゴール右サイドに突き刺さったかと思われたボールは、
       無常にも枠に収まらず。

後半72分:PA前でルーニーが倒されFKのチャンス。
       壁、壁、壁に阻まれる。

後半76分:フレッチャーのファールでチェルシーにFKが与えられる。
      ランパードの蹴ったボールにテリーが頭であわせゴール。
      コレで0-1。

後半83分:マンUコーナーキックのチャンス。
       ギグスの蹴ったボールにバレンシアがシュートであわせるが、
       ボールは枠に収まらず。

後半85分:ここでファギーが動く。
      ギグス・アンデルソンOUT。オーウェン・オベルタンIN。

後半90分過:マンUの波状攻撃。ファギータイムでの逆転劇を期待したが、
        無常にも試合終了のホイッスル。

くそっ!!!

大一番を落としてしまった・・

試合としては見ごたえのある素晴ものだったが、悔しい。

これで勝ち点差5。

チェルシーがツエーのは認めるが、何とかしてくれマンUよ。

このまま引き下がっては、王者の名が廃る。
(よく見ればアーセナルにも抜かれてるし・・)

チェルシーにONESTEP BEYONDは聞かせねー。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ルーニーがバルサ!? 


バルサ、ルーニー獲得に8500万ポンド?

イギリス『ニュース・オブ・ザ・ワールド』は、バルセロナが
マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニー獲得に向けて、
8500万ポンドを準備していると報じた。

同紙は、バルセロナの首脳陣が、
ユナイテッドが財政面で問題を抱えていることを利用したいと考えていると伝えた。
ユナイテッドは、今年の夏の移籍市場でMFクリスティアーノ・ロナウドを
8000万ポンドの移籍金でレアル・マドリーに放出している。

サー・アレックス・ファーガソン監督は、
C・ロナウドの放出で得た移籍金をまだ使用していない。
クラブの負債がファーガソン監督の希望を妨げているとみられている。

バルセロナはまた、来年行われるワールドカップでの活躍が予想される
ルーニーを来年夏に獲得し、レアル・マドリーとのマーケティング面での差を
埋めたいと考えているようだ。

ただ、スペインの巨人はルーニーを獲得することが
いかに困難なミッションであるかを理解しているという。
特に選手本人が残りのキャリアすべてをユナイテッドに捧げたいと
公言していることが、最も大きな問題だと言えるだろう。

さらにルーニーのコリーン夫人が最近、男の子を出産したばかり
ということもバルセロナにとって見逃せないポイントだ。
ルーニーは海外へ移籍することで、
彼の若い家族を不安定にすることに非常に慎重になっている。
:goal.com 2009/11/08 14:53:23


明日のチェルシー戦を前にこんな話が!!

バルサが狙ってる!?

しかし、記事にもあるようにルーニーの国外移籍はないない。

スペインの税制は改正になる可能性があるようだし、

なによりルーニーには真っ赤なマンUの血が流れていますよ。

そして、第一子誕生。 やっぱり無いな。

ルーニーの子の写真か こりゃ

子供はカイくんというそうな・・


押して頂けると、モチベーションが急上昇です。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

頂上決戦!! しかし・・

リオファーディナンド


マンUのファーディナンド、チェルシー戦も欠場

プレミアリーグは日曜日にチェルシー対マンチェスター・ユナイテッドの
頂上対決があるが、ユナイテッドのイングランド代表DFリオ・ファーディナンドは
ここ2週間ほど悩まされているふくらはぎのケガが完治せず、
遠征に帯同しないことになった。ファーディナンドと同様に、
ミッドウィークのCSKAモスクワ戦を欠場したセルビア代表DF
ネマニャ・ヴィディッチはフィットネステストに合格、メンバー入りしている。

ファーディナンドの状態について、アレックス・ファーガソン監督は、
「良くなる兆しがないんだ。
ふくらはぎのケガなら普通は2、3週間で復帰するから、
また別の問題なのかもしれない。腰の具合について調べている」と話した。

7日に31歳になるファーディナンドは、
今季はクラブでも代表でもミスが目立っていた。

ユナイテッドを迎え撃つチェルシーのデコは、
勝てば4ポイントの価値があると話し、
「おまけの1ポイントはユナイテッドが受ける衝撃の分。
彼らはリヴァプールにも負けているから、志気が下がると思うよ」と話した。
:FOOTBALL WEEKLY 2009年11月07日08時12分


残念。

たしかに、最近のパフォーマンスはベストに程遠いが、

リオの存在感はチームに不可欠。

長いことDFをやってれば、良いときもあれば、悪いときもある。

ベテランと呼ばれる域に達しているリオだが、

限界にはまだまだ遠い。

ACミランのネスタ:33歳

ユーべのカンナバーロ:36歳

バルサのプジョル:31歳

インテルのルシオ:31歳

現役選手で見ても、30代で一線を張っている者は多数いる。

引退したマルディーニも40歳、バレージも36歳、

まだまだやれるぜリオ。

復帰した際には、DFラインの柱としてすばらしい活躍を見せてくれ。

あんたが居ないと、はじまんねー。

ちなみにチェルシーが負けた場合、

カルロへの信頼が揺らいで、マイナス2ポイント。

首位からの陥落で士気が下がり、マイナス1ポイント。

トータルマイナス6ポイントだな。


押して頂けると、モチベーションが急上昇です。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【チャンピオンズ】グループB_CSKA Moskva(h) ルーニー出た【リーグ】

0901103グループリーググループB_CSKA Moskva(h)

09年日11月3日マンチェスター・ユナイテッドvsCSKAモスクワ
@Old Trafford

遅ればせながら、先日の結果を。

ベストメンバーでのスタートではなかった為、戦力的に不安はあった。

しかし、マンUは負けなかった。

勝てなかったが、負けなかった。

1-2でリードされながら、ギリギリで追いつく。

プレミアで何度もみた光景だったが、“負けない”ことが大事。

グループリーグも突破したし、次に目指すはチェルシー戦の勝利のみ!!


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

あなたにもチェルシーあげたい


監督「チェルシーは強力なチーム」

マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は
優勝争いに残るために必死に戦ってきたリヴァプールに対し、
選手たちが「正しい方法で試合に臨んでいなかった」と、話した。
しかし、監督はアンフィールドでの経験が選手たちの勝利への欲求を、
より高めることになるのを期待している。

「チェルシー戦は常に難しい試合になる。だが、
リヴァプール戦よりも良い試合ができる自信はあるよ」と、
『インサイド・ユナイテッド』に監督は語った。
「チェルシーは強力なチームになっている。
彼らが優勝争いの最有力候補だ」
:manutd.jp Wednesday, November 04, 2009


日本時間、11月9日(月)1:00キックオフに迫ってきたチェルシー戦。

プレミアトップを争うチーム同士の対決だけに、嫌がおうにも盛り上がる。

先日のCLで何とか同点に持ち込んだマンU。

同じく、A.マドリーを相手に、同点の結果だったチェルシー。

両チームとも引き分けに終わっているが、グループリーグはきっちりと突破している。

となると、次はリーグ戦。

11月9日は先日のリバプール戦以上の、好ゲームが期待できんじゃね。

それにしても、アンチェロッティはイングランドに来て早々、

しっかりと結果だしてんな。

なんだ、カルロ・マジックか!?

デコなんて、アンチェロッティになってから生き返ったように見えるもんな。

ドログバにしても文句言わずにがんばってそうだし。

指揮官がしっかりしてるチームは、相手にすると性質がわるい。

頼む、勝って首位に返り咲いてくれマンU。

ここで勝つか、負けるかで今後の流れが大きく変わる気がする。


みなさまのおかげでがんばれてます。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ルーニーが親父に


父親になったばかりのルーニー、CL出場が微妙に

現地時間2日(以下現地時間)、マンチェスターU(イングランド)の
同国代表FWウェイン・ルーニーに子供が生まれたため、
同選手が3日に行なわれるチャンピオンズリーグ(以下CL)
・グループリーグ第4節のCSKAモスクワ(ロシア)戦に出場するかどうか、
微妙な状況にあることが分かった。ロイター通信が報じている。

 ルーニーの妻・コリーンさんは2日に男児を出産。
マンUのアレックス・ファーガソン監督は同日の記者会見で、
「我々は(出場の可否を)決断するのを待たねばならない」とコメント。
父親になったばかりのルーニーに配慮する姿勢を見せている。
:ISM 2009年11月3日(火) 14時7分


別の記事にルーニーが父親になったとの情報が。

しかも、生まれた子供は男児だとか。

よかった・・

子供をもった選手のパフォーマンスに期待したい。

チェルシー戦でのゴール楽しみにしてます。


みなさまのおかげでがんばれてます。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

ルーニー夫人が!


ルーニー、夫人出産でCL欠場も?

イギリス『プレス・アソシエーション』が報じたところによると、
マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーが妻の出産のため、
2日の練習を欠席したようだ。

ルーニー布陣はすでに出産予定日が過ぎており、
今週中に子供が誕生すると見られている。そのため、
ルーニーは3日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・
グループリーグ第4節、CSKAモスクワ戦に欠場する可能性がある。

そのほか、MFライアン・ギグスやFWディミタール・ベルバトフ、
DFリオ・ファーディナンド、DFネマニャ・ヴィディッチといった主力が
2日の練習を欠席した。一方、MFパク・チソンが練習に参加している。

ユナイテッドはCLグループリーグ3連勝で首位を独走しており、
週末のプレミアリーグではチェルシーとの大一番を控えているため、
アレックス・ファーガソン監督がリスクを冒すことはないとみられる。
:Goal.com 2009/11/03 12:12:43


これは一大事。

CLどころじゃないぜルーニー。

CSKAモスクワ戦は他に任せて、夫人のもとに。

しかし、ルーニーの子供、どんなんなんだろ。


みなさまのおかげでがんばれてます。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

イングランドの宝


C・ロナウド、ルーニーを勧誘

今年の夏にレアル・マドリーへ移籍したMFクリスティアーノ・ロナウドが、
古巣マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーに
ラブコールを送っている。

C・ロナウドは、ルーニーがスペインで成功することを確信しており、
レアル・マドリーの一員として戦うべきだと考えているようだ。

イギリス『サン』が、C・ロナウドのコメントを伝えた。
「ウェインが僕たちの力になってくれたらうれしいね。
彼が加入すれば、素晴らしい活躍ができると思う」

「ここは世界トップクラスの選手にとって、理想的な場所だ。
彼がそのうちの一人であることは間違いない」

「彼がイングランドから出ることは賭けかもしれない。
彼は自分の国を愛し、マンチェスターを愛している。
そして、リヴァプールで育ったね。
ユナイテッドは彼にとって良いクラブだ。
それでも、将来起こることは、誰にも分からないはずだよ」
:Goal.com 2009/10/31 19:32:18


このポルトガルの青年は、何を言っているのでしょうか。

白いチームに魂を売った上に、ルーニーを勧誘するとは何事だ。

ルーニーは国外に出ることもなければ、マンUを離れることもない。

もしあるとすれば、エバートンに戻る可能性があるぐらいだろう。

全ての選手が、白いチームに興味があると思ったら大間違い!!

ありえねー。。

でもバルサなら まあ・・


みなさまのおかげでがんばれてます。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミア】第11節 マンUvsブラックバーン 勝ち点差2【リーグ】

091031プレミアリーグ11節_マンUvsブラックバーン

09年日10月31日マンチェスター・ユナイテッドvsブラックバーン
@Old Trafford

よしっ 勝った!!

前の試合でチェルシーが勝利していたためにちょっとあせったが、

11月8日の直接対決を前にして、勝ち点差2をキープできたのはでかい。

ルーニーも点決めたし。OK。


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。  ポチッと
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。