この発言は高くついたな

不満つぶやいたファンペルシー仲間に謝罪

マンチェスターUのオランダ代表FWロビン・ファンペルシー(30)がチームメートに謝罪した。
英ミラー紙(電子版)が27日、報じた。

ファンペルシーは25日の欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦・第1戦で
オリンピアコス(ギリシャ)に0-2と完敗した後、チームメートを批判。
「自分が入っていきたいエリアに仲間が入ってきてしまう。
そうなるとプレーするのが難しくなってしまうし、僕が他の選手に合わせなければならない。
彼らが僕のゾーンでプレーするのが残念だよ」と発言した。

これが周囲からの反発を買い、メディアにもたたかれたことで反省したもよう。
ミラー紙によると、同FWは練習中に仲間に対し
「あれはチームメートや監督に向けた言葉ではなかった。
自分自身のプレーに対してだったんだ」と話し、謝罪したという。

:nikkansports.com 2014年2月28日20時12分



この話題にはマジでうんざり。

チームの状態が良くないと、次から次へどうしようもないことが報道されるんだな。

敗戦の愚痴がこうやって報道されることに、ファンとしてはがっかり。

ロビンの発言でチーム雰囲気が悪くなったのかもしれないが、

ファンとしてもユナイテッドを応援するモチベーションが下がるわ。

ロビンだけを責める気もないが、

フットボールの内容が報道されるユナイテッドに早く戻ってください。

ユナイテッドの魅力あるフットボールにのみ興味があるんです。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


【チャンピオンズリーグ】決勝ラウンド_オリンピアコス(a) 何にもいえねぇ

CL
2014年2月25日(火) 
オリンピアコス vs マンチェスター・ユナイテッド
【score 2-0】@Stadio Karaiskaki


・オリンピアコス
 Domínguez 38’Campbell 54’

Manchester United: De Gea; Smalling, Vidić, Ferdinand, Evra;
Valencia, Carrick, Cleverley, Young; Rooney, van Persie
subs: Lindegaard, Büttner, Fellaini, Giggs, Kagawa, Hernandez, Welbeck

なんともまあ。

今は我慢の時期だな。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

[ 2014/02/27 00:42 ] チャンピオンズリーグ | TB(0) | CM(0)

【プレミアリーグ】第27 クリスタルパレス vs マンUtd よっしゃ勝った

premier_league_logo2

2014年2月23日(日)
クリスタルパレス vs マンチェスター・ユナイテッド
【score 0-2】@Selhurst Park


Man Utd: De Gea, Smalling, Vidic, Ferdinand, Evra, Carrick, Fellaini, Mata,
   Rooney, Januzaj, Van Persie.
   Subs: Lindegaard, Valencia, Fletcher, Giggs, Kagawa, Young, Hernandez.


ロビンとルーニーのゴールで勝ち点3をしっかりと獲得。

今はなによりも結果。

勝ち続けることが大事なんだなぁ。



『最後の最後まであきらめない。
そうすれば何かを勝ちとれるんだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/02/26 23:23 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

ついに来た!レジェンドへの道最終章の幕開け

ルーニーが契約延長

・新契約は2019年6月まで有効
・ウェイン・ルーニーがクラブ歴代最多得点記録を更新する可能性が増大
・現役引退後クラブアンバサダー就任も新契約には盛り込まれている

ウェイン・ルーニーがユナイテッドと新たに4年契約を締結。これにより、
2019年6月までユナイテッド在籍が決まった。今回の契約には、
現役引退後にクラブアンバサダーに就任することも盛り込まれている。

2004年8月にエヴァートンから移籍した28歳のストライカーは、ユナイテッドで通算430試合に出場し、
クラブ歴代4位となる208ゴールを記録。ジャック・ローリー(211)、デニス・ロー(237)、
ボビー・チャールトン(249)のゴール記録に次ぐ記録を樹立している。

ウェイン・ルーニーの声明は以下:
「チームに残ることを決断しました。今年の8月で、ユナイテッドに移籍してから10年が経ちます。
この10年間、ファンタスティックな選手と一緒にプレーする機会に恵まれ、
クラブと契約した日に思い描いていたもの全てを勝ち取ってきました。
今後もユナイテッドの一員としてプレーし、クラブのシニア選手として、
若手の成長を助けていきたいと考えています」

「フェネルバフチェ戦でデビューして以降、ユナイテッドファンのサポートは素晴らしいものです。
ファンはクラブの大事な役割を担ってくれています。世界中のユナイテッドファンに感謝しています」

「クラブの未来を担えることに興奮しています。そして僕を信頼し、
支えてくれているデイヴィッド・モイーズ監督、エド・ウッドワード氏に感謝しています。
この日を境に、マンチェスター・ユナイテッド史に残る新たな成功の歴史が始まると確信しています」

:manutd.jp 22 February 2014



ルーニー契約延長の公式発表がついにきた。

よかった。

本当によかった。

一時は退団確実とまで言われたウェインが契約書にサインをした。

クラブの腹は決まった。

と同時にウェインの腹も決まった。

これから2019年までかれは全力でユナイテッドのためにプレーするだろう。

そしてレジェンドへの階段を駆け上がる。

ウェインの声明にもある通り、ファギー引退後のユナイテッドはここから始まる。

ありがとうウェイン・ルーニー

彼の引退まで応援し続けることをここに宣言する。



『たとえ嫌われても信念に従って決定すべきだ。
信念を曲げることは自分を捨てることだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/02/23 08:25 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

アンディ・コールがやってくるってよ

#IAMUNITEDが東京にやって来る!

マンチェスター・ユナイテッドが、#IAMUNITEDファンパーティーが3月初旬に東京で開催される。
クラブのレジェンドであるアンディ・コールも出席する予定のこのパーティーへ、
ファンのみなさんをご招待!

ァンパーティーは3月8日、20:00から表参道ヒルズ 本館B3F 『スペース オー』で行われ、
ユナイテッドのアウェーWBA戦(日本時間21:45キックオフ)をライブ観戦する。

#IAMUNITEDのファンパーティーでは、三冠達成時のストライカーであるコールに会えるだけでなく、
昨シーズン、クラブにとって20度目となるバークレイズプレミアリーグ優勝を成し遂げた際の
優勝トロフィーを見ることができる。

ここから申し込み

:manutd.jp 17 February 2014



こりゃ即応募するしかねぇ。

急げ!!



『たとえ嫌われても信念に従って決定すべきだ。
信念を曲げることは自分を捨てることだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

まだ確定じゃないよねえ これ

ルーニーとマンU大型契約へ 週給5100万

プレミアリーグで香川真司が所属するマンチェスターUが、
イングランド代表FWルーニーと2019年6月までの新たな契約を結ぶ見通しになった。
英BBC放送(電子版)が16日に報じた。

28歳のルーニーは来年夏に契約が切れることになっていたが、
今週中にも5年半の長期契約にサインするという。
BBCによると現在の週給25万ポンド(約4260万円)から
30万ポンド(約5110万円)にアップする。

:nikkansports.com 2014年2月17日8時58分



俺が待っているのは、この契約延長が公式で発表されること。

信じてる。

金額はいくらでも構わない。

ルーニーにはこのクラブでレジェンドになってもらう。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/02/17 22:19 ] ウェイン・ルーニー | TB(0) | CM(0)

ドバイとかドバイとかドバイ

ルーニー「勝ち点を取る」

ウェイン・ルーニーは、今後は最低でもエミレーツでのアーセナル戦と
同等のパフォーマンスを続けていく必要があると語った。

「いつだってアウェーのアーセナル戦は難しい。勝ち点1という結果はまずまずだと思うから、
自信を持たないと。今年に入って調子の波が激しいけれど、
アーセナル戦をきっかけに状態を上げていきたい」

ユナイテッドは次節、そしてビッグマッチに向け、
英国を離れ温暖な中東でミニキャンプを行っている。

「チームメイトと一緒に時間を過ごせるのは良いことだよ。
自宅にいる時は練習場との行き来になって、家に帰れば家族がいるけれど、
今回のようなキャンプではチームメイトと時間を過ごせるからね。皆で一緒にいられるのも良いよ」

:manutd.jp 14 February 2014



ルーニーも言っているが、このタイミングでミニキャンプはありだな。

四六時中フットボールのことを考え、

寝ても覚めてもチームで行動をともにすれば何かみえてくるかもしれない。

モイーズのフットボール論をみなで共有すればいい。

次節クリスタルパレス戦がたのしみだわ。

【プレミアリーグ第27節】
クリスタルパレス vs ユナイテッド
日本時間 2月23日(日)午前2時30分 KO




ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

勝利に飢えた狼

クレヴァリー「ドローはフェア」

トム・クレヴァリーは、0-0で終わったアーセナル戦の結果について「フェア」と語った。

勝ち点1を分け合った試合後、クレヴァリーは次の様に語った。

「フェアな結果だと思う。勝てると思ったけれど、相手のGKが素晴らしいセーブを見せたからね。
どちらに転んでもおかしくはなかった。ただ、ドローという結果はフェアだと思う」

「これからは毎試合で勝利という結果が必要。リヴァプールがフルアムに勝ちきったのは残念なこと。
今節は最悪な結果ではなかったけれど、早く勝利を得られるようにならないといけない」

:manutd.jp 13 February 2014



勝者のメンタルとはなんぞや?

アウェイでの勝ち点1は悪い結果ではない。

ただ、今のユナイテッドは昨季のチャンピオンを争っているユナイテッドではないのだ。

下位相手にポイントをとりこぼさずに迎えたアーセナル戦ならばいざ知らず、

敗戦やドローを繰り返している中で勝ち点1でOKという発言はどうであろうか。

ぶっちゃけ負けてもいい。

敗戦だとしても得るものがあればその試合は勝ちに等しい。

なぜ試合終了直前までゴールに向かおうとしないんだ。

なぜ、ボールを前に進めずにバックパスをするんだ。

負けない試合ではなく、勝ちを目指してほしい。



『たとえ嫌われても信念に従って決定すべきだ。
信念を曲げることは自分を捨てることだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミアリーグ】第26節 アーセナル vs マンUtd なにもない

premier_league_logo2

2014年2月12日(水)
アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド
【score 0-0】@Emirates Stadium


Manchester United: De Gea, Rafael, Smalling, Vidic, Evra;
 Valencia, Cleverley, Carrick, Mata; Rooney, van Persie
 subs: Lindegaard, Büttner, Ferdinand, Fellaini, Young, Hernandez, Januzaj

結果はスコアレスドロー。

アウェイでの勝ち点1は悪い結果ではない。

ただ、なんというか・・

負けなかった試合。

というだけ。

これからの流れを変える”なにか”がほしかったな。



『最後の最後まであきらめない。
そうすれば何かを勝ちとれるんだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/02/13 06:44 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

1億ポンドで選手獲得なんてありえるのか!?

マンU監督169億分の選手獲得リスト提出

マンチェスターUのデービッド・モイズ監督(50)が、
1億ポンド(約169億円)分の選手獲得リストをオーナーに提出したと、
10日付の英紙デーリーメールの電子版が独占で報じた。

リストのトップ候補には、2人で6000万ポンド(約101億円)相当の
ユベントスMFポグバ(20)とビダル(26)だという。

また、DFの若返りを考えており、サウサンプトンの
イングランド人サイドバックのショー(18)や、
アヤックスのオランダ代表センターバックのフェルトマン(22)もリストアップしている。

FWでは、スペイン国籍を習得したAマドリードのジエゴコスタ(25)
の名前も挙がっているという。

:nikkansports.com 2014年2月10日16時23分



ほう。左様ですか。

信憑性のほどは不明だが、DF陣の補強は必須だな。

あとポグバの話はよく出るが、本当に獲得することなどあるのだろうか。

いい選手であることはユナイテッド時代から知っているが、どうなのでしょう。

モイーズはそんなに気に入っているのか。

モイーズの本領が発揮できるチームになるのであれば獲ればいい。

言い訳のできない状況をつくって、死ぬ気で戦うしかない。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/02/11 22:26 ] 移籍情報 | TB(0) | CM(0)

【プレミアリーグ】第25節 マンUtd vs フルアム (笑) ってなんでやねん

premier_league_logo2

2014年2月9日(日)
マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム
【score 2-2】@Old Trafford

・マンチェスター・ユナイテッド
van Persie 78’Carrick 80’
・フルアム
 Sidwell 19’Bent 90’

MANCHESTER UNITED: De Gea, Rafael, Smalling, Vidic, Evra;
 Mata, Carrick, Fletcher, Young; Rooney, van Persie.
 Subs: Lindegaard, Ferdinand, Giggs, Valencia, Kagawa, Januzaj, Hernandez.

相手は最下位のフルアムにもかかわらず、

なんとまあ、負け試合よりも泣きたくなるドロー試合だった。

シュート数31本

ボール支配率75%

パス数649本

タッチ数904回

クロス数81本

これだけ見れば、圧勝したかのようなスタッツ。

とくにクロス81本は公式に記録を付け始めて以来、プレミア最多らしい。

ただ結果はドロー。

しかも、94分に追いつかれるという何ともお粗末な結果・・


と、以上の論評は今日のサッカーニュースを見ればどこも書いている内容。


ユナイテッドファンであるからには、

なぜモイーズがここまでクロスにこだわったかを考えてみたい。


考察1:モイーズがクロスのみでどこまでやれるのかを確かめたかったため

考察2:SBの攻め上がりを重視するあまり、サイド偏重になってしまったため

考察3:サイドからわざと攻めさせるフルアムの守備にはまったため

考察4:サイドの選手にカットインという選択肢がなかったため

考察5:トップと中盤のライン間が広すぎて、パス=クロスになってしまったため


仮に1だったとしたら、もう何もいうことはない。

試合を見る限り、2,3,4,5だろうな。

今のユナイテッドはルーニー、ロビンを抑えらると攻撃のアイディアが激減する。

そうなると、サイドを駆け上がるエブラ、ラファエウにボールを預けて

センタリングという攻撃パターンをとる傾向が高い。

前節のストーク戦も、ガチムチの男たちを相手に無駄なクロスを上げるシーンが目立った。

守備的MF2枚を配置し、底は安定するのだが前線との連携が弱くなる。

そんな状態で中のルーニー、ロビンがふさがれるとサイドに振ってクロスになる。

そんなこんなでクロスが81本にもなったんジャマイカ。


しかしながら、2-1のまま試合が終わればポゼッション率が75%だろうが、

クロスが81本だろうが叩かれることはなかった。

94分に追いつかれたことが問題なんだ。

きびいしい状況の中、周囲を黙らせるには勝利しかないのだ。

運がなかった。流れが悪かった。

確かにそれはあるかもしれない。

ただ、運を引き寄せるのも流れを変えるのも勝利するという強い気持ちにほかならない。

なにがなくともいいが、勝利を求める気持ちだけはなくしてほしくないものだ。

熱くさせてくれよモイーズ!!!!



最後の最後まであきらめない。
そうすれば何かを勝ちとれるんだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/02/10 22:59 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

一人、また一人

ヴィディッチが退団を表明

ネマニャ・ヴィディッチは、
2013-14シーズン終了後にユナイテッドを退団することを発表した。

セルビア人DFは、退団について次の声明文を発表。

「まさか15個ものタイトルを取れるとは思っていませんでした。
モスクワでのファンタスティックな思い出を忘れることはないでしょう。
あの時の記憶、ファンの喜びは、一生消えない思い出になるでしょう。
ですが、今シーズンを最後に、ユナイテッドを退団することを決めました。
もう1度自分自身に挑戦し、今後ベストを尽くしたいと考えています」

「イングランド国内でプレーしたいのはマンチェスター・ユナイテッドだけなので、
国内での移籍は考えていません。このクラブで長年プレー出来て幸運だったと思います。
今後については、複数の選択肢があるので、自分と家族にとって適切な判断をします」

「これからは、シーズン終了までユナイテッドでの試合に集中します。
今回の発表で、自分の去就に関する様々な憶測や噂が聞こえなくなればと思っています」

:manutd.jp 07 February 2014



まあまあなんとなくわかっていたことだが、

ユナイテッドを支えてくれた選手が去るのは寂しいの一言に尽きる。

DF陣ではヴィダだけではなく、リオ、エブラの去就も微妙なところ。

もちろん今後も活躍してほしいのだが、

やっぱりさみしいなあ。



『たとえ嫌われても信念に従って決定すべきだ。
信念を曲げることは自分を捨てることだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/02/07 22:42 ] 移籍情報 | TB(0) | CM(0)

あれよあれよと早5年

2009年2月に開始した当ブログ。

おかげさまで5周年を迎えることができました。

今後もユナイテッド中心に書いていくつもりです。

引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

The darkest day: 6 Feb 1958

munich

The darkest day: 6 Feb 1958

Roger Byrne (28)
Eddie Colman (21)
Mark Jones (24)
David Pegg (22)
Tommy Taylor (26)
Geoff Bent (25)
Liam Whelan (22)
Duncan Edwards (21)
Walter Crickmer
Tom Curry
Bert Whalley

Alf Clarke
Tom Jackson
Don Davies
George Fellows
Archie Ledbrook
Eric Thompson
Henry Rose
Frank Swift
Ken Rayment
Willie Satinoff
Bela Miklos
Tom Cable



黙祷

痛みを伴うのは覚悟の上

モイズ監督の不名誉記録を英BBCが掲載

不調が続いているマンチェスターUのデービッド・モイズ(50)監督の記録を
英BBC放送(電子版)が掲載した。

「モイズのブレーキング(崩壊した)シーズン記録」と皮肉り、記録を5つ掲載。
◆ストークに84年以来の敗北
◆スウォンジーに本拠地(オールドトラフォード)で初めての敗北。
◆ニューカッスルに72年以来の敗北。
◆エバートンにも92年以来の敗北。
◆ウェストブロミッジに78年以来の敗北。

また、12月にホームでニューカッスルとエバートンに敗れ、ホーム2連敗は02年以来。
1月の公式戦3連敗は13年ぶりと“記録”を作っている。

現在、リーグ戦8敗を喫しており、24戦での8敗は89-90シーズン以来。
そのシーズンは13位で終えている。さらにプレミアリーグ発足の92-93シーズン以降、
01-02、03-04シーズンは9敗を喫しており、早くもあと1敗でワースト記録に並ぶことになる。

:nikkansports.com 2014年2月2日21時11分



この屈辱を忘れないために記す。

もう何が起きてもいちいち反応しない。

体制が大きく変わるということは、このぐらいの痛みは当然だ。

そう自分に言い聞かせながら、じっと我慢する。

モイーズが無能かどうかを判断できる人間が、この世に何人いるのだろうか。

ファギーを含めそう多くはないだろう。

言いたいやつには言わせておけばいい。

必ず結果は出る。



『たとえ嫌われても信念に従って決定すべきだ。
信念を曲げることは自分を捨てることだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミアリーグ】第24節 ストーク vs マンUtd 魔境ブリタニア

premier_league_logo2

2014年2月1日(土)
ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド
【score 2-1】@Britannia Stadium

・ストーク・シティ
 Adam 38’, 52’
・マンチェスター・ユナイテッド
van Persie 47’

United: De Gea, Jones, Smalling, Evans, Evra,
    Carrick, Cleverley, Young, Rooney, Mata, Van Persie;
Subs: Lindegaard, Rafael, Valencia, Fletcher, Januzaj, Hernandez, Welbeck

モイーズ監督は不運を嘆く

デイヴィッド・モイーズ監督は、2-1で敗れたブリタニア・スタジアムでのストーク戦後、
運に見放されたと語った。

38分にチャーリー・アダムのFKで失点したユナイテッドは、
後半早々にロビン・ファン・ペルシーのゴールで同点に追いついたが、
再びアダムに得点を許し、敗退。
敗戦という結果の他、ジョニー・エヴァンス、フィル・ジョーンズが負傷交代となるなど、
不運も重なった。
:manutd.jp 01 February 2014



プレミアリーグで初めの敗戦を喫したストーク戦。

これで今季8敗目となるが、不運だったというモイーズの言葉がすべてを物語っている。

魔境ブリタニアのガチムチ男たちの壁は厚かった。


前半早々にエバンスが負傷交代。ラファエフIN。

前半45分には頭を打ったPJが途中交代。ウェルベックIN。

DFを使いきってしまったユナイテッドは、キャリックをCBに下げ、ルーニーを中盤底に配置。

これで完全にユナイテッドのリズムは狂ってしまった。

後半開始2分にロビン弾で1点を得返し同点に追いつくも、チャーリー・アダムに

本日2点目を決められ再びリードをゆるしてしまう。

終了間際のルーニーFKで惜しい場面もあったが、万事急す。

マタの加入ですべては好転するかと思ったが、そんな簡単なものではない。

モイーズがユナイテッドを自分のものにするにはまだまだ時間がかかりそうだ。

これは、腰を据えてじっくり待つしかねーな。

ただ、CL出場権の確保だけは本当にお願いします。



最後の最後まであきらめない。
そうすれば何かを勝ちとれるんだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/02/02 15:21 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)