スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【プレミアリーグ】第12節 アーセナル vs マンUtd なにがなんでも勝つんだよ

premier_league_logo2

2014年11月22日(土)
アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド
【score 1-2】@Emirates Stadium


得点


・アーセナル
O. Giroud 90'+5'

・マンチェスター・ユナイテッド
K. Gibbs 56'(og)
W. Rooney 85'

スターティングメンバー


  ディ・マリア ファン・ぺルシー

        ルーニー

ショー キャリック フェライニ バレンシア

 ブラケット スモーリング マクネアー

        デ・ヘア

今日のルーニー


今節:1G/2SHO/0GA/1FC/35PAS
前節:0G/0SHO/0GA/0FC/65PAS

雑感


アーセナルにアウェイで勝利
試合後、ファンハールが「最高の結果」と語ったようにこの勝利は大きい。
しかもアウェイでの初勝利。
今のユナイテッドにとってはこういった1勝が大事。

スクランブル発進スリーバック
ロホなし、ブリントなし、PJなし、エバンスなし、ラファエウなし、
そこで発動したのがブラケット、スモーリング、マクネアーの3バッグ。
心臓に悪いシーンが続いたものの、デヘアの活躍もあり95分まで0点に抑えた。
3バッグが成功したとは思えないが、この状況でも戦えたことは評価すべき。
それにしても・・
DFのみなさん早くカムバックしてください。マジで見てらんねース。
ショーの負傷も気になるわ。

ルニーゴール
これでルーニー4点目。
代表での好調さそのまま、クラブでも得点をきめてくれた。
やっぱルーニーのゴールはいい。
前線でがっつりやってほしいな。
つーか、これ何年間言ってんだろ。本当にルーニーが攻撃に集中する日が来るのだろうか。
ファルカオとルーニーの2トップいいな。
ただ、ルーニー自身がいまだにトップにこだわっているかはわからん。

デヘアという壁再び
すげーよ。デ・ヘアさんがいなかったら終わってました。

ロビンを出すべきかどうか
すまん。この試合も消えてた。
得点をきめた試合もあったが、消えてるシーンが多すぎる。
得点につながるプレーができなければ、放出の可能性も高まるだけ。
カバーニとミュラー獲得も現実味を帯びるばかり。
移籍1年目のロビンはもう見れないのか。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
スポンサーサイト
[ 2014/11/23 22:49 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

流石 ルーニーが代表最多得点ににじり寄る

ルーニーが代表100試合出場達成

現地15日に行われたスロベニアとのEURO2016予選に先発出場したウェイン・ルーニーが、
イングランド代表100試合出場を達成した。イングランドは3-1で勝利し、予選全勝を維持している。
:manutd.jp



・代表デビュー 17歳111日 歴代2位
・最年少得点記録 17歳317日 歴代1位
・出場数 99試合 歴代 9位
・得点数44点 イングランド代表史上3位タイ

年 出場 得点
2003 9 3
2004 11 6
2005 8 2
2006 8 1
2007 4 2
2008 8 5
2009 9 6
2010 11 1
2011 5 2
2012 5 4
2013 10 6
2014 12 6
通算 100 44
:Wiki pedia



ルーニー100試合出場おめでとう


すげーなルーニー。代表100試合出場か。
さらに、サー・ボビー・チャールトンの代表最多得点記録の49ゴールにあと5ゴールと迫った。

先月29歳を迎えたルーニー。
もう若いという時期は過ぎ去った。
残り限られたキャリアで、なんとかもう1つ上まで登ってもらいたい。
キャプテンも任されるようになり、
人間として成熟してきているとは思うが、面白いプレーがもっと見たい。
ルーニーのプレーでもっとワクワクしたい。
枠にはまったプレーだけではなく、大人のプレーではなく、規格外を感じさせるプレーをぜひもう一度。
まだまだ楽しませてください。
小さくまとまるにはまだ早い。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/11/16 21:21 ] イングランド代表 | TB(0) | CM(0)

ディ・マリアが!ルーニーが!ファン・ペルシーがが!



これが噂になっている日清のアニメ動画。
ぶっちゃけ誰も似てなくね。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

【プレミアリーグ】第10節 マンC vs マンUtd 抗う悪魔

premier_league_logo2

2014年11月2日(日)
マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド
【score 1-0】@Etihad Stadium


得点


・マンチェスター・シティ
S. Agüero 63'

スターティングメンバー


     ファン・ぺルシー

ディ・マリア ルーニー フェライニ ヤヌザイ

        ブリント

ショー ロホ スモーリング バレンシア

        デ・ヘア

今日のルーニー


今節:0G/0GA/65PAS/0SHO/0FC

雑感


ダービー4連敗
またしても負けた・・
最近全然勝ってねーナ。
ただ、すがすがしさを感じるのはなぜだろうか。
リーグ10節が終わったが、モイーズ体制の10節よりも成績は悪い。
それでも昨季より苛つかないのはなぜだ。
多分こうだろう。

「リーグ制覇できるチームになるにはあと数年かかる」

この思考が完全に定着したからだ。
今季が始まったときからこう思えれば、昨季のようにやきもきする必要はない。
チームへの愛情だけが増えるばかりだ。
最初から過度な期待をしなければ、ショックも最小限で済む。
しかしながらこうも思う。

「なんだかんだ正当化しても、ダービー敗戦はくそ悔しい!!!!」

これだ。やっぱこの感情がしっくりくるわ。
ああ、負けて悔しくねーわけがねーだろうが。

ルーニー3試合ぶりに復帰
この日のキャプテンはファイトしていた。
中盤を縦横無尽に駆け回りながら、勝機をうかがっていた。
スモーリングが退場になった後も、この男は勝とうとしていた。
77分のドリブルなんかは、ファイティングスピリッツの塊だった。
こういう姿勢が見る者の心を打つのだ。
パス本数は65本。
右へ、左へ、縦へといいパスを供給してたな。
シティに勝てなかったのが残念で仕方ない・・ああ

どうしようもないスモーリング退場とロホの負傷
ユナイテッドのCBはどうなってんだよ。
33分に軽率な、稚拙な、どうしようもなく浅慮なファールでイエローをもらい、
40分に2枚目のイエローで堂々と退場したスモーリング。
なにやってんだ。
こういうプレーをするから、ユナイテッドのDFラインが定まらんのだ。
それに続くかの様に、ロホが負傷交代。
これはしょうがないところもあるが、CB2人がいなくなるという前代未聞の事態。
堅い守備ってなんだっけ。
クリーンシートってどうやるんだっけ。
CBコンビってなんだっけ。
ああ、泣きたい。

キャリック大先生の復帰
スモーリングがやらかしたおかげで、急きょCBとして復帰することになったキャリック・
今季初出場だったキャリックだったが、パスの精度は変わってなかった。
むしろ後方からのパスは輝きを増していた。
退場したどこぞのCBよりも、ビルドアップにおおいに貢献していた。
本職のDFよりもいい仕事をこなす。
ああキャリック大先生お帰りなさい。

低調なロビンとディ・マリア
前節にチェルシー戦に続き、どうもコンディションが上がらないマリア様。
今節もベストコンディションではなかったな。
上位チームの守備に隙が無いという理由もあるんだろ。
一方のロビン。
前節では劇的同点弾を叩きこんでいたが、
やっぱなんかだめだな。
運動量の問題だろうか。なんか消えてんだよな。
もっとコンディションを上げていってほしいが、今のロビンはこれが限界なのかもしれない。
ファンハールはロビンをこれからも使い続けれるのだろうか。
どうすんだよ。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/11/03 07:45 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)

よっ! 待ってました

選手変わったなあ


今週末はマンチェスター・ダービーが行われる。
2011年2月5日にルーニーがバイシクルをきめてから早3年・・
激動のシーズンを経て、当時とは全く別のチームになった。

ファギーがいない。(勇退)
ギグスがいない。(現アシスタントコーチ)
スコールズがいない。(引退)
ナニがいない。(レンタル移籍)
エブラがいない。(移籍)
ヴィディッチがいない。(移籍)
オシェイがいない。(移籍)
ファン・デル・サールがいない。(引退)
チチャリートがいない。(レンタル移籍)
オーウェンがいない。(引退)
ブラウンがいない。(移籍)
ベルバトフがいない。(移籍)

逆に当時のスタメン+サブで残っているのは、

ルーニー
フレッチャー
アンデルソン
スモーリング
キャリック
リンデゴーア
ラファエウ のみ。

盛者必衰


3年でここまで変わるものなのか。
監督がファギーからモイーズに変わり、ファン・ハールになった。
レジェンドが引退し、チームは若返った。
ルーニーが増毛手術をし、2323になった。
これほどの変革が訪れるとはだれが想像できただろうか。
特にルーニーの生え際が輝きを取り戻したニュースは、
瞬く間に全世界を駆け抜けていった。

一方のシティもあれから変化を遂げた。
2011-12シーズン、2013-14年シーズンはリーグを制覇し、
監督もマンチーニからペジェグリーニに代わり、選手も入れ替わった。
今日現時点ではユナイテッドよりも上位にいる。

盛者必衰とはよくいったもので、ファギーが築いたユナイテッド帝国もついに終焉を迎えた。

それでもダービーはやってくる。


現在の対戦成績 ユナイテッド68勝 シティ48勝
そして2014-15シーズンはどんなドラマが待っているのか。
ルーニーは何点きめるのか。

ああ、ダービーでの勝利をこころから願う。



ランキングに参加していますので、一押しお願いします。
押してもらうだけでモチベーションが死ぬほどあがります。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
[ 2014/11/01 01:22 ] プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。