7か月ぶりにブログを更新する

久しぶりの更新。

みなさんお元気でしょうか。

わたくしmalkovichはまあまあ元気でやっております。

先日のスパーズ戦。

アウェイで 0-3と気持ちいいくらいの敗戦を喫し、またしても4位が遠のいていった・・

ああ、これだ。これ。

ブログを更新していなかったとはいえユナイテッドの試合を見なくなったわけではなく、

筆・・ 否、 キーボードを打つ気になれなかったのが本当のところ。

一体何が原因かを考えてみた。

第3位:勝てない試合を見るのがつらい
コレはある。

第2位:新加入選手に感情移入できない
なんか熱さがたりないんだよな。

第1位:ルーニーの生え際がどうも
生え際ばかりではなく、全体的に"際"がソフトになりつつある。なんだ歳のせいか!?


ファギー政権時にユナイテッドファンになり、勝つことが当たり前の状況で選手に感情移入をし、

選手の入れ替えもそれなりに楽しみ、カップ戦では優勝できなくともいいところまでは毎回楽しめた。

この状況が当たり前すぎたため、ファギーからモイーズになってモチベーションんが低下した。

それではだめだと思い、自分を奮い立たせてファンハール体制でのユナイテッドを応援しているが、

気持ちが上がらない時のほうが圧倒的に多い。

頼みのルーニーも、期待すればするほどパフォーマンスにがっかりし、なんかモヤモヤ感だけが残ってしまう。

いろいろと辛い。


しかし、

これで応援することをやめてしまったらただのニワカ。

あれほど熱く応援していた時間をすべて否定することになる。

ルーニー、そしてユナイテッドを応援すると決めた以上、死ぬまでユナイテッドファンとして応援し続けたい。

どんな状況でも応援し続け、つづけたその先に待っているものを見つけてみたい。

監督交代!?

ああ、だれになってもかまいませんよ。

ベテランの引退!?

ああ、ベテランへのリスペクトの気持ちを忘れず新加入選手や若手を応援しますよ。

オーナーが代わる!?

これは大歓迎。むしろ早く変わってほしい。いつでもOKです。

車も、家も、妻さえも変えられる。だが、応援するフットボールチームだけは変えることができない。



心のそこからこう思えるように日々精進していきます。



『最後の最後まであきらめない。
そうすれば何かを勝ちとれるんだ。』
サー・アレックス・ファーガソン
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ