FC2ブログ

1月31日(日)25:00キックオフ VSアーセナル

premier_league_logo_large.jpg


アーセナル戦プレビュー

チーム情報:ユナイテッドはカーリングカップ準々決勝第2戦で
マンチェスター・シティーとのダービーを制し、勢いに乗っている。
リーグ戦ここ5試合で13ゴールを挙げているユナイテッドは、
首位チェルシーを追走するべく勝利を狙う。一方、ミッドウィークの
アストン・ヴィラ戦を0-0の引き分けで終えたアーセナルは、
3位に位置している。FAカップではストークに対して敗北を喫したが、
リーグ戦に限れば、チェルシーに敗れて以降、
ここ10試合無敗をキープしている。

選手情報:リオ・ファーディナンドはハル戦での危険行為のため、
4試合の出場停止となる。一方でネマニャ・ヴィディッチが
ふくらはぎの負傷から復帰を果たすと見られている。
また、ジョン・オシェイとオーウェン・ハーグリーヴスは
依然として戦列を離れている。対するアーセナルは、
DFのトマス・フェルメーレンがアストン・ヴィラ戦で足を負傷し、
欠場する見込みだ。そしてFWのエドゥアルドもハムストリングの負傷で
欠場する。さらにロビン・ファン・ペルシー、
ヨハン・ジュルー、キーラン・ギブスが長期離脱中だ。
また、アブ・ディアビ(ふくらはぎ)、
フラン・メリダ(足首)は出場が微妙なようだ。

注目選手:アーセナルの主将であり、チームの心臓である
セスク・ファブレガスは今シーズンすでに14ゴールを挙げており、
手のつけられない存在だ。セスクは優れたテクニック、
視野の広さ、豊富な運動量を誇り、
他の若手選手をプレーで引っ張っている。ここ数週間、
ハムストリングの負傷に苦しめられていたが、回復を果たし、
チームの推進力となっている。
:manutd.jp Friday, January 29, 2010 Report by James Tuck


2010年1月31日に行われるビックマッチ。

勝ち点差“1”と接戦している両チームがあいあまみえる。

ガナーズは前節のヴィラ戦をドローで終えているため、

マンCで素晴らしいパフォーマンスを見せたマンUが、勢いでは上回る。

キーポイントは、“セスクをどう抑えるか、いかにパスコースを切るか”

セスクは1人で局面を打開できる選手なので、

勢いづかせるととにかく面倒くさい。

アルシャビン、エドゥアルド、ベントナーも乗ってくると手がつけられないので、

自由にボールをまわさせないことが重要。

こんなときにリオの兄貴がいないのは非常にデカイ。

ヴィダの復帰はありがたいが、モチベーションが下がってないかが気になる。

中盤のスコールジー、フレッチ、キャリックあたりのパフォーマンスが

あがってきているため、“中盤でいなして、最終ラインで抑える”

これで行きましょう。

前線はルーニーのワントップだと、ちと危険。

ルーニーが封じられ、下がってボールをもらう状況が続くと

なかなか得点につながらない。

サイドからの攻撃も、単調になってくるとチャンスを作り出せない。

アーセナルDF陣は、なかなか堅いので今日は2トップでお願いします。

希望スコアは0-1でマンU勝利。うまい酒が飲みたいものだ

頼むぜルーニー!! そしてファギーとラファ!


順位表 2010年1月30日現在

順位 チーム名 勝点
1 チェルシー 54
2 マンU 50
3 アーセナル 49
4 トッテナム 42
5 リバプール 41


押して頂けるとモチベーションが俄然あがります。
↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sigekix5.blog48.fc2.com/tb.php/368-9d9886cc